基礎控除額

基礎控除額についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [基礎控除額] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

基礎控除額を含むブログ記事

ツナギストさん
  • 預金だけが相続財産なら手続きは簡単か?
  • 金だけで、相続税もかからないし、揉めそうもないなら一見、手続きが簡単そうに思えます。たとえば、相続人が、妻、長女、次女の3人だったとします。相続財産は、銀行に1,500万円の預金だけとしたら、相続税の基礎控除額は4,800万円ですので、相続税はかかりません。二人の娘は、結婚して遠方にいるので、そうそう頻繁には帰ってこれないので、まあ、争いがなければ、手続きしやすい妻が一旦全額を受け取って、その後、長女と次女...
  • 駆け出しおっちゃん行政書士の本音ツナギストさんのプロフィール
掛谷章さん
きよの子さん
  • 遺されるものたち
  • いなかったため、息を吹き返した。ということが現在よりも多かったため、夜中に見守っていたことが現代も続いているのですね。***平成27年1月1日施行の税制改正では、相続税も改正されました。例:遺産に係る基礎控除額の引き下げ『改正前』5000万円+(1000万円×法定相続人の数)↓ ↓ ↓『改正後』3000万円+(600万円×法定相続人の数)数字だけ単純にみても、控除額が減っている→支払う相続税が増えるかもしれ...
  • チラシの裏に本の虫。。。きよの子さんのプロフィール
掛谷章さん
  • 【相続税その7】贈与税の基礎控除額は年間110万円。配偶者控除の特例も。
  • eba新規登録(無料)堺市南区の遺言・相続専門行政書士 掛谷章 のブログ少し経験を積んだ行政書士の日記です。ブログトップ記事一覧画像一覧記事はありません【相続税その6】贈・・・【相続税その7】贈与税の基礎控除額は年間110万円。配偶者控除の特例も。NEW!2017-05-10 17:02:55テーマ:相続税について遺言・相続専門行政書士の掛谷章です。これからしばらくの間は、相続税について述べたいと思います。...
  • 遺言・相続専門行政書士 掛谷章 のブログ掛谷章さんのプロフィール
税理士 たかにぃ さん
  • 5月8日(月)のつぶやき
  • 税金 ― たかひろ(税理士@横浜) (@Takahiro_Tax)2017年5月8日 - 11:08【相続課税割合公表値を読む】 ◆基礎控除引下げの影響の予測と結果  平成27年1月1日以後の相続から基礎控除額が60%に引下げられています。  27年中の相続税申告の事績が昨年末に公表され、その制度変更の影響がどう表れているか明らかになりました。 #税金 ― たかひろ(税理士@横浜) (@Takahiro_T...
  • 税理士たかにぃの税金のお悩み解消します税理士 たかにぃ さんのプロフィール
kt01mkさん
  • 3級学科の出題傾向(201505)
  • 度と確定申告問21: 不動産の登記記録問22: 建築基準法の規定問23: 定期建物賃貸借契約問24: 土地・家屋の固定資産税問25: 居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例問26: 基礎控除額を計算する際の法定相続人の数問27: 配偶者に対する相続税額の軽減問28: 相続税額の加算の対象者問29: 贈与税の納付問30: 相続時精算課税の適用【第2問】問31: 毎年の積立金額問32: 傷病手...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
kt01mkさん
  • 3級学科の出題傾向(201601)
  • 業用定期借地権等問52: 第一種低層住居専用地域内に建築可能な建築物問53: 長期譲渡所得と短期譲渡所得問54: 農地転用の手続き問55: 土地の有効活用方式問56: 遺留分の金額問57: 遺産に係る基礎控除額問58: 生命保険契約に関する権利の価額問59: 貸家建付地の相続税評価額問60: 特定居住用宅地等 | 3級学科(FP協会/金財) | 201405 >>...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
掛谷章さん
  • 【相続税その5】贈与って何?贈与税は税率が高い
  • り、贈与税は、相続税を補完する役割を果たしているといえます。贈与税は、相続税がかからないようにと、生前贈与で財産を譲渡するのを抑制するために、相続税に比べて高い税率が課されています。 例えば、相続税の基礎控除額が最低でも3600万円(相続人が1人のとき)であるのに対し、贈与税では年間110万円に抑えられています。つまり、相続税の場合は、相続人が1人なら遺産総額から3600万円を差し引いた部分に課税され、贈与...
  • 遺言・相続専門行政書士 掛谷章 のブログ掛谷章さんのプロフィール
kt01mkさん
  • 3級学科の出題傾向(201609)
  • 3: 借地権と対抗要件問24: 防火地域内における建築規制問25: 不動産取得税問26: 公正証書遺言問27: 贈与税の配偶者控除問28: 土地の無償借り受けと贈与税問29: 相続税における遺産に係る基礎控除額問30: 協議分割【第2問】問31: 毎年の積立金額問32: 出産育児一時金の額問33: 加給年金の加算要件問34: マッチング拠出における所得控除問35: フラット35(買取型)の融資金額問36:...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
kt01mkさん
  • 3級(協会)実技201405問14
  • 問14: 贈与税額正解: 3暦年課税における贈与税の基礎控除額は、受贈者ごとに 110万円が限度であり(相続税法第21条の2、同第21条の5、租税特別措置法第70条の2の4)、贈与税額は、贈与税の課税価格から基礎控除額等を控除した残額に、超過累進税率を乗じて計算...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール

基礎控除額を含むブログ村メンバー

  •  
相続人さん
  • 相続税相続人さんのプロフィール
  • 相続税、基礎控除額や納税方法など知っておきたい情報ブログ。

にほんブログ村

>

キーワード

>

基礎控除額について