基礎控除額

基礎控除額についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [基礎控除額] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

基礎控除額を含むブログ記事

kt01mkさん
  • 2級学科201705問題53
  • の計算上、贈与税の税率は、贈与税の課税価格に応じた超過累進税率である(相続税法第21条の7)。4. 不適切。贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合、贈与税額の計算上、贈与により取得した財産の合計額から、基礎控除額のほかに最高 2,000万円の配偶者控除額を控除することができる(相続税法第21条の6第1項)。関連問題:贈与税の計算 | 2級学科の出題傾向(201705) |...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
SCARECROWさん
  • 国保の通知が来ました
  • 業、配当としての所得金額(確定申告書Bの?)が約60万円ですが、もう1つの確定申告書(分離課税用)の「上場株式等の譲渡」の約30万円を合計した約90万円が、国保を算定する際の「総所得金額等」、ここから基礎控除額の33万円が引かれた約57万円が算定基礎額となります。総合課税で株式譲渡益にかかった税金還付を受けることにしたのが間違いだったのかも。確かに福岡市の計算シートで計算しても年約15万円になりますね。 も...
  • 初心者大家SCARECROWさんのプロフィール
ある新聞配達員さん
  • 国民健康保険税とは。保険料の軽減・減免条件や申請方法などまとめ
  • がある者が居る場合、それぞれの総所得を計算した後、それぞれの基準総所得額を算出し、それらを足したものを”世帯の基準総所得”として次の所得割額の計算式に当てはめる。1人が2つ以上の収入源がある場合でも、基礎控除額は33万円。例:(夫の年金所得+夫の給与所得-33万円)+(妻の年金所得+妻の事業所得-33万円)=世帯の基準総所得?所得割額を計算する所得割額=(世帯の基準総所得額×医療分税率*1)+(世帯の基準総...
  • 働かないミニマリストある新聞配達員さんのプロフィール
BROADWAY税理士さん
植村 豪さん
  • 贈与税の申告をしていれば贈与は成立? 贈与があったかどうかは実態で判断する
  • ありますし、巷ではこんな解説もされていたりします。「贈与があったことを証明するために、贈与額を120万円にして1万円の贈与税を支払うといい。そうすれば税務署に贈与があった記録が残るから。」と。贈与税の基礎控除額は年間110万円。この110万円をあえて超える贈与をするということです。贈与額が110万円以下だと、申告の必要もなく、納税の必要もないですから。つまり(120万円ー110万円)×10%=1万円。この1...
  • 税理士業はInput&Output 〜 GO for IT植村 豪さんのプロフィール
名古屋市の弁護士 森田清則さん
  • 節税養子の,『節税対策』からみた注意点
  • 2条1号にいう「当事者間に縁組をする意思がないとき」に当たるとすることはできない。』と判示しています。  事案は,実子X1,X2,及び,BのいるAが,Bの子Yについて,YをAの養子とすると遺産にかかる基礎控除額が増えることなどにより相続税の節税効果があると税理士からの説明を受け養子縁組をしたところ,X1及びX2が養子縁組無効確認請求訴訟を提起したというものです。  最高裁の結論は先に紹介したとおりですが,節...
  • 名古屋市の弁護士 森田清則名古屋市の弁護士 森田清則さんのプロフィール
sanjakuboさん
  • 住職が語る「終活講座」其の4  −相続税対策はなかなか難しいー
  • 。 ◇生前に遺産を分割贈与 相続税対策として一番シンプルで一般的なのが、生前贈与でしょう。毎年子供や孫に預金や株や不動産を分割して贈与することで、相続財産の減らし税率の低減を図る方法です。贈与税の基礎控除額百十万円の範囲で行えば、贈与税もかからない。しかし、この方法は二つのトラブルの原因となり易い。一つは親族間のトラブル。雑誌等の相続対策特集で執筆担当の税理士さんは「遺産総額何億円の財産をこういうふうに...
  • 仏事を考えるー仙台 新寺の曹洞宗洞林寺sanjakuboさんのプロフィール
まーくんさん
  • 2016年5 月2級学科分野別一覧(相続分野)
  • 月2級学科分野別一覧(相続分野) 2016年5月2級学科相続分野 問題 絶対正解すべき問題!53贈与税の申告と納付54遺産分割協議55相続税の課税財産60贈与税の非課税制度等サービス問題56遺産に係る基礎控除額標準的な問題51親族・特別養子縁組59相続税の延納・物納やや難問52死亡保険金・使用貸借契約・財産分与に対する課税57奥行価格補正・側方路線影響加算58宅地の価額・倍率方式・農地の価額・市街地周辺農地...
  • まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説まーくんさんのプロフィール
taxMLメンバーさん
  • 無利息の金銭貸し付けで贈与税課税は有り得るのか?
  • 上記(2)の「課税上弊害がないと認められる場合」に該当しない場合における転借者が受ける利益の額は、借地権者が実際に負担している地代相当額によるものとし、その額がおおむね年額40万円(その当時の贈与税の基礎控除額)以下であるときは、棟分の間「その利益を受ける金額が少額である場合」に該当するものとする。  「土地の使用貸借に伴う利益」と「金銭の無償貸与に伴う利益」は、共に相基通9−10の定めが等しく適用されるの...
  • taxML税法実務情報taxMLメンバーさんのプロフィール
今日ハレさん
  • ついに来た、住民税!
  • 民税では、控除額に違いがあることが分かりました。市のホームページに詳しく説明されていましたので、一部抜粋しました。すべての項目で住民税の控除額が低いです。初めて知りました。例えばすべての人にかかわる、基礎控除額は、所得税の時38万円、住民税の時33万円と、5万円の違いがあります。これは、どういうことかと言うと、例えば、38万円の収入があったとします。所得税では基礎控除が38万円ですから、38万円ー38万円=...
  • 退職生活リアル情報館今日ハレさんのプロフィール

基礎控除額を含むブログ村メンバー

  •  
相続人さん
  • 相続税相続人さんのプロフィール
  • 相続税、基礎控除額や納税方法など知っておきたい情報ブログ。

にほんブログ村

>

キーワード

>

基礎控除額について