人工多能性幹細胞

人工多能性幹細胞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [人工多能性幹細胞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

人工多能性幹細胞を含むブログ記事

たそかれの散策さん
原左都子さん
  • iPS山中研究所論文捏造・改ざん事件、STAP事件より悪質かも
  • よれば、京都大iPS細胞研究所の山水康平・特定拠点助教の論文について捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)があったと京大が発表したようだ。 以下に、その論文不正事件に関するネット情報を引用しよう。 論文は人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた脳の血管に関するもので、調査した結果、主要な図6点全てに不正があったと認定した。 大学は論文を掲載した雑誌の出版社に撤回を求めており、今後、関係者を処分する方針。 大学側の調査に...
  • 原左都子エッセイ集原左都子さんのプロフィール
tenjin95さん
  • 京都大学iPS細胞研究所の助教による論文不正が発覚
  • タ・雑学・トリビア京大iPS研で論文不正 図を捏造、山中所長は辞職も検討(共同通信)京都大学は22日、京大iPS細胞研究所の山水康平特定拠点助教の論文に捏造と改ざんがあったと発表しました。具体的には、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って脳の構造体を作ったとの内容で、主要な図6点全てに不正があったと認定したようです。同研究所の山中伸弥所長は昨日夕方に京大で記者会見し「非常に強い後悔、反省をしている。心よりおわび申...
  • つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
バイオ太郎さん
  • iPS論文で不正認定=助教が改ざん、処分へ−京大
  • 不正を防ぐことができず、所長として非常に強く後悔、反省をしております」と謝罪した。msnニュース.,2018-01-22京都大学は22日、同大iPS細胞研究所の山水康平特定拠点助教(36)らが執筆した人工多能性幹細胞(iPS細胞)に関する論文で不正が見つかったと発表した。論文の図が捏造(ねつぞう)・改ざんされており、京大は掲載した出版社に論文の撤回を申請した。山水助教のほか、所長を務める山中伸弥教授らの監督責任を...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール
団子屋のページさん
  • iPS論文で不正認定=助教が改ざん、処分へ−京大
  • ん、処分へ−京大2018年01月23日 |国内ニュース 記者会見で謝罪する山中伸弥所長(左)ら=22日午後、京都市左京区京都大学は22日、同大iPS細胞研究所の山水康平特定拠点助教(36)らが執筆した人工多能性幹細胞(iPS細胞)に関する論文で不正が見つかったと発表した。 論文の図が捏造(ねつぞう)・改ざんされており、京大は掲載した出版社に論文の撤回を申請した。山水助教のほか、所長を務める山中伸弥教授らの監督責任...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール
桜咲久也さん
  • iPS論文で不正認定=助教が改ざん、処分へ−京大
  • tail/14193963/2018年1月22日 20時29分時事通信社iPS論文で不正認定=助教が改ざん、処分へ−京大京都大学は22日、同大iPS細胞研究所の山水康平特定拠点助教(36)らが執筆した人工多能性幹細胞(iPS細胞)に関する論文で不正が見つかったと発表した。 論文の図が捏造(ねつぞう)・改ざんされており、京大は掲載した出版社に論文の撤回を申請した。山水助教のほか、所長を務める山中伸弥教授らの監督責任...
  • 理想国家日本の条件 自立国家日本桜咲久也さんのプロフィール
ぶぎのせさん
  • [転載]認知症対策、早期診断・早期予防がカギ 交流や生きがいが有効
  • らせて寿命を超えれば発症しないことになるので、発症を遅らせる薬の開発が重要だ。望ましいライフスタイルを身につけるという社会としての予防の取り組みと同時に、医学のイノベーションとして遺伝子やiPS細胞(人工多能性幹細胞)だけでなく、ビッグデータやAI(人工知能)などあらゆる科学を駆使して治療法を追求していかなければならない。 朝田氏 アルツハイマー型の治療薬は世界中がしのぎを削り、現在105種類が開発中だが、残念な...
  • 存在証明不全症候群ぶぎのせさんのプロフィール
団子屋のページさん
  • iPS移植で初「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術
  • 1月17日 |京都ニュース移植手術で起きた合併症について説明する理研の高橋政代プロジェクトリーダー(右)=神戸市中央区・市立医療センター中央市民病院理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術を行った重い目の病気の患者1人に、網膜表面に膜が生じるなど合併症が起こったため、新たに手術を実施したことを明らかにした。iPS細胞を使った臨床研究で入院が必要となる重さの「有害事象」...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール
バイオ太郎さん
  • iPS分化、スイッチ発見=腫瘍化リスク回避期待−先端医療振興財団
  • iPS分化、スイッチ発見=腫瘍化リスク回避期待−先端医療振興財団2018年01月16日 |細胞と再生医療時事通信.,2018/01/11 体のさまざまな細胞になる能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)や胚性幹細胞(ES細胞)が、実際に分化するかどうかを決めるスイッチの役割を持つ分子を初めて発見したと、先端医療振興財団細胞療法研究開発センター(神戸市)が11日、発表した。分化しない細胞...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール
バイオ太郎さん
  • 世界初のiPS臨床研究、患者網膜に有害現象 医師「手術法の問題で因果関係ない」
  • 世界初のiPS臨床研究、患者網膜に有害現象 医師「手術法の問題で因果関係ない」2018年01月16日 |医療 医薬 健康2018/1/16(火) 神戸新聞 他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を世界で初めて移植する臨床研究を進める神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市中央区)と理化学研究所多細胞システム形成研究センター(同)などは16日、患者の網膜に薄い膜「網膜前膜」ができ...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

人工多能性幹細胞について