十牛図

十牛図についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [十牛図] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

十牛図を含むブログ記事

COROEさん
  • 十牛図とオポノポノのおはなし。【今季洋の解体新書】
  • 星術やタロットを使った占い鑑定リーディング・西洋占星術講座やタロット講座・ぬり絵ワークの作成・そして電子図書の出版などをしています。ブログトップ記事一覧画像一覧今週の占星術メッセ・・・ »十牛図とオポノポノのおはなし。【今季洋の解体新書】2017年09月29日(金) 10時35分01秒NEW !テーマ:ブログ公式ハッシュタグランキング:位いつか、オポノポノのことつについて、ブログに書きますと...
  • ♪COROE遠藤洋子のお絵描き講座COROEさんのプロフィール
Mayuさん
  • 十牛図でセルフコーチング
  • でも清く優しく美しくありたい女性の皆さまを応援いたしますブログ画像一覧を見るこのブログの読者になる(チェック)記事一覧 |【残2名様】魅力開・・・ »2017-09-27 19:49:57十牛図でセルフコーチングテーマ:魅力開花ヨガ公式ハッシュタグランキング:位皆さまこんばんは魅力開花ヨガおおのまゆです禅の悟りへの道を描いた十牛図をセルフコーチングに使う方法を西川眞知子先生から教えていただき...
  • 鎌倉古民家ヨガサロンAyurBeautyYogaMayuさんのプロフィール
サラリーマン禅者さん
  • 宇宙本来の姿に戻ればいい
  • 想)(65)禅・坐禅(58)悟り(53)宇宙(45)坐禅へのヒント(42)仏道・仏教(42)公案(28)心・仏心(23)読書感想・案内(19)孔子、キリスト他(16)スピ系&禅(13)只管打坐(12)十牛図(11)統一体・ワンネス(11)先端科学と禅(11)身心脱落(10)真向法・ヨガ(8)ティク・ナット・ハン(7)クリシュナムルティ(4)ライフログ無門関 (岩波文庫)鈴木大拙・禅選集〈第4巻〉金剛経の...
  • 禅者の世界観サラリーマン禅者さんのプロフィール
naitoukonanさん
  • ヨグマタ相川圭子のTV番組
  • のTV番組をちらりと見ました。彼女はもともとハタ・ヨーガのインストラクターだったのですね。パイロット・ババジがマスターだそうだが、パイロット・ババジの悟境は如何に。インドでマスターしているといっても、十牛図の第三図程度のマスターが多いそうだから。彼女の講演の一部が放送されていたが、すべては光だとかピースフル系の教説でしたね。彼女の本は2冊くらい読んだことがあるが、あまりピンとは来なかったことを覚えている...
  • アヴァンギャルド精神世界naitoukonanさんのプロフィール
COROEさん
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。09/24〜
  • マブログ ( 1914 )星のつぶやき。 ( 6 )東京星図カフェ鑑定 ( 1 )タロット・アートセラピー ( 1 )占星術についての考察。 ( 5 )タロット。 ( 6 )スピリチュアル ( 8 )十牛図 ( 2 )神話。 ( 3 )心に響いたこと。 ( 4 )さまざまな考察。 ( 12 )いろいろなつぶやき。 ( 7 )日々の暮らし。 ( 2 )東京星図めぐり ( 23 )タロットお絵描き講座 (...
  • ♪COROE遠藤洋子のお絵描き講座COROEさんのプロフィール
房総坐禅道場さん
  • 禅修行の階梯を考える(2)「禅と茶の集い」便り(171)
  • 充実した内容となりました。 まずは1柱香(45分)の坐禅(座禅・静坐)からスタートです。午後7時からは、前回の資料に校正と追加を加えられた補足版と、「宗教の中核自己の概念図」および「十二合掌、六種拳、十牛図」などの図解資料も別途配布されて、講義スタートです。 本日は講義時間が拡大された第一回目ということもあり太田先生の熱弁もより熱がこもり、受講者の理解が追いつくのがやっとという一幕もありました。途中、休...
  • 人間禅房総坐禅道場房総坐禅道場さんのプロフィール
サラリーマン禅者さん
  • 身心脱落してくると
  • 想)(65)禅・坐禅(58)悟り(53)宇宙(45)坐禅へのヒント(42)仏道・仏教(42)公案(28)心・仏心(23)読書感想・案内(19)孔子、キリスト他(16)スピ系&禅(13)只管打坐(12)十牛図(11)統一体・ワンネス(11)先端科学と禅(11)身心脱落(10)真向法・ヨガ(8)ティク・ナット・ハン(7)クリシュナムルティ(4)ライフログ無門関 (岩波文庫)鈴木大拙・禅選集〈第4巻〉金剛経の...
  • 禅者の世界観サラリーマン禅者さんのプロフィール
サラリーマン禅者さん
  • 宝蔵が開く
  • 想)(64)禅・坐禅(57)悟り(53)宇宙(44)仏道・仏教(42)坐禅へのヒント(41)公案(28)心・仏心(23)読書感想・案内(19)孔子、キリスト他(16)スピ系&禅(13)只管打坐(12)十牛図(11)統一体・ワンネス(11)先端科学と禅(11)身心脱落(9)真向法・ヨガ(8)ティク・ナット・ハン(7)クリシュナムルティ(4)ライフログ無門関 (岩波文庫)鈴木大拙・禅選集〈第4巻〉金剛経の禅...
  • 禅者の世界観サラリーマン禅者さんのプロフィール
サラリーマン禅者さん
  • 悟りが消える時
  • 想)(64)禅・坐禅(57)悟り(53)宇宙(44)仏道・仏教(42)坐禅へのヒント(41)公案(28)心・仏心(23)読書感想・案内(19)孔子、キリスト他(16)スピ系&禅(13)只管打坐(12)十牛図(11)統一体・ワンネス(11)先端科学と禅(11)身心脱落(9)真向法・ヨガ(8)ティク・ナット・ハン(7)クリシュナムルティ(4)ライフログ無門関 (岩波文庫)鈴木大拙・禅選集〈第4巻〉金剛経の禅...
  • 禅者の世界観サラリーマン禅者さんのプロフィール
サラダ坊主さん
  • Cahier(高野山・空海・虚構性・他者の「無答責」)
  • という意味ではない。禅宗でも浄土宗でも、悟りを開いた人間は再び俗塵に塗れて、衆生の為に働くべきであるという意味の教えが重んじられている。例えば、中国の臨済宗の禅僧が発案したという、悟りの階梯を描いた「十牛図」の掉尾は、修行を積んで解脱を果たした僧侶が、再び市井の暮らしの中に立ち戻って衆生の救済に邁進する姿で飾られている。だが、それは市井の凡人が俗塵に塗れて暮らすのとは全く意味合いの異なる境涯である。 宗...
  • サラダ坊主日記サラダ坊主さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

十牛図について