夜と霧

夜と霧についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [夜と霧] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

夜と霧を含むブログ記事

荒谷 直樹さん
  • 〜司法書士試験お疲れ様でした〜
  • (「心の傷を癒すカウンセリング366日」西尾和美著 より)・「あらゆるものを奪われた人間に残されたたった一つのもの、それは与えられた運命に対して自分の態度を選ぶ自由、自分のあり方を決める自由である(「夜と霧」ヴィクトール・E・フランクル著 より)」 応援しています(^_-)-☆ ...
  • 〜「クロスロード」〜司法書士試験への道標〜荒谷 直樹さんのプロフィール
ビーロンさん
  • 7.15.3連休中日
  • い浮かんできました。 みんなね。自分の人生を応援してくれるような存在を近くに置いておきたいんだと思うわ。心から。 本読みルーティンに、本屋巡りルーティン入れても面白いかもと思いましたね。 フランクルの夜と霧。最高やね。ヴィクトールフランクル。お前は最高だ。 俺はお前の人生哲学に従う。誰になんと言われようともだ。...
  • ビーロンのひみつきちビーロンさんのプロフィール
宮澤さん
  • 7月14日
  • n アメリカには、伝記というジャンルがある。 アメリカ人の書いた自伝・伝記は面白い。 構成も凝っていて、関係者への取材も細かい。 ジョークも効いている。 奥さんのスージーが、悩んでいる義姉に『夜と霧』を プレゼントしたという話が印象に残った。 (おわり)...
  • 信州読書会宮澤さんのプロフィール
Tomyさん
  • 〈日報〉660 2018/07/13いろいろ考える1日でした
  • →・10秒ワーク@夜:◎・お風呂に入る:◎・歯を磨く:◎・ルン・ルをする@夜(20m):→.・佐藤しょ〜おんさんの過去ログを読む @50(30m):◯・読書@休みの日/月10冊/☆彡年100冊☆彡:-夜と霧〜2/19-THE LIFE SHIFT〜-新しい国のかたち2/24〜 ■今日幸せだと感じたこと・学んだこと・家の中も頭の中もスッキリできたこと。ZERO の学びも進んで、また軸がセットできた。 *...
  • バレエに向かない体と向き合い踊り続ける 英語少々Tomyさんのプロフィール
くるみ親さん
  • 100分 de 名著 〜河合隼雄スペシャル〜
  • よく見ています。“名著”を分かり易く解説してくれて面白いです。面白いですが、それでわりに満足してしまいだいたいは番組を見るだけなですが中には読みたくなる本があって新渡戸稲造の『武士道』やフランクルの『夜と霧』パスカルの『パンセ』フロムの『愛するということ』とか、持っていたけど読まないで積んであるだけの積読になっていた本とかタイトルは知っていたけど読まなかった本とかちゃんと読む契機になりましたね。思うんで...
  • ワンコと暮らしはじめたらくるみ親さんのプロフィール
心理士村田さん
  • 書籍「衝撃の実話2 人間のありえない行動と7つの心理トリック」デビュー
  • はやめられない9. 洗脳の事例 オウム真理教10. なぜ洗脳されてしまうのか? 何が洗脳を促すのか11. プロローグ 人類史上最大最悪の大量殺人の現実12. 極限状態の人間の心理『夜と霧』より13. ナチスの人種的イデオロギー 繰り返される「ありえない行動」ストーカー事件や銃乱射事件、ゴミ屋敷などは繰り返し発生して、社会問題になっています。また、相撲と女子レスリング問題は、アメリ...
  • 心理士村田の実用心理学 洗脳・マインドコントロール心理士村田さんのプロフィール
しんた15さん
  • 生きる覚悟を持って
  • 日本ブログ村に参加、応援のクリックをお願い致します↓↓↓にほんブログ村 四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、どんな状況でも未来を信じて、前向きに生きる。今日の出会いは、「生きる覚悟を持って」です。フランクル そ...
  • ブログ寺子屋希望の光 by 愛の情報参謀しんた15さんのプロフィール
ヤコブのはしごさん
  • 戦後70年に思うこと(2015年8月作成)
  • 絶対に死なない」「何糞俺は飽く迄生きてやるのだ」という凄まじい生への執念があったことが手記に記されていました。そして、このことが生き残るための重要な要素であったと思います。ヴィクトール・フランクルの「夜と霧」に書かれているように、アウシュビッツの強制収容所において、生きることを諦めた人は亡くなり、希望を失なわなかった人は生き残りました。2)砲撃・銃弾の嵐の中、本能的に体を動かしながら銃弾を避け、地元の人...
  • ヤコブのはしご(心の病から立ち直ったキリスト教ヤコブのはしごさんのプロフィール
ヤコブのはしごさん
  • 「1リットルの涙」を見て感じたこと(2015年12月作成)
  • いる。「わたしの使命がまだ一つ残っている。わたしを灰にするまえに、病気の原因を見つけてほしい!」と文字盤で意志を示した。彼女は献体することで、最後の使命を果たしたのである。彼女は16歳でフランクルの「夜と霧」を読んだとのことだから、「私には愛する家族や友人がいる。」ということを支えにしたかもしれないし、「体が不自由でもできることがある。」という希望を失わなかったのもしれない。彼女の生きた意味は、その家族...
  • ヤコブのはしご(心の病から立ち直ったキリスト教ヤコブのはしごさんのプロフィール
ネイバーズキックボクシングさん
  • 徐々に
  • 、 やはり慣れてくるものですね(笑) ドストエフスキー大先生の遺した、 「人間は何事にも慣れる存在である」 という言葉は、僕の信念のひとつです。 ナチス強制収容所での体験について書かれた、 『夜と霧』の作中でも、 著者のフランクルは「慣れる」と言っています。 ナチスの強制収容所での生活ですら慣れるのであれば、 断水程度に人間が屈するはずがありません。 ちなみに、心理学的には、 「このス...
  • NEIGHBORS KICKBOXING GYM BLOGネイバーズキックボクシングさんのプロフィール

夜と霧を含むトラコミュ

ロゴセラピー  〜意味による癒し〜
  • ロゴセラピー 〜意味による癒し〜
  • 長年に渡り愛読されている「夜と霧」や「それでも人生にイエスという」でおなじみのオーストリアの精神科医・心理学者 ヴィクトール・フランクル。ロゴセラピー & 実存分析...
  • トラックバック数:28 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:ライフスタイルブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

夜と霧について