ケイシー・アフレック

ケイシー・アフレックについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ケイシー・アフレック] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ケイシー・アフレックを含むブログ記事

エメ長さんさん
  • 泣きの酒なし映画
  • 疲れ様でした。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」見せかたがリアルで心に響く映画でした。悩んだり苦しんだり、でもささやかな愛情は必ずどこかにあるんだな、うん。って静かに静かに感動できちゃいます。そもそもケイシー・アフレックさんが好きって理由で借りたんですけど大当たりでした。「スパイダーマン:ホームカミング」トム・ホランドくんがかわいいです。前の人、前の前の人よりも圧倒的に子供っぽさが残っていてただただかわいいです。内容...
  • エメ長さんゴールドエメ長さんさんのプロフィール
モプシーさん
  • 『わたしは、幸福』これはタダのセネガル貧困映画ではない!闇金ウシジマくん映画でもない!
  • ンチェスター・バイ・ザ・シー』なんかよりもずっと、心が癒えるまでの過程が描けているだろう『わたしは、幸福(フェリシテ)』。初日にも関わらずガラガラで、ぴあの出口調査すらいなかったが、観て損はない。来年ケイシー・アフレックのお化け映画『A GHOST STORY』を観る予定の方は是非挑戦してみてください。セネガルとカーボベルデを知るため60章 (エリア・スタディーズ78)posted with カエレバ小川 了 明石書...
  • チェ・ブンブンのカルチュールフランセーズモプシーさんのプロフィール
映画人生はこれから!さん
  • 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(16・米)80点
  • 管理人をしている主人公が、兄の訃報で故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻り、過去と向き合って行くヒューマン・ドラマ。長編3作目のケネス・ロナーガン監督・脚本によるオリジナルでオスカー脚本賞、主演したケイシー・アフレックが主演男優賞を受賞している。マンチェスター・バイ・ザ・シーの街並みと海が映り、バックに賛美歌が流れ船に乗る少年と男が釣りをしているプロローグが期待感を持たせる。ドラマは雪のボストンで働く主人公リーの淡...
  • 映画人生はこれから!映画人生はこれから!さんのプロフィール
Nature by Numbersさん
  • 昨日の夕飯 カリフラワーとカイワレのチーズサラダ
  • スチーズトッピング。レンチン1分間でチーズ溶かします。カイワレトッピングして。イタリアンハーブミックス振りかけて完成(^-^)/はい、昨日の夕飯です。【映画ポスター】 マンチェスター・バイ・ザ・シー ケイシー・アフレック /おしゃれ インテリア アート フレームなし /フランス版-片面【直筆サイン入り写真】香川 真司 (マンチェスターユナイテッド グッズ)【大判・直筆サイン入り写真】香川 真司 (マンチェスターユナイ...
  • Nature by NumbersNature by Numbersさんのプロフィール
huianさん
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー 2017.12.5
  • を見つけた。心の傷の修復はならなかったけど、気持ちは落ち着いたんじゃないだろうか。じっくりと考える時間があれば、なんとか解決はつくものだ。めでたしめでたしとは言えないが。 監督 ケネス・ローガン出演 ケイシー・アフレック ミシェル・ウィリアムズ カイル・チャンドラー ルーカス・ヘッジズ カーラ・ヘイワード2016年ADいいね!コメントするリブログするいいね!した人|コメント(0)|リブログ(0)huianさんの読者に...
  • ギンレイの映画とかhuianさんのプロフィール
ぱふぇさん
  • 映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(2016)感想 74点
  • 25メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログ (1件) を見る「マンチェスター・バイ・ザ・シー」とは暗い過去のせいで故郷を離れた男が、兄の死をきっかけに故郷へと戻ってくる話。あらすじ主人公はケイシー・アフレック演じるリー・チャンドラー。 リーには、ジョーという兄がいた。しかし、その兄が心臓の発作で死んでしまう。 忌まわしい町であるマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきたリーは、兄の遺言を聞いて驚愕する。そ...
  • 路地裏シネマぱふぇさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ケイシー・アフレックについて