ベルリオーズ

ベルリオーズについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ベルリオーズ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ベルリオーズを含むブログ記事

はりねずみのハリー鍼灸院さん
Noriko Graceさん
ゴンチさん
  • 来週のコンサート予定
  • 》 1/26(土)14:00 ティアラ高関 シティベト《プロメテウス》全曲、交6《田園》 1/26(土)18:00 NHKソヒエフ N響リャードフ《バーバ・ヤガー》、グリエールHp協(w/メストレ)、ベルリオーズ《ハロルド》(w/佐々木) 1/27(日)東京文化藤原オペラ/佐藤 東フィル光岡暁恵(ヴィオレッタ)、中井亮一(アルフレード)、上江隼人(ジェルモン)、他ヴェルディ《椿姫》 にほんブログ村...
  • 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
タケさんさん
  • テオドール・グヴィ
  • 、評価されていましたが、亡くなると急速に忘れ去られていきました。 その理由の多くは、ドイツとフランス両方から影響を受けた作風が、どちらからも、理解されなかったことだと、いわれています。 1851年に、ベルリオーズが、新聞紙上で、グヴィとその作品の重要性を訴えましたが、大きな変化は、起こりませんでした。 最後は、ドイツで客死したのも、なにやら因縁めいていますね。 作曲した作品は、90を数え、交響曲、室内楽、ピア...
  • タケさんのブログタケさんさんのプロフィール
SLANさん
  • 幻想スコア
  • 』のリニューアルです。スコアはひとまわり大きなA5判サイズになって新しくきれいで見やすくなりました。> ブライトコプフ社の作品集を底本として、パリ国立図書館蔵の自筆スコアをはじめ、仏ウジェル社版、またベルリオーズ新全集版など豊富な資料を駆使して丁寧に制作しています。詳細な制作ノートつき。スコア中の用語、作曲者の説明や指示はフランス語を基本として記し、その日本語訳を掲載しています。> ベルリオーズの著作『近代の...
  • はじまりはいつもA線SLANさんのプロフィール
setopianoさん
  • 2019年最初の講座は『今年アニバーサリーの作曲家』
  • 家に転身、クララは夫の作品も次々に演奏していきました。☆その下は、スッペ。オペレッタを数多く作曲。代表作は「詩人と農夫」「軽騎兵」など。『ウィーンオペレッタの父』とも呼ばれています。☆下から4番めは、ベルリオーズ。代表曲『幻想交響曲』など、楽器編成の拡張や、色彩的な管弦楽法によって、フランスのロマン派音楽の動向を先取りした作曲家。☆その下は、ゴッドシャルク(またはゴットシャーク)アメリカ人です。ゲーラ先生のお...
  • せとピアノ教室 一人ひとりの力を伸ばすレッスンsetopianoさんのプロフィール
SLANさん
  • 我ながら予想外(^^; 奏交響楽団に入団
  • なりたい」って人にはオケは勧めません(^^;それはともかく。当面の目標は、8月25日(日)ティアラこうとう大ホールでの第十回定期演奏会。・ワーグナー ターンホイザー(序曲)・ウェーバー 舞踏への誘い・ベルリオーズ 幻想交響曲です。ちなみに、サントリーホールでお世話になった江東フィルも、7月21日(日)同じホールで幻想交響曲です。聴きに行かねば。...
  • はじまりはいつもA線SLANさんのプロフィール
MUUSANさん
  • 革命的保守派だったベルリオーズ♪ハンガリー行進曲
  • っとも、1936年出版なわけで、ここで取り上げられている『最新』の作曲家は、ストラヴィンスキーやシェーンベルクといった人たちまで。ショスタコ―ヴィチなどは出てこない。  祝!(?)没後150年 今年はベルリオーズ(Hector Berlioz 1803-69 フランス)の没後150年の年である。 そこで、ベッカーがベルリオーズについて書いてある箇所の一部を紹介しよう。  ベルリオーズは革命的な作曲家であった。...
  • 新・読後充実度 84ppm のお話MUUSANさんのプロフィール
fm-woodstockさん
  • NL PHILIPS 9500 106 レイモンド・レッパード イギリス室内管弦楽団 グリーグ「ペール・ギュント」
  • ルトのスペシャリストとして知られていたサー・コリン・デイヴィスが、近年ではベートーヴェンからブルックナーに至るドイツ音楽のメイン・ストリームを振る巨匠という扱いにいつしか成っていた。デイヴィスといえばベルリオーズの権威者である。だが、本人はそういわれるのを好まない。「だいたいね、ベルリオーズをエキセントリックでグロテスクなロマン派の化け物だといった、何か特別扱いする人が多すぎて困るよ。ベルリオーズは他の作曲家...
  • 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコードfm-woodstockさんのプロフィール
SACDラボさん

ベルリオーズを含むトラコミュ

ベルリオーズの音楽
  • ベルリオーズの音楽
  • ベルリオーズの音楽に関するトラックバックをお願いします。
  • トラックバック数:34 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:クラシックブログ
フランスのオペラを〜
  • フランスのオペラを〜
  • ドイツ系、イタリア系のオペラの陰に隠れて、あまり注目されないフランス系オペラについて語りましょう〜ベルリオーズ、グノー、ビゼー、マスネなど、素敵なオペラの魅力を...
  • トラックバック数:93 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:クラシックブログ

ベルリオーズを含むブログ村メンバー

  •  
ぷるめりあさん
  • OH MY CAT!!ぷるめりあさんのプロフィール
  • スコティッシュ2匹が暮らす家にノルウェージャンフォレストキャットの子猫がやってきた!

にほんブログ村

>

キーワード

>

ベルリオーズについて