士農工商

士農工商についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [士農工商] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

士農工商を含むブログ記事

アフターケアのできるファッションコーディネーターさん
  • 身の丈って、どんなタケ??
  • ? そう感じている原因は・・・ ?「身の丈」とは、これからも、相手の能力や地位などが上がっていかないと仮定して、侮蔑していると捉えられてしまっている。 ?「身の丈」の「身」や「分相応」の「分」を、士農工商と同じような『身分』と捉えられてしまっている。 ?「身の丈に合った」ことを、固定したモノや事として、捉えられてしまっている。 ?そもそも、自分にその実力があっても、過小評価したり、遠慮がちになる傾向の...
  • カラー&クリーニング師よるLong Beautyアフターケアのできるファッションコーディネーターさんのプロフィール
kk-abe38さん
MAPPYさん
  • 【68】新版 江戸の暮らし
  • 授・山本博文先生。カバーイラストは、江戸時代を専門に繊細で色気あふれる絵柄で人気の漫画家、紗久楽さわ。・・・AMAZON 内容紹介より 新版らしい内容。江戸時代があったから、今の日本、東京がある。 士農工商の身分順列はウソ。単なる役割でしかない。 政を行うのが武士。その武士に年貢を納めるのが農。基本はこれだけ。江戸の町民は、武士の生活・生活場を支える仕事をしていた。そして、納税義務なし。 ち...
  • Be HAPPY! with MAPPY45MAPPYさんのプロフィール
珍国際さん
  • 二人旅のメイン・テーマ決定!
  • は博士か大臣か!と頑張って居たアルが静岡高校に合格した途端に親父が東京に転勤になりやむを得ず東京の元・女子高という超オンボロ高校に無試験で編入そこから先は、いつも書いて居る通りの転落の屍臭で気がつけば士農工商カメラマンそして小学校の同窓会の幹事が余計な事をしやがって!珍さんの東京での住所を同窓会名簿に載せやがった為にこれまた気がついたらウチのマコ様が同居人になっていたアルメデタシ、メデタシめでたかねぇよ!...
  • 珍国際の隠れ家珍国際さんのプロフィール
gooブレニーさん
風の動物病院さん
  • 実は共通かも
  • ていたことは否めない。それに代わる画期的な手段があるわけではないけれど、利息でお金を儲けるのはよくないこととされているらしい。まあ、決してお金儲けをしてはいけないというわけではないけれど。日本でも昔は士農工商という身分制度があったのはご存じだとは思う。武家社会だったから士が上なのは当然として、ものを作ってお金を稼ぐことは良し、ものを売ってお金を稼ぐことは卑しいとされていて、商が下の層とされていたわけです。...
  • 風の動物病院のブログ風の動物病院さんのプロフィール
にゃんべいさん
  • 読書録 2018年5月20日
  • る部分はありました。特に、興味を引かれたのは、これからの日本を語る上で日本の歴史を知る必要があるとして、日本の歴史の幕開けの大和vs出雲で大和が勝って政権を取ったことや、大化の改新、律令制、江戸時代の士農工商の身分制度といったことを経て今の日本人の考え方や制度が成り立っている、という落合さんの持論。今まで歴史を学んできたけど、そういう見方はしてこなかったな、と、改めて落合さんの知識の深さ&広さを思い知らさ...
  • うつ病サラリーマンのブログにゃんべいさんのプロフィール
gooブレニーさん
gooブレニーさん
ミックさん
  • 石巻市袋谷地を訪ねて
  • 時代をどう捉えるか?これは難しい問題ですが、名誉と正義が優先されたのは武士道に他ならないと認識しております。 一方で、武士は名誉と引き換えに己を律することが求められたとも感じています。 一方で他の職業士農工商の他の三つには敵を討ちたくてもそれが叶わなかった。この当たりは今の思想(?目には目を?万民平等)からかけ離れたもので過去の遺物と言わざるを得ない。そんな時代もあった我が国ですが、見習うべきものも多くご...
  • KR500レプリカの部屋ミックさんのプロフィール

士農工商を含むトラコミュ

士農工商〜と〜血液型ABO
  • 士農工商〜と〜血液型ABO
  • 士農工商(しのうこうしょう)とは、儒教において社会を構成する主要な身分(官吏・百姓・職人・商人)の上下関係を指す概念である。「四民」ともいう。ただし、日本では「...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
穢多
  • 穢多
  • えた(穢多)は、穢れの多いとされた仕事をする職業身分の事を指し、江戸時代には、士農工商に分類されない最下層の身分の人々の事を指していた蔑称。当人たちは自らを「長...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

士農工商を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

士農工商について