承天寺

承天寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [承天寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

承天寺を含むブログ記事

meiyanさん
  • 山笠2018? 「7月14日 飾り山見物と『西流』流舁き」
  • つつ、この日仕事だった夫とは後ほど待ち合わせることにして、14日(土)のお昼前、まずは一人で博多入り。 さて博多に着いたら、この日は35度近い猛暑の予報だったのでムリしないように気を付けつつ、まずは「承天寺」へ。 ここは承天寺開山の聖一国師(しょういちこくし)が博多で疫病が流行した時施餓鬼棚に乗って町中に聖水を撒いたことから「山笠発祥の地」といわれていて、その縁で前に「清道旗」立てられて、追い山の...
  • 『日々是好日』〜meiyanのつれづれ日記meiyanさんのプロフィール
沖縄フォトグラファーさん
  • 追い山(速報版)
  • いよいよ博多祇園山笠最大のクライマックス「追い山」です。今年は承天寺前で舁き山笠を待ち構えました。西流千代流恵比須流土居流大黒流東流中洲流一週間、山笠を追っかけて今は祭りの後の「博多祇園山笠ロス」状態です。これから頑張って暑さに負けずじっくり整理したいと思います。...
  • 還暦オヤジの気ままなブログ沖縄フォトグラファーさんのプロフィール
monomousuのブログさん
  • 今年も終った
  • われている最中、それぞれの流れに戻った山はあっという間に解体されてしまいます。これが博多の男の潔さだと思います。博多祇園山笠の起源については諸説ありますが、鎌倉時代の仁治2年に博多で疫病が流行した際、承天寺の開祖であり当時の住職である聖一国師(円爾)が町民に担がれた木製の施餓鬼棚に乗り水を撒きながら町を清めてまわり疫病退散を祈祷したことを発祥とするのが通説です。そのため、素戔嗚尊を祭る櫛田神社の例大祭で...
  • monomousuのブログmonomousuのブログさんのプロフィール
琴音さん
博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログさん
  • 博多祇園山笠2018追い山ならし櫛田入り・一番山笠西流
  • 総務・西村さんは冷泉町1区(旧萬行寺前町)の寿司割烹 萬福茶屋の大将。テレビやラジオで活躍されている中島浩二(ナカジー)さんはこの町から毎年西流に参加する中心メンバーです。撮影した記録写真(6月2日の承天寺夏祈祷〜7月12日追い山ならし分まで)前半は7月13日の集団山見せ終了後、1区詰所へ立ち寄り取締にDVD-Rで写真データを納品していますので、西流関係者はご自由にプリント等ご利用ください。ちなみに、私...
  • 博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログさんのプロフィール
多奈ゑりさん
  • 今日は追い山ならし
  • 久しぶりにダンナちゃんと休みが合ったので追い山ならしを観にいってきました。承天寺近くに付いたのは3時40分、ギリの到着でしたが秘密の駐車場にすいすいと駐車することができました。追い山ならしはなぜか承天寺で観ることが多い私。なぜなら、10年前まで毎年承天寺観てたから。www(会社が...
  • 多奈ゑりきもの多奈ゑりさんのプロフィール
稽古人さん
  • 山笠があるから博多たい。
  • 博多祇園山笠の起源については諸説あるようですが、鎌倉時代の1241年(仁治2年)に博多で疫病が流行した際、承天寺の開祖で、当時の住職である聖一国師(円爾)が町民に担がれた木製の施餓鬼棚に乗り水を撒きながら町を清めてまわり、疫病退散を祈祷したことを発祥とするのが通説とか。今回の大雨で被害に遭われた方々へのお見舞い...
  • 続!稽古人、徒然日誌稽古人さんのプロフィール
あおこさん
  • ヤフオクドームの飾り山
  • 【国重要無形民俗文化財】【ユネスコ無形文化遺産】知らないわぁ(汗)『伝統博多祇園山笠』歴史:承天寺の開祖聖一国師さまが鎌倉時代、宋(ソウ)に仏門修行に行かれ博多の地に戻られた年に始まる。博多の街中に祈祷水をまき、疫病を退散させたと伝わる。この故事を山笠の起源としている。ですって・・・・ちょい遠かっ...
  • 生きるしかないよねあおこさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

承天寺について