セルシュ

セルシュについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [セルシュ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

セルシュを含むブログ記事

たけちゃんさん
  • 久しぶりに第9を聴きました
  • ゾ・ソプラノ)ジェイムズ・キング(テノール)、マルッティ・タルヴェラ(バス)ウィーン国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ヴィルヘルム・ピッツ)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 指揮:ハンス・シュミット=イッセルシュテット 録音:1965年12月 ウィーンクラシックファンならわかるかと思いますが、当時の最強の布陣による第9とあって非常に力強さに溢れた第9でした明日はクリスマスイヴ。ケーキは手配済み。僕も一品料理を...
  • 発達障がい者たけちゃんのブログたけちゃんさんのプロフィール
kaorinnさん
  • しまむらで旬アイテム2点購入!!
  • ん雰囲気が違ったので買いました。 丈も結構長めで良かったです!!付属のベルトもついてましたが、かなりチープ感あったのでベルトは使わないかな。 そして、チラシを見て気になっていたエナメルのタッセルシューズ。 少し固い気もしますが、タイツ履いてもMサイズで充分いけました。 このローファー、人気のようで売り切れてる店舗も多いみたい。 お値段より高級感あったのでおすすめですよ? 今日は晴...
  • KAORHYTHMkaorinnさんのプロフィール
<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さん
おかちゃんさん
  • シェリング&イッセルシュテット指揮ロンドン響のベートーヴェン(1965.7録音)を聴いて思ふ
  • 限り、この作品の最高の名演の一つであると思う。隅から隅まで調った、心地良いテンポとバランス。純ドイツ的な、いかにもベートーヴェンという音調。冷静なヘンリク・シェリングが燃える。自然体のシュミット=イッセルシュテットが、まるでライヴであるかのように重厚かつ激烈な音楽を描く。第1楽章カデンツァはヨーゼフ・ヨアヒム作、第3楽章カデンツァはカール・フレッシュ作。ベートーヴェンの頭に鳴っていたものは、いつも「革新」...
  • アレグロ・コン・ブリオ〜第7章おかちゃんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

セルシュについて