此岸

此岸についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [此岸] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

此岸を含むブログ記事

こころさん
  • ???
  • そちらはどうですか?私は此岸の淵から、そちらを覗き込んでいます。つまり…赤から紫を、昼から夜を、夜から朝をきみがすぐそこにいることを知ってますでも触れられないの、それはね、ここが境目だから、仕方が無いね。でも繋がってる 私はこの...
  • きみと僕こころさんのプロフィール
にけさん
  • FA感謝??「#twnovel」ncode.syosetu.com/n9182ed/
  • 萩尾滋さんから「「#twnovel とぎれとぎれの」」にFAをいただきました!ありがとうございます!!  あの世(彼岸)の淵にたつ日本家屋の縁側から此岸を見やる私の絵です。 波打ち際でちょうどこうして足を浸し途切れ途切れの記憶が行ったり来たりしているのです。 140文字の短いお話ですので良かったらご覧くださいませ〜。  こういうムードの挿絵「#twn...
  • ASD受動型&ADHD 心身症あり 脳内棚卸し!にけさんのプロフィール
智さん
  • 言伝×Pierre de Ronsard
  • 稿する「文学閑話翻訳詩」カテゴリの最新記事言伝×Pierre de Ronsard慕景×Pierre de Ronsard流転×William Wordsworth此岸×William Wordsworth歳月×William Wordsworth木霊×William Wordsworth月渉×William Word...
  • 萬文習作帖智さんのプロフィール
テンドルマンさん
  • 今日は夏至です。グレープフルーツの香りが恋しい
  • 式なども行われてきました。日本にはお彼岸という行事になりますね。彼岸というのは、よく死者の世界と言われますが、悟りを開いた世界で、まだ悟りを開いていない世界、つまり、普通の私たちが生活する世界である、此岸(現世)と区別をするための言葉です。つまり、境目ということで、太陽もこの春と秋に赤道上に来たときに、北から南へ、南から北への境目ということになるので、太陽を崇める人たちにとっては、特別な日になるのです...
  • Tendrement から発信テンドルマンさんのプロフィール
智さん
  • 余震の備え+関西の地震関連まとめ2
  • 痛い安息流転×William Wordsworthお知らせ掲示板2018.6.15朝水無月雑談、夜にsecret talk88 安穏act.25 ―dead of night水無月、花静山此岸×William Wordsworth>> もっと見るカテゴリー掲示板&目次(4)解説:人物設定(14)解説:用語知識(19)解説:背景設定(11)写真:建築点景(18)写真:山岳点景(6...
  • 萬文習作帖智さんのプロフィール
智さん
  • 関西の地震関連まとめ
  • 痛い安息流転×William Wordsworthお知らせ掲示板2018.6.15朝水無月雑談、夜にsecret talk88 安穏act.25 ―dead of night水無月、花静山此岸×William Wordsworth水無月、午後六時の草原>> もっと見るカテゴリー掲示板&目次(4)解説:人物設定(14)解説:用語知識(19)解説:背景設定(11)写真:建築点景(1...
  • 萬文習作帖智さんのプロフィール
智さん
  • 慕景×Pierre de Ronsard
  • 桁を入力し、投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「文学閑話翻訳詩」カテゴリの最新記事慕景×Pierre de Ronsard流転×William Wordsworth此岸×William Wordsworth歳月×William Wordsworth木霊×William Wordsworth月渉×William Word...
  • 萬文習作帖智さんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都宇治散策 京都 ぶらり女の1人旅
  • 憧れだったといいます。宇治の中心的存在とも言える平等院鳳凰堂は、まさに極楽浄土の地の象徴。紫式部は、源氏物語の終焉の地として宇治の地を選びました。光源氏の記念碑宇治川を挟んで、宇治上神社等が建つ東岸を此岸(現世)、平等院のある西岸を彼岸(死後の世界)として、その立地を効果的に活かしています。無常を知り、「憂し」というイメージが「宇治」とい地名と結びつき、この風情を生み出したのかもしれません。宇治は茶の...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
まほろば俳句日記さん
  • 【氷の禁域】月の虚空に猫背のままで凍った法王 夏石番矢/新俳句入門*特別編
  • 氷の禁域】消えない虹は氷消えるわれらは水 夏石番矢/新俳句入門*特別編【最新作】落花しきりお釈迦様とは顔馴染み/北大路翼を読む(9) 最新作!目の中の最後の雪を蹴れば消ゆ/北大路翼を読む(8)【俳句の此岸】団塊(ヒーロー)たちを見送り、元祖新人類に無視(シカト)された...【追悼金子兜太】おおかみに蛍が一つ付いていた/一句観賞(再掲)【セカイの再生への希求】好きという一語でできた銀河系 乾佐伎/一句観...
  • まほろば俳句日記まほろば俳句日記さんのプロフィール
智さん
  • 源泉×William Wordsworth
  • 、夜に11時間前secret talk88 安穏act.25 ―dead of night22時間前水無月、花静山2日前水無月、花静山2日前水無月、花静山2日前水無月、花静山2日前水無月、花静山2日前此岸×William Wordsworth2日前コメントを投稿ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScr...
  • 萬文習作帖智さんのプロフィール

此岸を含むブログ村メンバー

  •  
GPさん