白河天皇

白河天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [白河天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

白河天皇を含むブログ記事

Takeさん
  • 台風18号
  • 白河天皇の『加茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの』まぁ今の僕にしてみればわが心にかなうものの方が少ないわけで、そんなことをいちいち気にかけては生きていけないわけです。とは言っても、今日日週末...
  • LOGOSTakeさんのプロフィール
徳薙 零己さん
芳瑩さん
  • 白山信者だった「織田信長」
  • 地である法住寺殿跡地に移転した。ちなみに、現在地にはもともと文禄4年(1595年)、豊臣秀吉の信任厚い天台僧道澄が開基した照高院があった。事実上、妙法院が日本史に登場するのは後白河法皇の時代である。後白河天皇は、在位3年足らずで譲位し、保元3年(1158年)には上皇、嘉応元年(1169年)には出家して法皇となった。この間、後白河上皇は譲位後の居所(院御所)である法住寺殿の造営を進め、永暦2年(1161年)...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
見もの・読みもの日記さん
  • 法勝寺落慶供養の復元/声明と舞楽・荘厳の調べ
  • 、両者がともに演奏された過去の記録はむしろ新鮮に感じられるという。確かにそのとおりだ。長い伝統に見えるものが意外と新しいと気づかせてくれる点でも、こういう復元の試みはとてもありがたいと思う。法勝寺は、白河天皇が1075年(承保2年)に造営を開始し、1077年(承保4年/承暦元年)に金堂の落慶供養が執り行われた。なお、高さ約80メートルとされる八角九重塔の完成は、もう数年あとらしいので、本公演のポスターやプ...
  • 見もの・読みもの日記見もの・読みもの日記さんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
  • 「近畿三十六不動巡り」聖護院・京都府京都市左京区聖護院中
  • 2年)の修験道廃止令発布後、一時天台寺門宗に属したが、昭和二十一年(1946年)修験宗(のち本山修験宗)として再び独立して現在に至る[1]。天台宗に属した後も聖護院の格は大本山であった。静恵法親王(後白河天皇の子)が宮門跡として入寺して以降、 代々法親王[2]が入寺する門跡寺院として高い格式を誇った。明治まで三十七代を数える門主のうち、二十五代は皇室より、十二代は摂家より門跡となった。江戸時代後期には2度...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール
三日ボーズさん
  • 国立劇場・声明公演〜〜声明と雅楽 荘厳の調べ〜(バージョンW)
  • 雅楽 荘厳の調べ〜法勝寺供養次第による舞楽法会〜・・・ですた。法勝寺(ほっしょうじ)は、平安時代から室町時代まで平安京の東郊、白河(現在の岡崎公園、京都市動物園周辺)にあった、六勝寺のひとつである。 白河天皇が1076年(承保3年)に建立した。 皇室から厚く保護されたが、応仁の乱以後は衰微廃絶した。 法勝寺の地は藤原氏の別荘地(白河別業)だったが、藤原師実が白河天皇に献上した。 天皇はこの地に寺院を造るこ...
  • 倫敦巴里三日ボーズさんのプロフィール
ゆだぽんさん
  • 古代史日和勉強会〜持統天皇と藤原京〜
  • した。持統天皇は位を譲りましたが隠居したわけではなく、譲位後も政治に関わっていました。いわゆる“院政”ですね。院政といえば、平安末期から鎌倉時代が知られています。通説では、最初に院政をひいたのは、あの白河天皇の父である後三条天皇とされていますが、最初の最初?は持統太上天皇と考えられるんですね。長くなってしまいましたので、今日はこの辺でこの時代はどこを切り取っても面白いですよね〜私の記事もしばらくはこの時代...
  • ゆだぽんの虹色オーラブログゆだぽんさんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 95/260 (平安時代叢書 第十三集)
  •  後三条法皇は神仏に祈りを捧げて病気平癒を願ったが、神仏はその願いを答えなかった。 延久五(一〇七三)年四月三〇日。後三条法皇が危篤状態に陥る。翌日、五〇〇名の僧侶が集められての読経が始まる。 一方、白河天皇は後三条法皇が危篤状態にならなければ絶対に許さなかったであろう行動に出る。五月六日、白河天皇の生母である亡き藤原茂子を皇后と、藤原茂子の父である亡き大納言藤原能信を正一位太政大臣とすると発表。また、藤...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
ひだりゅーさん
  • 82番札所 根香寺|牛鬼の石像が見どころ!香川有数の心霊スポットの噂も
  • ま智証大師は蓮華谷の木で千手観音像を彫造し、「千手院」を建て安置しました。この霊木は香木で切り株から芳香を放ち続けたことから、この2院を総称して「根香寺」と呼ばれるようになったと伝えられています。 後白河天皇から勅願所として帰依も厚く繁栄したが、戦国時代には兵火にあい衰微しました。しかし、慶長年間に高松城主・生駒一正が復興、さらに寛文4年(1664年)高松藩初代藩主松平頼重が再興しました。なお、このとき真...
  • 元自衛官の四国お遍路案内録「ぎゃーていぎゃーてい」ひだりゅーさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
  • 「平安京物語」51“御願寺六勝寺”
  • 09:15:24 |温故知新「平安京物語」51“御願寺六勝寺”(ろくしょうじ、りくしょうじ)とは、平安時代後期から室町時代にかけて、洛外白河街区に位置した、法号に「勝」の字をもつ六山の御願寺である。白河天皇に続く院政の中枢部として大いに栄えたが、後世の維持管理は停滞し、応仁の乱以降はほぼ廃絶した。現在においては石碑や町名などに面影を残すが、寺域や伽藍配置などにおいて不明な点は多く、発掘による考古学的調査...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール

白河天皇を含むブログ村メンバー

  •  
鬼むちゃさん
  • 鬼むちゃ鬼むちゃさんのプロフィール
  • 源頼朝を主人公にした近未来源平合戦4コマ漫画です

にほんブログ村

>

キーワード

>

白河天皇について