ロボトミー手術

ロボトミー手術についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ロボトミー手術] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ロボトミー手術を含むブログ記事

新村正幸さん
  • 精神安定剤と副作用
  • 、かなり苦しんだ。眼が上に上がって降りてこなくなったり、舌が硬直して突き出たり。副作用で丸一日眠ってしまったり、太ったり。近年開発されてくる新薬は、かなり副作用が改善されているから安心して飲める。昔はロボトミー手術や、電気ショックがあって、患者の人権が侵害されていたけど。最近でも電気ショックやってるって心理の先生が言っていた。効果あるんかいな?もう4年くらい精神薬を毎日飲んでいるから、かなり病状は安定してきた。...
  • 光のプリズム媒体新村正幸さんのプロフィール
新村正幸さん
  • 精神安定剤と副作用
  • 苦しんだ。 眼が上に上がって降りてこなくなったり、舌が硬直して突き出たり。 副作用で丸一日眠ってしまったり、太ったり。 近年開発されてくる新薬は、かなり副作用が改善されているから安心して飲める。 昔はロボトミー手術や、電気ショックがあって、患者の人権が侵害されていたけど。 最近でも電気ショックやってるって心理の先生が言っていた。効果あるんかいな? もう4年くらい精神薬を毎日飲んでいるから、かなり病状は安定してき...
  • イノセンスと統合失調症新村正幸さんのプロフィール
mirojoan's Blogさん
mirojoan's Blogさん
  • 緻密で繊細!解剖学的に正しい動物の絵を描く15歳の少年
  • 援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村Tweet«知性はIQ(知能指数)だけで... |トップ |リアリティ追求型のコスプレ... »このブログの人気記事人体標本、ロボトミー手術の道具の展示で知られて...つぶつぶの恐怖。集合体に対する恐怖症「トライポ...聖なる川、ガンジス川に浮かぶ死体とそこで体を清...ここまで進化した、SF的・超現実的だったりする義...決して夜中には...
  • mirojoan's Blogmirojoan's Blogさんのプロフィール
コロッケさん
  • 終戦記念日に祖父のことを考える
  • のに、なぜか若い医師が手術をしちゃって、失敗。死亡。というのが祖父の死の真相らしいです。賠償とかなかった。ごめん、でおしまい、らしかったです。その症状、てんかんですか?PTSDじゃないんですか?なんでロボトミー手術ですか?たまったもんじゃなかったのは残された祖母ですな。親戚に家に居候しながら必死に子ども、つまり私の父たちを育てたらしいですけど、この祖母もまたとっても変わった人で、周りを振り回し続けたみたいです。...
  • 双極ふらふらライフコロッケさんのプロフィール
green-hapさん
  • 悪化なのか ★ 悲しみはそのひとの中だけに…
  • には信じられないよね 心理学教室に通って、メンタルケア心理専門士という資格も取ったけれど、それでもやっぱり、薬で感情を抑えるとかって、どうしても納得がいかない カッコーの巣の上で、に代表される、悪しきロボトミー手術とかは、ある意味現実的だけどそう、人間の脳そのものを破壊しちゃうんだから でも、薬で感情を抑えるってのは、平たく言えば??頭痛薬とか鎮痛剤とか、そういう延長で、感情の起伏を抑えるって感じだけど 実際に...
  • AB型☆がんこhaha日記green-hapさんのプロフィール
teresaさん
  • 教育とは何か? その2
  • には進めなくなります。つまり、大人になれなくなってしまうのです。学校で良い成績をとることを目標とし、お金をかけて育てる、このような現代の典型的な子育てのあり方は、ある意味、生活の中で、子どもに精神的なロボトミー手術の緩慢な施術をしているようなものです。その恐ろしさに、大人たちがまったく気づかないのが、現代家庭のホラーな側面です。彼らは「自分たちは、誰にも後ろ指をさされることのない、世間並みの充分な教育(つまりは...
  • teresaのブログteresaさんのプロフィール
mirojoan's Blogさん
  • もはやSFの領域に。医療技術の進歩がわかる未来的10のブレークスルー
  • ンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村Tweet«自由すぎだろ。ジムで見かけ... |トップ |このブログの人気記事人体標本、ロボトミー手術の道具の展示で知られて...心揺さぶる、心臓がギュっとする。世界25の印象的...つぶつぶの恐怖。集合体に対する恐怖症「トライポ...パイロットとアテンダントが明かした飛行機の知ら...世間を騒がせた...
  • mirojoan's Blogmirojoan's Blogさんのプロフィール
しゅんさん
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 45年。ポーはこの頃すでに精神病院での滅茶苦茶な治療について看破していたのだろうか。もっとも、どんな治療がこのとき行われていたかは、私は知らないのだけれど。だが、この時代よりも百年ほど後の1935年にロボトミー手術が行われている。滅茶苦茶なことがまかり通っていたとしても不思議はない。気のせいか、ベン・キングズレーはちょっといっちゃってる人の役が多いような。今回もちょっといっちゃってる。主人公はとにかくイライザに...
  • 映画の感想しゅんさんのプロフィール
ココさん
  • ”遠隔操作する「神の声」テクノロジーの存在 / 意図的に偽情報を送る者たちに対する最終警告
  • きょうぎ)の肉体の表層のみが残っているだけです。今回の記事は、彼らに対する最終警告です。直ちに悪事を止めなければ、狭義の肉体の表層レベルも滅ぼされるでしょう。表層の意識‐心‐身体が滅ぼされると、まるでロボトミー手術を受けた人間のように、自由意志を持たない有機体ロボットになってしまいます。 すでに、多くの者が有機体ロボットになってしまいましたが、現在裁きの焦点になっているのは、意図的にかく乱情報を流している者たち...
  • 気ままブログ ココの部屋 なんちゃってアセンションココさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ロボトミー手術について