鷲田清一

鷲田清一についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 鷲田清一「京都の平熱 哲学者の都市案内」
  • [鷲田清一] ブログ村キーワード鷲田清一「京都の平熱 哲学者の都市案内」が講談社学術文庫に収録された。しかしよりによってなんで学術文庫なのか不思議だ。内容的には普通に講談社文庫でいいのではないだろうか?あんまり詳しく考えるようなことでもないのかもしれないけど、違和感がある。...・・・続きを読む
  • 目次サーチ モームさんモームさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

鷲田清一を含むブログ記事

とにかく書いておかないとさん
とにかく書いておかないとさん
阿部珈琲館さん
  • 2018年12月07日のつぶやき
  • 01:26 RT @kakuhatayusuke: 鷲田清一さんの折々のことばで『極夜行』の一文が紹介された。短いコラムに本の内容全体がぎゅっと凝縮されている。いとうれし。 https://t.co/0Qe7tXbCOk...
  • 阿部珈琲館な時間阿部珈琲館さんのプロフィール
信濃大門さん
  • 人間とは対義的な現象
  • 8年12月04日 |哲学 前回は対義語の話を書きました。そもそも意識したりそうだと認識すること自体が人間に起こる現象とするならば、人間とは対義語認識存在と言えるではないかと思うわけです。 臨床哲学者の鷲田清一さんは著『<ひと>という現象学』に「思考とは言えないが、よく似た感受性の癖がわたしにはある。あるものを見ると、それとは逆のものを同時にその背後に見てしまうという癖だ。」と、序文に書いています。この序文...
  • 思考の部屋信濃大門さんのプロフィール
鮎と戯れて・・・魚族に感謝さん
  • 第九コンサート、
  • を思い出すのが苦しくて別の記憶にすり替えられることもある。さらに、くり返し整えられ修正され、やがて見事な悲劇に仕立てられもする。記憶とはこのように捏造されやすいものだから、つねに点検が必要なのだ。」(鷲田清一)  鷲田さんの解説は身に沁みますね。自分のことを振り返ってみても、記憶とか思い出というものはついつい美化されるし、都合の悪いことには触れずに、自分に都合のいい方に解釈されやすい危険性をもっているもの...
  • 鮎と戯れて・・・魚族に感謝鮎と戯れて・・・魚族に感謝さんのプロフィール

鷲田清一を含むブログ村メンバー

  •  
愚鈍(こしぬけ仏教徒)さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

鷲田清一について