パリ万博

パリ万博についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [パリ万博] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

パリ万博を含むブログ記事

sueさん
  • 有田中学同窓会と南里邸
  • っしゃいましたので、南里邸展示中のパネルの中で有田に関係のある人たちを紹介しました。有田工業高校など全国に工業学校をつくった納富介次郎、有田焼の磁器碍子を用い、初代電信頭として活躍した石丸安世、幕末のパリ万博に佐賀藩の派遣団の一員として有田焼をもって参加し、パリで客死された野中元右衛門のパネルを説明しました。また、日下部米鶴さんの肖像画を見ていただき、この方の父親は、フィラデルフィア万国博覧会の折、香蘭社...
  • 幕末・明治の肥前 こぼれ話sueさんのプロフィール
安部雅延のグローバルワークスブログさん
  • ジャポニスム2018、パリの若冲展で日本美術の国際的評価を次のステージに押し上げたい
  • 三の丸尚蔵館の若冲最高傑作、『動植綵絵』と相国寺蔵『釈迦三尊像』を同時展示していることでも注目が集まっています。 琳派と浮世絵を中心とした日本美術がヨーロッパに伝わったのは19世紀中頃で、フランスではパリ万博を契機にジャポニスムが拡がったことは知られています。平面的で装飾性の強い日本画は、伝統的西洋絵画からすれば、異質でしたが、時代が後押した幸運もありました。 19世紀半ばといえば、パリでは形式に囚われな...
  • 安部雅延のグローバルワークス安部雅延のグローバルワークスブログさんのプロフィール
海外書き人クラブお世話係さん
  • あなたは飲めますか? 世界のおもしろドリンク19選
  • 住 ギュルソユ慈) 次はヨーロッパに飛んで、オーストリアからのネタです。 9 アルコール度80%の国産ラム「シュトロー 80」(オーストリア)Stroh社のアルコール度数80%のラム酒は、1900年のパリ万博で金賞を受賞した歴史と伝統あるお酒です。実際にそのまま飲むと、薬のような味がして飲めたものではありませんが、クリスマスの時期に、プンチュ(蒸留酒、スパイス、砂糖などが入った甘く温かいお酒)の材料として...
  • 世界のコトなら。「海外書き人クラブ」海外書き人クラブお世話係さんのプロフィール
ninadaさん
  • 25話.頑固なカール・ベンツ〔前編〕
  • られないという意見で、ベンツ車を買ってみようという人はなかなか現れなかった。ベンツは自分の3輪自動車がどの程度の国際的な評価が得られるかを試したくて、1889年のパリ万国博覧会に出展してみた。この時のパリ万博では、ゴットリープ・ダイムラーが出展したクルマと同じく、カール・ベンツがつくったガソリンエンジン車も注目を集めることはなかった。ところが、ベンツ社製の定置用2ストロークエンジンのフランスでの販売代理業...
  • クルマの歴史物語ninadaさんのプロフィール
ミグパリさん
  • トリファリのフルーツサラダのジュエリー
  • 響が大きかったのではないかと思います。このどんぐりの実のような形をしたストーンもそのうちの一つで、1920年代にカルティエが本物の宝石を手彫りしてブレスレットやイヤリングを製作しています。1925年のパリ万博用でもいくつか展示されていました。カルティエの方はルビーやサファイヤやエメラルドを使って製作していたため、お色は3色しか見られませんが、トリファリの方はガラスですので、色には制限なくいろいろな色で製作...
  • Jewels by Migparisミグパリさんのプロフィール
sueさん
  • 佐賀藩の技術・・・
  • も密度の濃い佐賀談義が出来ました。南里邸では、明治になる以前に海外を見てきた佐賀の人々を紹介しているのですが、その中に、万延元年(1860年)に幕府の遣米使節の一員として、また慶応3年(1867年)のパリ万博に参加した小出千之助がいます。小出千之助のパネルには、遣米使節団はワシントンで特許庁を訪問し、当時の特許庁長官から特許関係刊行物を贈られ、佐賀藩は同様の図書を購入してきた事が『工業所有権制度百年史』に...
  • 幕末・明治の肥前 こぼれ話sueさんのプロフィール
chez_makoさん
  • マゴット美術問題♪
  • スク地方のゲルニカを空爆した。スペイン人であるピカソはパリで活動している時にその知らせを聞く。ゲルニカの前に2枚の銅版画を描き市民戦争で苦しむスペイン人の救難資金にあてる為にパリで発表した。ゲルニカはパリ万博の時にアサーニャ率いるスペイン共和国政府側が世界中から集まる万博でピカソの絵を通してフランコ軍の残酷さを訴える目的の為にピカソに依頼した絵。でもフランコの勝利。共和国政府は崩壊し、支持者は国外に亡命。...
  • 美術王のブログchez_makoさんのプロフィール
ALEXさん
  • サン=シモンやフーリエの「空想的社会主義」は?
  • の設立を考える。「絵空事」どころか、まさに「天才的な視野」。実際に奇妙なものを構想もしている。一つは、蒸気機関による演奏機。サン=シモンの発想にあるのは『開発』。これまでの考え方を一新するような開発。パリ万博なども彼の発想によるところも多い。立派な科学。一方、フーリエは確かにちょっと空想的だが、人と争わない発想。動物自らが食べ物となって人間の前に現れる。フーリエの考え方は、明らかな空想だが、武器を持って「...
  • Boots strapALEXさんのプロフィール
rixV88さん
  • 赤ワインオリンピック!「目隠し試飲対決」世界一決定戦!
  • 戦!  ?               何処の国の赤ワインが美味しいかを競うのが「赤ワイン・オリンピック」です!何処の国の赤ワインが、一番美味しいかを競う目隠し試飲対決で争われます!既に、1925年パリ万博でスペインのリベラ・デル・ドゥエロの「ベガ・シシリア・ウニコ」(テンプラニーリョ=ティンタ・デル・パイス)で優勝していますが、これとは違う国際オリンピックです。優勝するまではドゥエロのワインはリオハの...
  • 赤ワイン2+αrixV88さんのプロフィール
安部雅延のグローバルワークスブログさん
  • ベルエポック時代のコマーシャル芸術家アルフォンス・ミュシャの斬新な世界
  • 当て、故郷への愛とスラブ民族統一といった壮大な夢を作品に込めた、大作『スラブ賛歌』などを紹介しています。 今でもコマーシャルデザインに芸術家が関わることもありますが、日本人からすれば、100年以上前のパリ万博に送られた日本の陶器を包んでいた紙に浮世絵が描かれていたのを想起させます。多くの印象派の画家に影響を与えた浮世絵は、すでにコマーシャルデザインになっていたのかもしれません。ブログ内関連記事一度消えたア...
  • 安部雅延のグローバルワークス安部雅延のグローバルワークスブログさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

パリ万博について