帰納法

帰納法についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [帰納法] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

帰納法を含むブログ記事

moto-seさん
  • 人生のコツ:考え方の〇〇という本から見えること。そして「働き方改革」の闇
  • らい、 見た目ではわからない仕事とも 言えます。「手順を踏んで考えなさい」と突き放されても そんな教育を受けた覚えがない そういう人、多いんじゃないですか?形だけは、教えられている。 そう、演繹法とか帰納法とか。大雑把に言っても、 プログラムを作る前に、何を解決するのか そして出力として何を出すのかを明確にしていく。 考えた結果を紙に書きだす。その上で、プログラムの設計を行う。仕事をしたら、紙も残しまし...
  • プログラミングでガッチリ稼ぐ9の秘策moto-seさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 第9章 ヨーロッパ主権国家体制の展開 3節 17〜18世紀ヨーロッパの文化と社会
  • カ独立戦争中の政治家、外交官としても活躍。▼・18世紀 後半 産業革命の時代へ2.合理的思考の展開A 経験論17世紀 イギリスに始まり、深められる。経験的(観察と実験)方法によって法則(真理)を導く(帰納法)。b フランシス=ベーコン:1620年『新オルガヌム』 経験論の基礎を築く。ジェームズ1世の側近。 → ホッブス、ロックに継承される。▼B 合理論17世紀 オランダ・フランス・ドイツなど大陸で発達。...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
しゃれこうべさん
  • オイラーの定理の証明に考える from azui
  • k>=1a^φ(p^k)≡1 (mod p^k)上の合同式が成り立つと思います。もう証明されているのかな?もし、成り立つならば、オイラーの定理は証明するのが簡単になるように思うのですが。証明(数学的帰納法)a^φ(p^k) = a^(p^(k-1) * (p-1) )= (a^(p-1))^(p^(k-1))= ((a^(p-1))^p )^(p^(k-2)) ....a^(p-1) ≡1 (m...
  • アクションゲーム大好き!しゃれこうべさんのプロフィール
みかんさん
  • 『ノヴム・オルガヌム(ベーコン)』(岩波文庫) その7
  • ものへ、最後にやっと最も一般的な公理に上昇するときに、はじめてできるものである。人間の知性には翼ではなく、むしろ跳躍や飛躍を拒むおもりが必要である。 公理を構成するには、今まで使われていたのとは別の「帰納法」の形態が考えだされなければならない。単純枚挙によって進行する今までの帰納法は、曖昧なに結論し、矛盾的判例によって危険にさらされており、そして大多数は正当な数より少ないものによって、しかも手許にあるも...
  • 〜何か書く〜みかんさんのプロフィール
チャーリーさん
  • 演繹的推論「EK47」問題。IQ 124〜125相当。
  • 、「100点をとったらプレゼントをあげる」とは「100点をとらなきゃプレゼントはあげない」という意味ではない。100点はとれなかったが、頑張ったからプレゼントをあげてもいい。Dはそのまま。演繹法に対し帰納法というのもある。ちなみに私は論理包含以外浮かばなかったので「答えは“E7”だから“Am”に帰結するよね」と帰納法で回答した(笑)。チャーリー(@)JAPAN MENSA会員AEAJアロマテラピー検定1...
  • チャーリーのブログチャーリーさんのプロフィール
みかんさん
  • 『ノヴム・オルガヌム(ベーコン)』(岩波文庫) その5
  • る。不充分には補充が、欺瞞には訂正がなされねばならない。 第二には、概念が感覚の印象から不正に抽象され、不明瞭で混乱もしている。本来は、限界というのは明確で正しく定められるべきものである。 第三には、帰納法が正しくない。単純枚挙によって諸学の原理を勝手に結論し、当然なすべき排除や分解を援用していない。 最後には、最初に一般的な原理が勝手に構成され、次に中間の公理がそれに合わせられ、そして検証されるという...
  • 〜何か書く〜みかんさんのプロフィール
みかんさん
  • 『ノヴム・オルガヌム(ベーコン)』(岩波文庫) その4
  • 性を捕らえ深く根を下ろす「イドラ(幻影、虚想)」は、真理への道に対して大きな障害となる。「イドラ」は便宜上、「種族のイドラ」「洞窟のイドラ」「市場のイドラ」「劇場のイドラ」の4種類に分けられる。正しい帰納法はイドラを遠ざけ、取り除くのに役立つ。またイドラを指摘することも大いに有用である。 「種族のイドラ」は、人間という種族のうちに根ざしている。感覚器官も精神も、結局は宇宙(事物、自然)の側から見た尺度で...
  • 〜何か書く〜みかんさんのプロフィール
みかんさん
  • 『ノヴム・オルガヌム(ベーコン)』(岩波文庫) その3
  • 中間的公理にも適用できない。 推論式は命題から、命題は言葉から成り立つ。言葉は概念の印であるので、もしも概念が混乱していたら、その上に建てられるものに強固さなど存在しない。したがって、希望は(真の)「帰納法」のうちにある。 論理学的概念にも自然学的概念にも何ら確かなものはない。すべて空想的で、悪しく定義されている。 「人」「鳩」のような最低種の概念、「寒」「熱」のような感官の直接的な知覚の概念は、甚だし...
  • 〜何か書く〜みかんさんのプロフィール
みかんさん
  • 『ノヴム・オルガヌム(ベーコン)』(岩波文庫) その2
  • 蓋然的な理由でなく実地への印と指標を見いだすことである。つまり我々の目的は、論敵を打ち負かすこととは全く異なるということになる。 通常の論理学はほとんど全精力が、推論式を廻って費やされる。その一方で、帰納法についてはほとんど真剣に考えていない。我々は推論式による論証を退ける。しかも、原理に関してだけでなく、中間的命題に関してもである。事物の本性に対してはどこでも、低次の命題でも高次の命題でも帰納法を用い...
  • 〜何か書く〜みかんさんのプロフィール
大円の窓さん
  • 読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 17
  • 最大案(公算五分五分、一か八か) ・ 成功可能性最大案(期待値最大案) ・ 失敗可能性最小案(最大安全値案) ・ 損害最小案(最小後悔値案)・ 戦争における思考方法は二つあると言われている ・ 演繹的帰納法(科学的思考法) ・ 連想・直覚的思考法・ どちらの思考法であろうが、絶対に理解しておかねばならないことがある ・ 「状況の四分の三は霧の中」クラウゼヴィッツ・ 次のことを肝に命じなければならない ・...
  • 大円の窓大円の窓さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

帰納法について