夜と霧

夜と霧についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [夜と霧] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

夜と霧を含むブログ記事

Yonksyさん
  • 2017年に読んでよかった本ランキング
  • are on Tumblr2017年もそれなりに本を読みましたので、ランキングにしたいと思います。去年に比べてビジネス本の数が増えて、小説の数が減りました。育児本も多いですね。それでは5位から。夜と露夜と霧 新版作者: ヴィクトール・E・フランクル,池田香代子出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2002/11/06メディア: 単行本購入: 48人 クリック: 398回この商品を含むブログ (372件...
  • どこまでも青く。Yonksyさんのプロフィール
ふぉれすとさん
  • 2018-01-19のTwitterログ
  • に「税の公平」を実現する切り札とは | 森信茂樹の目覚めよ!納税者 | ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/156… posted at 04:48:33フランクル「夜と霧」の解説本からヒントを得た、と。> 「あなたを待っている“誰か”がいて、あなたを待っている“何か”がある。そして、その“何か”や“誰か”のためにあなたもできることがある」 / 「人生のミッション」が働...
  • 死に支度すれば死神逃げていくふぉれすとさんのプロフィール
しんた15さん
  • 理由のないむなしさ、自己探求の第一歩
  • 日本ブログ村に参加、応援のクリックをお願い致します↓↓↓ にほんブログ村 四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、どんな状況でも未来を信じて、前向きに生きる。今日の出会いは、「理由のないむなしさ、自己探求の第一歩」で...
  • ブログ寺子屋希望の光 by 愛の情報参謀しんた15さんのプロフィール
shiokawaさん
  • 底辺層と発達障害
  • (託児所)は緊縮財政のあおりをくらった底辺層の人たちの子どもが集まるところで大変な状況、一種どうにもならないというような人たちとその子どもたちの様子が描かれる。美談、は期待できないけれどところどころ「夜と霧」みたいな状況もあったりする。実は発達障害ねたも重要な要素になっていたので、そっち方向から見ても面白いと思いました。...
  • 筑波大学人間系塩川研究室shiokawaさんのプロフィール
大津留公彦さん
  • 今日1月17日は阪神・淡路大震災から23年となる。
  • の実話かわからない。会話などはおそらく事実なのだとおもった。それくらいリアリティがあった。震災の経験者である二人にしかできないドラマだったのだろう。佐藤江梨子は最近、ナチス強制収容所での体験を綴った「夜と霧」を読みなし、「いい人が先に死んでしまった」という言葉にいろいろ思い出したという。震災で亡くなった友達の「ぼろぼろになったおっちゃん」と合いベランダのおっちゃんと手を降り合うシーンでは涙が出た。15年...
  • 大津留公彦のブログ2大津留公彦さんのプロフィール
ethicalhedonismさん
  • 【動画書評】を公開しました。その1
  •  動画形式の書評を公開しました。参考になれば幸いです。【動画書評】ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧 新版』【動画書評】J‐P・サルトル『実存主義とは何か』【動画書評】木田 元 編集 『ハイデガー『存在と時間』の構築』 岩波現代文庫【動画書評】適菜収著『いたこニーチェ』朝日文庫【動画書評】原田 まり...
  • 知的快楽主義者の学習日記ethicalhedonismさんのプロフィール
神村和寿さん
  • 佐藤優『国家の罠――外務省のラスプーチンと呼ばれて――』(新潮文庫)
  • 新の記事佐藤優『国家の罠――外務省のラスプーチンと呼ばれて――』(新潮文庫)夏目漱石『吾輩は猫である』(新潮文庫)三島由紀夫『仮面の告白』(新潮文庫)大江健三郎『死者の奢り・飼育』(新潮文庫)北杜夫『夜と霧の隅で』(新潮文庫)一覧を見る画像一覧を見るテーマブログ ( 0 )読書日記(小説・純文学) ( 3 )読書日記(小説・大衆文学) ( 0 )読書日記(小説・歴史小説) ( 0 )読書日記(小説・経済...
  • 神村和寿は過去現在未来を歩む!神村和寿さんのプロフィール
キノシタさん
  • こころと自然退縮
  • 総動員体制が組まれるなか、おのずと出てくるものなのだ。私たちは生命の危機に直面したとき、それを乗り切るのは「強い意志と強靱な体」だ、と思いがちだ。けれどもアウシュビッツの強制収容所の例(フランクルの『夜と霧』を指している-キノシタ)でも分かるように、生き延びた人たちは「想像力豊かで、あいまいさや不確実性とともに生きられる人」、つまり嵐の時に逃げ込める避難所を心の中にもち、混沌の中でどんな小さなことにも自...
  • 残る桜も 散る桜 「膵臓がんサバイバー」キノシタさんのプロフィール
香川まさひとさん
  • 与えられた書
  • 『共に生き、共に苦しむ』読了。読んで良かった。霜山にとっての白鳥の歌か。そしてこの本はまさに「与えられた」書。【中古】 共に生き、共に苦しむ 私の「夜と霧」 /霜山徳爾(著者) 【中古】afbジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > 心理学 > 生き方・人生論ショップ: ブックオフオンライン楽天市場店価格:...
  • 香川まさひと香川まさひとさんのプロフィール
Book Surferさん
  • 土壇場でこそ「心の声」を聴け〜武器を磨け
  • 。そのヒントになる本として,『武器を磨け』を紹介したい。その中の一節。 本当の正念場,土壇場を経験してほしい。>ナチスの強制収容所,アウシュヴィッツでの体験をもとに描かれたヴィクトール・フランクルの『夜と霧』(みすず書房)という作品がある。 日本でもロングセラーとなって多くの人に読まれているが,単に極限状態の中で人間がどう生きられるかということを示した記録としてだけでなく,どういった資質の人間が過酷な現...
  • 教育失敗学から教育創造学へ(読書編)Book Surferさんのプロフィール

夜と霧を含むトラコミュ

ロゴセラピー  〜意味による癒し〜
  • ロゴセラピー 〜意味による癒し〜
  • 長年に渡り愛読されている「夜と霧」や「それでも人生にイエスという」でおなじみのオーストリアの精神科医・心理学者 ヴィクトール・フランクル。ロゴセラピー & 実存分析...
  • トラックバック数:28 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:ライフスタイルブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

夜と霧について