白河天皇

白河天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [白河天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

白河天皇を含むブログ記事

りせさん
  • 熊野神社衣笠分社と西大路七福社
  • 新しています。※写真は全てクリックで拡大します。先日、熊野神社衣笠分社を訪れました。西大路通に面して衣笠小学校があり、その向かいの通りを西に行くと、途中に「二條天皇 香陵寺陵」があります。二條天皇は後白河天皇の長男でしたが生母の急死により祖父に育てられ、即位後は絶大な権力を持つ後白河上皇に対抗しました。藤原伊通や平清盛の後ろ盾もあり、後白河上皇の院政を停止させ、様々な政治改革を行った賢帝として知られます。...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
三日ボーズさん
  • 御懺法講(おせんぼうこう)
  • 『御懺法講(おせんぼうこう)』の聴聞で、京都・大原・三千院へ。御懺法講は今から約860年前の保元二年(1157)に、後白河天皇が宮中の仁寿殿に於いて「宮中御懺法講」として始められたものだという。「御」を取って「懺法講」。「講」は「集まり」というような意味でいいかと。 なので「懺法」ということになる。 「懺」は、懺悔(さんげ)...
  • 倫敦巴里三日ボーズさんのプロフィール
小次郎さん
  • 本当に怖い夜の崇徳天皇御廟
  • (すとくてんのう)御廟の夜の様子をご覧いただこうと思います。 崇徳天皇は平安時代後期、元永二七年(1119年)に鳥羽天皇の第一皇子として誕生されました。 祖父は院政を始めたことで知られている白河天皇、崇徳天皇はこの白河天皇の子とされる逸話(真偽のほどは不明)があり、父親である鳥羽上皇からは疎まれていたそうです。 保安四年(1123年)に即位した崇徳天皇は、鳥羽上皇により近衛天皇に譲位をしいられ永...
  • 小次郎の京散歩小次郎さんのプロフィール
村雨庵さん
  • 玉川の里
  • 上に賑やか私目もだいぶ元気になったようだ掛けものは飛鳥井雅親筆の後拾遺和歌集切上記の相模の和歌を含めて五首書かれている後拾遺和歌集とは平安後期の勅撰和歌集。八代集の第四。20巻。承保2年(1075)、白河天皇の命により藤原通俊が撰し、応徳3年(1086)成立。和泉式部らの歌約1200首を収録。後拾遺集(デジタル大辞泉の解説ヨリ)掛軸の和歌の読みは先生が国歌大観を広げてしめして下さるわかったような気がするが...
  • 村雨庵 茶の湯日記村雨庵さんのプロフィール
OdawaraTreeNurseryさん
  • ヤマボウシ
  • 木のBlogです  http://www.odawaraueki.co.jp/ヤマボウシ2018年05月28日 |Weblogハナミズキが終わりヤマボウシの季節になりました。樹木の由来は想像に易い、後白河天皇が、思い通りにならないと嘆いた賀茂河の水、双六の賽と並び称される僧兵の別名。だから本来は花(本当は花ではなく苞(ほう))は白なのですが、最近は品種改良も進み、赤、ピンク、黄など多種のようです。今日撮影...
  • 緑とともに・・・・OdawaraTreeNurseryさんのプロフィール
芳瑩さん
  • 臨済宗大徳寺
  • ね、平安後期にもなると、山の麓には「蓮台野」という葬送の場所となり、平安京の人々の遺体はここに捨てられ野ざらしにされる場となりました。埋葬地の一つ「鳥部野」については以前書きました。ブログ?京都の「後白河天皇」と「豊臣秀吉」平安時代、京には鳥部野、化野、蓮台野といった埋葬地があって、冥土の入口のような様相を呈していたと言う。平安時代の貴族たちは、人の死を穢れ、不浄とし京中に墓地を営むことは禁じられ、埋葬場...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 天下三不如意 18/237 (平安時代叢書 第十四集)
  • 理の最重要担当者であった大江匡房であるが、後三条天皇の時代の大江匡房は右少弁という、実務についての権限はあるが議政官の一員という国政の中枢から遠い場所にいる人物でもあった。その大江匡房を出世させたのが白河天皇である。功績を残したから出世させるのではなく、荘園整理を空文化させる目的があって出世させたのである。 白河天皇の治世下での大江匡房は微妙なポジションであった。出世はしたが実務からは遠ざけられ、一方で議...
  • 天下三不如意(平安時代叢書第十四集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 梁塵秘抄
  • 梁塵秘抄後白河天皇 榎 克朗新潮日本古典集成予約数: 0予想待ち時間: 1週程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】平安末期に流行した新風歌謡・今様。その絶大なる愛好者・後白河院が編纂した...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
バンブー福田さん
  • 【京都探訪】豊国廟・新日吉神社(京都市東山区) 3月24日?
  • 笑)。 その後に向かったのが新日吉神宮なんですが、滋賀県大津市の日吉大社に由来するようですね。「新」っていう字が名前に付く神社は珍しいなと思ったのが率直な感想でした。平安時代末期の1160年、後白河天皇が比叡山の守護神たる日吉大社の神々をこの東山の麓に勧請して創建されたそうです。東山七条は後白河法皇と豊臣秀吉公の所縁の史跡や寺社が集中していると思いました。 さて、大津市の日吉大社といえば「神猿...
  • 笑門来福帳バンブー福田さんのプロフィール
ちくさん
  • 【浅草】招き猫で有名な今戸神社へ行ってきた【東京の神社】
  • 義・義家父子が、勅令によって奥州の夷賊安部貞任・宗任の討伐の折、篤く祈願し、鎌倉の鶴ヶ岡と浅草今之津(現在の今戸)とに京都の石清水八幡を勧請したのが今戸八幡(現在の今戸神社)の創建になります。その後、白河天皇永保元、謀反をおこした清原武衡・家衡討伐のため、源義家が今之津を通過するあたり戦勝を祈願しました。その甲斐あって勝ち、いくさをおさめることができ、義家は神徳に報いて社殿を修復しました。戦乱兵火に遭うご...
  • ちくブロ・ちくの趣味ブログちくさんのプロフィール

白河天皇を含むブログ村メンバー

  •  
鬼むちゃさん
  • 鬼むちゃ鬼むちゃさんのプロフィール
  • 源頼朝を主人公にした近未来源平合戦4コマ漫画です

にほんブログ村

>

キーワード

>

白河天皇について