前九年の役

前九年の役についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [前九年の役] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

前九年の役を含むブログ記事

Hiikichiさん
  • 源氏の棟梁は非情さが無ければ務まらない(4)〜姑息だった?八幡太郎〜
  • 来なかった。藤原摂関家や源氏や平氏から鎮守府将軍として赴いた者たちの大半が地元豪族に懐柔されるなど、朝廷の権威が罷り通るような状況には無かった。しかし、源頼義の鎮守府赴任によって状況が変わる。そして、前九年の役で遂に安倍氏が滅亡。ですが、安倍氏の滅亡は東山道の力の均衡を崩し、安倍氏と双璧を成していた清原氏が大豪族となり清原一強時代が到来する。清原氏が大きく台頭する要因を作った源頼義は、康平6年(1063年)...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
Hiikichiさん
  • 源氏の棟梁は非情さが無ければ務まらない(2)〜前九年の役・収束〜
  • う。更に、頼義の側にいられたことで"頼義の"内実も知った。経清離反はただ事では無かったようです。一時的であっても国府の政令は覚束無くなり混乱。それがこの一件を早期に収束させることが出来ないこととなり、前九年の役という大きな戦へ繋がった。藤原説貞は、安倍の婿たちを信用するな、との警告を頼義へ繰り返していた可能性もあり、そのことをようやく理解した頼義だが遅きに失した。そして泥沼の戦へ向かう。天喜5年(1057年...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 源氏の棟梁は非情さが無ければ務まらない(1)〜前九年の役・勃発〜
  • もより一層脚光が当たったと言えます。源義家=八幡太郎義家は1039年に、河内源氏二代目棟梁・源頼義の嫡男として誕生。その名が初めて世に広く知れたのは、鎮守府将軍となった頼義に同行して戦った奥州における前九年の役=奥州12年合戦(1051年〜1062年)による。当時の陸奥奥六郡を支配していた大豪族安倍氏を滅亡に追い込んでいく戦ですが、最初の数年間、小競り合いを繰り返し、その都度安倍氏は恭順の姿勢を示し、のらり...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
kiiさん
  • 栃木県宇都宮市 宇都宮城
  • 在時間で「戊辰戦士之墓」「宇都宮藩戸田家墓所」を巡り、最後に宇都宮城に行きました。宇都宮城の築城は平安時代。平将門を討ち取ったとされる藤原秀郷か、宇都宮氏の始祖である藤原宗円が築城したとされています。前九年の役の功績によって二荒山神社座主の地位と、鬼怒川流域一体の支配権が宗円与えられ、宇都宮城は宇都宮氏の居城となりました。戦国時代に一時的に後北条氏に宇都宮城を追われますが、その後復帰し豊臣秀吉に改易されるま...
  • 試撃行kiiさんのプロフィール
tsunokenさん
  • 横浜戸塚を歩く
  • とですね。 つまり「上方」ということはそれは京都側ということなので、要はここが戸塚宿の西側のはずれっていうことなんだろう。  で、その上方見附のちょっと手前にあるのが「冨塚八幡宮」である。「平安時代、前九年の役平定のため源頼義・義家が奥州に下る途中、この地にて応神天皇と富属彦宮の御神託を受け、其の加護により戦功を立てる事が出来たのに感謝をして、延久四年(西暦一〇七二年)社殿を造り両祭神をお祀りしました。 社...
  • tsunokenのブログtsunokenさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180720-4
  • ... 府中・大國魂神社で平安時代から続く「すもも祭」 厄よけ「からす団扇」など頒布秋田経済新聞夏の風物詩として毎年約7万人が訪れる同祭、その起源は平安時代中期にさかのぼるといわれる。奥州安倍氏平定(前九年の役)で源頼義(みなもとの よりよし)と ... 養老鉄道、昭和時代の「近鉄カラー車両」による運転体験会開催へマイナビニュース養老鉄道は8月25・26日、「近鉄カラー車両」の編成による運転体験会を実施する...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
kazu1000さん
  • 【壺井八幡宮】(つぼいはちまんぐう)大阪府羽曳野市 (2/2)
  • 。一帯は河内源氏の本拠地で、寛仁4年(1020年)に源頼信が河内国国司に任じられて以降、頼信・頼義・義家の3代にわたって当地に居住し、河内源氏と呼ばれるようになった。康平7年(1064年)5月15日、前九年の役に戦勝して凱旋した源頼義が、現在地である河内国香呂峰の私邸の東側に社殿を造営し、河内源氏の氏神である石清水八幡宮(京都府八幡市)を勧請したのが当社の始りである。この時、地名を香呂峰から壺井と改め、壺井...
  • kazuyoshi-sakamoto1000’s blogkazu1000さんのプロフィール
kazu1000さん
  • 【壺井八幡宮】(つぼいはちまんぐう)大阪府羽曳野市 (1/2)
  • 。一帯は河内源氏の本拠地で、寛仁4年(1020年)に源頼信が河内国国司に任じられて以降、頼信・頼義・義家の3代にわたって当地に居住し、河内源氏と呼ばれるようになった。康平7年(1064年)5月15日、前九年の役に戦勝して凱旋した源頼義が、現在地である河内国香呂峰の私邸の東側に社殿を造営し、河内源氏の氏神である石清水八幡宮(京都府八幡市)を勧請したのが当社の始りである。この時、地名を香呂峰から壺井と改め、壺井...
  • kazuyoshi-sakamoto1000’s blogkazu1000さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

前九年の役について