天平時代

天平時代についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [天平時代] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

天平時代を含むブログ記事

うのんさん
  • 薬師寺近くから 天平
  • 鳳凰文鬼瓦 平城宮跡から出土したものから 復元されたものです。 顔は左に 身は正面に翼を大きく広げたものです。 このような鳳凰のものは 正倉院にも多くあります。 天平時代の鳳凰文を表す一つです。 手塚治虫の「火の鳥」の鳥は 鳳凰 その生血は永遠の命を得ることが出来るものを奪い合う話です。  相通じるものが存在しているのでしょうか...
  • 奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのんうのんさんのプロフィール
りゅうぞうさん
  • 栃木100km行? 夜明け編
  • ぞ(怒)。お墓もおでん風だしw?さて、この林は「天平の丘公園」という公園になっていて、このなかに国分尼寺跡などの史跡が点在していました。みんな「紫式部の墓」で驚くんだろうな。というか、そもそも紫式部は天平時代じゃないけど。?公園の林を抜けると、再びがらんとした畑が続く風景に変わります。田んぼと畑の中を進みますが、意外とこんな何でもない場所で迷ったりします。実はこのあたりでなぜか迷ってしまい、犬の散歩をして...
  • ロングトレイルの旅 関東ふれあいの道一周りゅうぞうさんのプロフィール
うのんさん
  • 薬師寺近くから  特別展 天平
  • 今日は 本の紹介です 1998年に奈良国立博物館で催された 「天平」のカタログです 今週もカタログですが 300ページ近い本です 天平時代は 七世紀後半から 八世紀中半の約80年間の最も華やいだ時代をいいます。 律令制で国家の体制ができあがって北時代で 遣唐使などで海外 大陸からの文化や教養などの影響を受け 正倉院の宝物など 今なお我々...
  • 奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのんうのんさんのプロフィール
tanazashiさん
  • 日曜美術館「よみがえる天平の美〜第69回 正倉院展〜」
  • 録書籍展覧会日曜美術館「よみがえる天平の美〜第69回〜」大陸から伝来した瑠璃色のガラスの杯。幽玄の音色を奏でた幻の弦楽器。「第69回正倉院展」に出陳される数々の宝物の魅力と見どころをたっぷり紹介する。天平時代の宝物を間近に見ることのできる「第69回正倉院展」が、奈良国立博物館で開かれている。8世紀、聖武天皇の遺愛の品を、光明皇后が東大寺の倉に納めたことが正倉院の始まりとされる。その後、大仏開眼の儀式で使わ...
  • チャンスはピンチだtanazashiさんのプロフィール
むぅさん
  • 西国三十三所観音巡礼 第五番札所 紫雲残  葛井寺
  • 。今回の参拝ではそのお姿を拝むことはできませんでした。。。また、東京国立博物館でお姿を拝見することができるとのパンフレットがありました。詳しくはこちらをご覧下さいこちらの十一面千手千眼観世音菩薩像は、天平時代の作で現存する千手観音菩薩のなかで日本最古の仏像といわれています。本堂へのお参りを済ませ、朱印所でご朱印をいただきました。庶民のお寺として親しまれている葛井寺。そこに鎮座する国宝の十一面千手千眼観世音...
  • 小気味良く足音が響くむぅさんのプロフィール
nakaさん
  • 聖武天皇の祈りが感じられた『第69回 正倉院展』@奈良博
  • 。細く切った竹を並べ、さまざまな色の絹糸で幾何学文様を描いています。まじまじと眺めても、まさかこれが千年以上も昔に作られたものだとはとても思えませんでした!あらためて正倉院宝物の幅広さに驚かされました天平時代の美の数々。感動的でしたこれら以外にも、鳥獣の美しい文様が見られる大きな鏡、古代の音色を奏でる楽器、大仏開眼供養の日に使用された伎楽面、小さいながらも細部まで装飾を施した刀子など、見どころは多数ありま...
  • 奈良に住んでみましたnakaさんのプロフィール
うのんさん
  • 薬師寺近くから 東大寺
  • ました 日本には 唐とカンボジアの僧を伴って 遣唐使の帰国の船でやってきました。来日の際大仏建立に大活躍した行基菩薩が迎えたほどでした。 大仏様の開眼とい大きな行事の導師を異国の帰化僧に任ずることは 天平時代のおおらかさ 国際性をがあったからと思われます。 開眼会の当日は 聖武天皇 光明皇后 1026名の僧侶 や貴族 皇族達の 色とりどりの幡が春風にたなびき 周囲は花で埋め尽くされたそうです。大仏殿東側の...
  • 奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのんうのんさんのプロフィール
庭よしさん
  • 金沢三十三観音霊場を巡る心の旅(第1回)
  • によって現在の地にあった光徳寺と併合され、移築された。通算八百年もの歴史のなかで、複数の寺院の統廃合があった関係上、貴重な宝物も多く、旧本尊「弥勒菩薩坐像」(室町時代)のほか、「脱活乾漆造菩薩坐像」(天平時代)、「木造阿弥陀如来坐像」(平安時代)、「地蔵菩薩坐像」「木造龍頭」(室町時代)などが、横浜市指定文化財となっている。また、境内には、四季折々の草花が咲き誇り「華の寺」として、親しまれているとのこと。...
  • 庭よしのつぶやき庭よしさんのプロフィール
アサマタローさん

天平時代を含むブログ村メンバー

  •  
あをによし南都さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

天平時代について