基礎控除額

基礎控除額についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [基礎控除額] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

基礎控除額を含むブログ記事

まーくんさん
  • 3級FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・贈与税の配偶者控除
  • 与税の配偶者控除贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が( ? )以上である配偶者から居住用不動産の贈与または居住用不動産を取得するための金銭の贈与を受け、一定の要件を満たす場合、贈与税の課税価格から贈与税の基礎控除額とは別に( ? )を限度として控除できるものである。1) ? 10年 ? 1,000万円2) ? 20年 ? 1,000万円3) ? 20年 ? 2,000万円解答・解説へ2017年1月3級学科絶対正...
  • まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説まーくんさんのプロフィール
まーくんさん
  • 3級FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・贈与税の基礎控除
  • 3級FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・贈与税の基礎控除 (27) 暦年課税による贈与税の計算において,同年中に父と母からそれぞれ贈与を受けた場合の基礎控除額は,220万円(110万円×2人)である。解答・解説へ 2015年1月3級学科 (27) 暦年課税による贈与税は,受贈者ごとではなく,贈与者ごとに1年間に贈与した財産の価額を合計し,そこから非課税財産...
  • まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説まーくんさんのプロフィール
まーくんさん
  • 3級FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・遺産に係る基礎控除
  • 題・相続事業承継分野・遺産に係る基礎控除2017年02月17日NEW !テーマ:3級FP学科試験類似問題(相続分野)3級FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・遺産に係る基礎控除相続税の「遺産に係る基礎控除額」を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうちに相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。解答・解説へ2017年1月3級学科絶対正解すべき問題問題5...
  • まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説まーくんさんのプロフィール
まーくんさん
  • 3級FP試験学科・類似問題・相続事業承継分野・遺産分割協議
  • 方法であり、その分割については、必ずしも法定相続分に従う必要はない。解答・解説へ2016年9月3級学科標準的な問題問題27贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合、暦年課税の適用を受ける受贈者は、贈与税の基礎控除額とは別に2,000万円を限度として、贈与税の課税価格から配偶者控除額を控除することができる。解答・解説へ2016年9月3級学科サービス問題(26) 被相続人の遺言が残されていない場合,共同相続人は,必...
  • まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説まーくんさんのプロフィール
久保総合会計事務所 所長さん
  • 直系尊属からの暦年課税の財産贈与 20歳以上の受贈者は特例税率適用
  • からの暦年課税の財産贈与 20歳以上の受贈者は特例税率適用テーマ:ブログ直系尊属からの暦年課税の財産贈与 20歳以上の受贈者は特例税率適用贈与税の確定申告はすでに2月1日から始まっている。贈与税額は、基礎控除額の110万円を差し引いた後に、速算表の課税価格の金額区分に応じた税率を掛けて控除額を差し引いて算出するが、暦年課税の場合は、2015年1月1日以降に、父母や祖父母などの直系尊属から財産の贈与を受けた人...
  • 6つの資格を持つ久保総合会計事務所の所長ブログ久保総合会計事務所 所長さんのプロフィール
清瀬の行政書士さん
  • 養子縁組と相続いろいろ・・
  • こんにちは。東京都清瀬市の相続・遺言のサポーター新田行政書士事務所です。ご訪問ありがとうございます。養子縁組をして相続人の人数を増やして相続税の基礎控除額を増やす・・・のは以前に書きましたが養子縁組と相続に関しては他にもいろいろ・・ 例えば・・養子と実子の法定相続分は違うのか?同じです。特別養子も同じです。ただし、特別養子の場合は実父母との親族関係が終...
  • 清瀬の行政書士「新田行政書士事務所」の徒然ブログ清瀬の行政書士さんのプロフィール
reatipsさん
  • 住宅着工統計にみるアパートの増加、どの県が一番増加したのか?
  • )住宅の新設着工戸数はここ数年は増加傾向にあります。消費税増税(5%→8%)のあった平成26年には10%近く減少していますが、その後は消費税増税の影響も少なく増加傾向です。平成27年1月からは相続税の基礎控除額が引き下げられたことにより、相続税の課税対象者の拡大されました。その影響で、相続税対策によるアパート建築も増えています。もう一つの要因として、金融機関のスタンス変化、特に融資条件の緩和によりサラリーマ...
  • 不動産実務TIPSreatipsさんのプロフィール
ウイズユー司法書士事務所さん
  • 【141】養子縁組についての最高裁判例
  • 小法廷(木内道祥裁判長)は、「節税のための養子縁組でも、ただちに無効とはいえない」との初判断を示しました。縁組を無効とした2審東京高裁判決を破棄し、有効とする1審東京家裁判決が確定しました。 相続税の基礎控除額は、3000万円+(600万 × 法定相続人の数)となっており、法定相続人(子)が増えればその分控除額が増額されますから、養子縁組を利用している富裕層の方が多いので関心が高い判決だったと思われます。民...
  • ウイズユー司法書士事務所の代表ブログウイズユー司法書士事務所さんのプロフィール
セミリタイアさん
  • モデルルームの見学から購入までの段取り!実施項目は?
  • )、登記費用(目安:約30万円)今なら贈与税が810万円まで非課税2017年中に親や祖父母からの資金を贈与を受けて、所定の条件を満たすマイホームを取得する場合、贈与税810万円まで(一般住宅非課税枠と基礎控除額を足した額)贈与税はかからない。2017年の非課税枠一般住宅非課税枠(700万円)+基礎控除額(110万円)=810万円※省エネ性又は耐震性の高い住宅の場合の一般住宅非課税枠は1200万円。...
  • セミリタイアの生活セミリタイアさんのプロフィール
いいこと言うおっさんさん
  • 言いたい事は
  • しまう。言いたい事は、税金を払う為に、ではないです。誰に何のためにどうして、それをどうやって、どう言う手続きをもって相続させるか。が大事なんですよ。その結果として、税金の納税があるだけなんです。確かに基礎控除額が下げられ、相続税を納める方は増えたであろう。しかし現実は、数パーセントです。対策は必要です。特例が使えるかどうか。誰が、どの場合に特例が使えるかどうか。ここは抑える必要はございます。ただ、そこまで辿...
  • たまにはいい事いうおっさんのブログいいこと言うおっさんさんのプロフィール

基礎控除額を含むブログ村メンバー

  •  
相続人さん
  • 相続税相続人さんのプロフィール
  • 相続税、基礎控除額や納税方法など知っておきたい情報ブログ。

にほんブログ村

>

キーワード

>

基礎控除額について