パリ万博

パリ万博についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [パリ万博] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

パリ万博を含むブログ記事

古本あぶらやさん
  • パリのアメリカ人
  •  わたしたちは1889年のパリにいる。 「パリの印象は?」と聞かれたエジソンは、パリ万博の規模を称賛した後にこう口を開いた。「まあこれまでのところ一番目についたのは、こっちの人間が揃いも揃ってどうしょうもない怠け者だということだな。こいつらいったい、いつ働いているんだ?何の仕事をしている...
  • 古本あぶらやのあぶらや日常古本あぶらやさんのプロフィール
凜さん
  • 葛飾北斎が西欧に与えた衝撃
  • 観から踏み出していたのであろう。■4.ジャポニスムの衝撃 19世紀中葉の日本の開国に伴い、浮世絵など日本の美術がヨーロッパに流れ込んで人気を博した。これをジャポニスムと言う。 1878(明治11)年のパリ万博では日本画家が派遣され、即席で絵を書くところをたくさんの画家たちが集まって見ていた。そのなかにはセザンヌもいたようだ。この画家は輪郭線をはっきり描かない朦朧(もうろう)体という手法で山水画や植物画を描...
  • 凛として愛凜さんのプロフィール
モクモク羊さん
  • 書評(1106) 奇想の20世紀 荒俣宏著 NHKライブラリー
  • 地と著者は述べている。何しろ、レストランは、人々においしいものを提供して胃袋と心を満たすという意味でも快楽を得るのに不可欠の場所だな。 読んでいて意外だったのが、あのムンクの叫びのきっかけ。1888年パリ万博で、ペルーから運ばれたインカのミイラをムンクは見た。そのミイラは、両手で頬を支えていて、まるで骸骨のように見えたそうだ。苦しみもだえているように見える姿から着想を得てあの有名な作品ができた。「人間心理...
  • 書評モクモク羊さんのプロフィール
kadenさん
  • 明治伊万里
  • 深川製磁は明治27年、香蘭社を設立した8代深川栄左衛門の次男である忠次によって創業された。東京商科大学(現一橋大学)を卒業後、有田町の代表として幾度も渡航し、万国博覧会への出品に尽力した。1900年、パリ万博では深川製磁は大花瓶を出品して金賞受賞に輝いた。忠次はその後有田町の町長としても公共の為に尽......
  • 花伝からのメッセージkadenさんのプロフィール
このゆびと〜まれ!さん
  • 江戸時代、日本美術が欧州で奇跡の大ブーム
  • 』を友人のマネやホイッスラーに見せて回ったという。このブラックモンを通じて浮世絵は、印象派の画家たちに広まったのである。そのヨーロッパ、とりわけフランスで本格的にニッポンブームが起きるのは1867年のパリ万博からだ。幕府のほか、独自に薩摩藩、肥前藩が参加し、そこで展示された日本の工芸・美術品は絶賛を博したのである。1880年代に入ると、印象派の画家たちは、浮世絵の影響からフランス美術に一大ジャポニズムを展...
  • このゆびと�・まれ!このゆびと〜まれ!さんのプロフィール
節電対策で頑張るおじさん!!さん
kadenさん
  • 明治伊万里帰国
  • ・寒さの中一雨毎に暖かくなっていますね。・庭先の木々の芽も膨らみ初めています。・久しぶりに大きな一対の花瓶がアメリカから約150年ぶりに里帰りしました。当時パリ万博があった時代フランスから買い付けアメリカに運んだ有田焼です。それにしても美しい??・一気にサロンに春が来たようです全ての超絶技巧を駆使したと思える明治初期の有田焼・フランスナンシ......
  • 花伝からのメッセージkadenさんのプロフィール
blackcoffeeさん
  • 万博、次代の理念探る_成熟社会の中で姿変化
  • 。エコロジーとロハス。まずはブログを使って情報を集め整理してみることにしました。万博、次代の理念探る_成熟社会の中で姿変化万博は2回の波があった。新しい技術や商品を展示する「万博1.0」は1900年のパリ万博までで、2度の世界大戦で低迷期に入る。戦後に空間体験型の「万博2.0」が台頭し、70年の大阪万博でピークを迎えた。だが明るい未来を示す手法が陳腐化した。BIEは21世紀の万博像として環境問題などの課題...
  • 環境ecoブログblackcoffeeさんのプロフィール
Dさん
M。@補欠会員さん
  • ヘレンド展
  • ファルカシュハージ・フィシェル時代 ―理想的な後継者孫の時代、ハンガリーでは建国1000年祭を控えて民族意識を高揚する動きのなか、カーネーションやザクロ、チューリップの絵などの民族的な様式が確立。またパリ万博においてヘレンドは、これまでの作品とは一線を画す、当時の造形の潮流にそったアール・ヌーヴォー調のコレクションを発表します。左《色絵金彩「ハンガリアン・ナショナル」文皿》個人蔵 1896年頃右《流し釉壺...
  • M。だねぇ☆‘’M。@補欠会員さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

パリ万博について