西洋音楽

西洋音楽についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [西洋音楽] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

西洋音楽を含むブログ記事

日々雑感さん
  • 視聴回数100万回を超す
  • 0万回も2,3年で稼ぐのだから、よほど彼女の作品が人気を得ているか、人を魅了しているか、ということであろう。回数競争では点で話にならない。NHKが力を入れているのもよくわかる。考えて見ると現代はやりの西洋音楽を和楽器で勝負したところ、聴く人が新しい和楽器の魅力を発見したのかもしれない。やっと日が当たって飛び出す彼女の前途に栄光あれ。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほ...
  • 日々雑感日々雑感さんのプロフィール
よこたんさん
  • 無名歌うたいの奮闘
  • 器を手に入れたかった…です。…むしろ日本語をちゃんと歌えるようになりたかったです。 26歳の時、「そろそろイケるんじゃないか?」なんて思って日本歌曲に手を出したんだけど、全然で。 ポジションが純粋な西洋音楽を歌っている時と変わってしまう。&なんか歌いにくい…という。 そして、研究発表の演奏を、客席の一番奥で録音したものを師匠が聴かせてくれました。「一番聴こえにくい席ではこう聴こえるんだよ」…と。 結果...
  • 「うたおうか」外伝〜ソプラノよこたんのblogよこたんさんのプロフィール
クリンヴィア  ムジーク アカデミーさん
  • 音楽大学は今後なくなるかもしれない
  • ですか。 それで、もっと外の評価を受けたい場合は、コンクールを受けたりして評価を受けるんですね。ここでも審査をする先生方というのは、おんなじような人が毎年持ち回り立ち回りやってるわけですよね。 つまり西洋音楽、特にクラシック音楽というジャンルに関しては、数百から1,000人ぐらいの人が「この子は上手ね!」ってことで太鼓判押すわけですよ。 でもこれって冷静に考えて「音楽業界の活性化」に繋がってますかね? な...
  • 音楽教室 クリンヴィア Amebaブログクリンヴィア  ムジーク アカデミーさんのプロフィール
紫陽花ちゃんさん
  • 終わってしまった...また次回聴こう。継続しよう。
  • あっという間に夏がきて、最終回の放送も先週終わってしまいました、放送大学の西洋音楽史。私はまだ、ワーグナーで止まっています笑。何が苦手感になってきてしまったのか、たぶん作曲家が技術者、職人的な立場から、芸術家の立場で動けるようになった歴史上の転換期あたりからの作曲家さんたちのテンシ...
  • 紫陽花ちゃんのきまぐれ日記紫陽花ちゃんさんのプロフィール
カメラを片手にさん
  • 茗荷と09年のバッハフェスの話
  • った彼にちなみ「茗荷」と。暑さに負けずに、食欲を増す薬味類、先人の知恵に感謝です。音楽の先人といえば、「大バッハ」と呼ばれる『ヨハン・ゼバスティアン・バッハ』、「J・S・バッハ」と書かれる。日本では、西洋音楽の基礎を築いたとして「音楽の父」とされますが、毎年6月中旬にライプツィヒで、バッハの墓のある「聖トーマス教会」を中心に『バッハフェスティバル』が催されており、2009年に、クロージング演奏会を主に4演...
  • カメラを片手にカメラを片手にさんのプロフィール
glueck_pianoさん
  • 雨の庭? 2018年はドビュッシー生誕150年です。
  • 題名でブログを書くのがためらわれました。▲玄関の備前焼とアジサイ かたつむりと傘は大人の生徒さん作▲額アジサイ▲カシワバアジサイ▲西洋アジサイ ▲キキョウ▲アガパンサス今年はドビュッシー生誕150年。西洋音楽の伝統的な和声のルールを破り、美しいと思った音楽を追い続けました。感情よりも気分や雰囲気を重視(印象主義)、水や光の瞬間の煌めきや移ろいを捉えた作品も多いです。▲雨の庭▲月の光心に響く音♪ 歌うピア...
  • Glueck♪グリュックピアノ教室glueck_pianoさんのプロフィール
MariOさん
  • A History of western music by Grout 御茶ノ水大 科目履修生
  • 10月から科目履修生としてお茶大へ通います。 今はひたすらテキストを読んでいます。西洋音楽史? 古代史、中世史が中心となります。NCでもこのテキストをつかってレッスンしてもらっています。歴史に興味をもつ講師もいるので、助かります。彼らの英語能力はすごいと思います英語の文献をよむことに抵抗を...
  • MariOMariOさんのプロフィール
かんちゃんさん
  • 東京の図書館から〜小金井市立図書館〜西村朗 「永遠なる混沌の光の中へ」管弦楽作品集
  • ガ・シンフォニーhttps://yaplog.jp/yk6974/archive/1759でも、西村の音楽的特徴は、実は音楽のルーツが多様である、と言う事なのです。第1曲のチェロ協奏曲はそうは言っても西洋音楽的な雰囲気に包まれていますが、おなじように不協和音を多用しているにもかかわらず、第2曲目の「永遠なる混沌の光の中へ」は、まるで声明なのです。つまりは、読経をオーケストラで表現すると、こんな感じではない...
  • かんちゃん 音楽のある日常かんちゃんさんのプロフィール
fm-woodstockさん
コンチェルティーノさん
  • セミナー受講はこんな曲で
  • 解も共有しないと共同作業はできないですよね。「歌詞」のチェックについてはまた 後日お話します。声楽家の方、ピアノ伴奏する方ぜひご覧いただきたいと思っています。日本歌曲、日本語の合唱の時も、役立ちます。西洋音楽の流れのものに取り組むときは共通の方法です。* * * * * * * * 声楽家と伴奏のための「オペラセミナー」  詳細・お申込み・お問い合わせは会場となるsonoriumのホームページからどうぞ!...
  • コンチェルティーノコンチェルティーノさんのプロフィール

西洋音楽を含むブログ村メンバー

  •  
らすとるむさん
古楽たんけん隊さん
ワルタさん
  • シロウト音楽愛好家ワルタさんのプロフィール
  • 西洋音楽好きの素人が自分の好きな演奏を語ります。多摩地区

西洋音楽を含むアンケート&掲示板

  •  
  • ラグタイムレス: 0/2(2件)音楽ブログ
  • から20世紀前半にアメリカで流行した楽曲●世界初のポピュラー音楽というほどの重要なジャンル●西洋音楽にアフリカ黒人のシンコペーションが加わった曲●クラシックの延長でもあり、ジャズの初期のスタイルで...

にほんブログ村

>

キーワード

>

西洋音楽について