天平時代

天平時代についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [天平時代] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

天平時代を含むブログ記事

Sra.Preciosaさん
  • 火定
  • 蔓延する。高熱を発した後、疱瘡が全身を覆い、やがて死に至る。何十年も前に国を襲った天然痘が再来したのだ。空港の熱センサーでいち早く発熱している者を見つけて隔離する現在と異なり、ウイルスの概念もなかった天平時代。新羅で罹病した高官からあっという間に病は都に広がる。皇后藤原光明子の強い願いにより設立された施薬院に患者が次々と運ばれる。一方、施薬院の外では、あやしげなお札で人心の不安を煽る「常世常虫」という信仰...
  • 有閑マダムと本の日々Sra.Preciosaさんのプロフィール
じゅみーcocoさん
  • あおによし東大寺2 大仏殿
  • →手向山八幡宮→法華堂(三月堂)エリア→二月堂エリア→正倉院エリア→戒壇堂エリア→氷室神社東大寺とは。。。。華厳宗大本山 金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)創建は8世紀前半(天平時代) 開基は聖武天皇。良弁僧正の開山。聖武天皇が日本中に建てた国分寺(60寺)の中心である「総国分寺」であります。知っているようで知らない東大寺は、とにかくすごいお寺です。...
  • ちはやふる 神代の国よりじゅみーcocoさんのプロフィール
じゅみーcocoさん
  • 伊賀忍者回廊 巻之3−拾伍
  • 天平時代創建の無量寿福寺  2018-5-5参拝  2018-6-11伊賀忍者回廊 三回目の朱印巡り、その十五。本日のコース鵜宮神社(札所)→正月堂(札所)→西山春日神社→果号寺→徳楽寺→射手神社→常住寺→百...
  • ちはやふる 神代の国よりじゅみーcocoさんのプロフィール
borderlineさん
  • 【奈良】ブルーインパルスが空を翔る!世界遺産「唐招提寺」の御朱印
  • ち、天平宝字3年(759年)にこの地に専修道場「唐律招提」を創建したのが始まりと伝わります。「南大門」昭和35年(1960年)に天平様式で再建され、五間の中央に三扉とする切妻造りの建築物です。「講堂」天平時代、平城宮の面影を留める唯一の建築物とされ、御本尊:弥勒如来坐像のほか、持国天・増長天立像など多くの仏像が安置されます。「礼堂」隣の鼓楼に安置された仏舎利を礼拝するためのお堂であり、内部に釈迦如来立像や...
  • 御朱印ランナーの聖地巡礼borderlineさんのプロフィール
きーらくだまさん
  • 平成29年6月7日申請
  • さを伺わせる。展示室中央の大地型模様は台地上に建立当時の尼寺を復元し回転して現在位置方向に停止すると背景のスクリーン全面に復元回廊が映し出される。色鮮やかな朱塗りの支柱、濃緑の窓格子に白壁が映え、暫時天平時代に遡る。尼寺の総称は「法華滅罪之寺」、何と優しい穏やかな(※たおやかな、から訂正)響きの寺名に、人々は来世の救いを求めたのではないか。帰路は南西方面に見える市庁舎の先の国分寺跡まで足を延ばすのも良いだ...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール

天平時代を含むブログ村メンバー

  •  
あをによし南都さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

天平時代について