ショルティ

ショルティについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ショルティ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ショルティを含むブログ記事

ともやん企画さん
  • ショルティ&シカゴ響 ブラームス交響曲全集 忘れられた名盤
  • クラシック音楽クラシック名盤 感動サロンMENUトップページに表示する固定ページホーム » 作曲家 » ブラームス » ショルティ&シカゴ響 ブラームス交響曲全集 忘れられた名盤ショルティ&シカゴ響 ブラームス交響曲全集 忘れられた名盤2017年05月23日目安時間:約 3分ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98 ※ブラーム...
  • クラシック名盤 感動サロンともやん企画さんのプロフィール
株式会社 ムジカさん
  • 6月イベントは『ムジカ・クラッシックカフェ』!!
  • み合わせて使用すると・・・色々な意味で想像を裏切られる音質です。この音をぜひ、多くのクラッシックファンに聴いて頂きたいと考えています。音源は全てアナログレコードで1960年代から80年代のものが中心。ショルティ、べーム、カラヤン、ミンシュ等々往年の名指揮者の演奏を中心に歌曲やピアノ曲もお楽しみいただきます。こだわりのコーヒー豆も用意しました。コーヒー豆に関する続報をこのブログで後日発表します。クラッシックの...
  • MUSICA 公式ブログ株式会社 ムジカさんのプロフィール
karajanさん
  • スーク&ノイマンのマルティヌー:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、ラプソディー・コンチェルト
  • 楽団によるセッションで収めている。ラプソディー・コンチェルトのみが1987年、ヴァイオリン協奏曲はどちらも1973年の録音になる。この1973年はヴァイオリン協奏曲第1番が同じくスークのヴァイオリン、ショルティ指揮、シカゴ交響楽団によって初演された年だった。元来この曲はヴァイオリニスト、サミュエル・ドゥシュキンからの委嘱作品で、初演が遅れた理由は楽譜の散逸とその再発見という皮肉な巡り会わせらしいが、基本的に...
  • クラシック音楽ぶった斬りkarajanさんのプロフィール
黄金のアンコールさん
  • ヴェルディ オペラアリア集/ クレスパン、プレートル、パリ音楽院管弦楽団
  •   呪わしき美貌(エボーリ)ドン・カルロ  世の虚しさを知る神よ(エリザベッタ)アイーダ    勝ちて帰れ!(アイーダ)クレスパンは、ワーグナー・ソプラノとしてのイメージが強い。録音ではジークリンデ(ショルティの「ワルキューレ」)とかブリュンヒルデ(カラヤンの「ニーベルングの指環」)などがある。ワーグナー以外では元帥夫人を得意としていて、録音では(ショルティの「薔薇の騎士」)の名唱がまず先に挙げられるソプラ...
  • 音楽あれこれ黄金のアンコールさんのプロフィール
fm-woodstockさん
ともやん企画さん
  • ティントナー 神がかりのブルックナー
  • が混濁するほど病魔が進行していたのか、、、でも晩年に録音したブルックナーの交響曲全集により、 ティントナーの名前は永遠に残るでしょう。世代的にいうとバーンスタイン、クーベリック、ジュリーニが同世代。 ショルティ、ザンデルリンクが5歳上で、ケーゲルが3歳下。幼少期より音楽の教育を受け、19才でウィーン・フォルックスオーパーの仕事に就きこれからプロとしての船出の時期に、ユダヤ系ということでナチスの迫害を受け、苦...
  • クラシック名盤 感動サロンともやん企画さんのプロフィール
unagiさん
  • 劇的な改訂で国際化してた
  • 目指すべき音楽方向もここで見えてきたんじゃないかなぁ。なんでお前がそんなに偉そうなこと言ってんだと言われちゃいそうですが。また、細かいことを別途書いてみたいと思います。第3稿なんにも書いてないけどこれショルティ、シカゴ響だと思うんです。...
  • それでいいのunagiさんのプロフィール
rudolf2006さん
  • 梅雨入りはまだですよ 〜 マーラー「交響曲第6番」  
  • は5番から7番まではオケだけのシンフォニーですねこの中では5番が あのアダージェットで有名ですし、冒頭のラッパのソロ、ベトベンのパロディになっているのでしょうね…6番も色々と聴いていますね昔は きっとショルティの全曲盤のLPが最初だったような…バーンスタインのLPは9番、4番、3番は持っていたと思うのですが…このロスバウトは相当に良い指揮者だと思いますかどうかは分かりませんが、面白いですし色々と参考になりま...
  • 葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでちrudolf2006さんのプロフィール
MUUSANさん
  • えぇ、耳は蒸れました。ちょっとだけ……♪ショルティ/CSOのLvB/Sym9
  • 、つまり耳がエージングされていないからだ。 でも、これだけみんなが褒めているのだから、他の機種に比べてもかなり優れた鳴り方をしてくれているのだろう。  私にとっての記念碑的「第九」 この日聴いたのは、ショルティが振ったベートーヴェン(Ludwig van Beethoven 1770-1827 ドイツ)の交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱付き(Choral)」(1822-24)。 創刊800号となる“レコ...
  • 新・読後充実度 84ppm のお話MUUSANさんのプロフィール
うさぎくんさん
  • オペラ「カルメン」について
  • ラはしのぶか。まずいな、ほぼはまっているではないか。。スニガはチェリー・・。CDは昔はよく聞いていたこともあったが、最近はめったに聞かない。全曲盤で持っているのはカラスが歌った写真のものだが、このほかショルティが指揮、トロヤノスがカルメンを歌った録音の、ハイライト盤を持っている。このショルティ盤は、以前プロの歌手がラジオで、全体に癖のない、オーソドックスな演奏として、勉強のために聞くのに良い、と言っていたこ...
  • うさぎくんうさぎくんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ショルティについて