十牛図

十牛図についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [十牛図] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

十牛図を含むブログ記事

naitoukonanさん
  • 鼓腹撃壌
  • 擁護、私権保護花盛りの時代に、『すべての人々は平等ではない』などというと右からも左からも袋叩きに会いやすいが、万人が神を知る時代とは、そういうものだと思う。彼は彼らしく生き、彼女は彼女らしくとは、禅の十牛図では、大悟以降に起きるものであって、大悟以前の人のファッションとか、かっこつけとか、表面的なロハス、ライフ・スタイルの話ではない。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!...
  • アヴァンギャルド精神世界naitoukonanさんのプロフィール
新体道人さん
  • たぶん仕事が一番厳しい「行」でしょう(3月15日投稿に加筆修正)
  • アと、修行が進んでいる人の違いは意外とわかりづらいものです。ですが、マニアの抱く期待とは全く違って、現実世界は「仕事が最大の行」です。 修行の進んでいる人は、ここを理解しています。禅の修行の段階を示す十牛図があります。この図では社会との繋がりを示す「入鄽垂手 にってんすいしゅ」が最後に来ています。これを見て、マニアは修行が完成してから社会に出る。と勘違いします。ですが社会へは、今出なければならないと天真...
  • 新体道人新体道人さんのプロフィール
takuさん
  • 既知と無知と未知。
  • て、その魔法の世界はハリボテのようなものだったと明らかになってきて、故郷がいちばん良いってことに気づいて、あれやこれやがあってなんとか戻ってくる。と言った感じの話ですよねぇ。また、悟りの世界では有名な十牛図と呼ばれる悟りの階梯を表す図っていうのがあります。これもね。最初は幻の牛を探し求め、それをめでたく発見するわけですが、いつしかその牛は消え去り、全てが消え去った後、元の世界に戻ってくる。なーんてことが...
  • Life is like children playing house.takuさんのプロフィール
naitoukonanさん
  • カルマ・ヨーガの老子−1
  • 老子の悟境は、只管打坐によるものだとみていたが、もう一つ柱があって、老子の「名」とはカルマ・ヨーガであるというもの。至福千年での人間の生きざまが神を知りながら日常を生きるということであるが、それは禅の十牛図では、第十図入鄽垂手(にってんすいしゅ)となる。老子第9章持而盈之。『一杯にしてこれを持つのはやめた方がいい。金属を鍛練してそれを鋭くすると必ず折れるから長く保つことはできない。金銀珠玉というような宝...
  • アヴァンギャルド精神世界naitoukonanさんのプロフィール
maichiyamaさん
  • 非公式プロフィール
  • は鉄子実は英国王室の発音の英語が話せるスマホの電源がすぐに5%くらいになる実はヒーラーたくさんの種類のヒーリングができる大学に3回行っている大学は無宗教、キリスト教、仏教で一般教養で様々な宗教を学び、十牛図が読める実は本を出している相当な美食家買い物することにあまり興味がない一人でボーっとすることが好き三茶や下北沢が実は好き1日に3回はカフェに行く隠れ家が好き最後に大学を卒業したのが46歳毎年最低5つ資...
  • 富裕層センスmaichiyamaさんのプロフィール
namiさん
  • 師がいる幸福。
  • りの境地まで行かれたんだろうと感じます。10年前のもうひとつの瞑想本「瞑想ヨーガ入門」の中で、瞑想を深めていって地図を見失った精神状態にしばらく置かれたことを書いています。悟りの10段階を描いた禅の「十牛図」は綿本門下で重要な書ですが、暴れる自分の心を収めた後日常の中に帰っていくように、お師匠もあちらに行ったままではなく、それを経験して戻ってくる決心をしたんだなと。なんだか観音の姿勢のようですが、観音は...
  • Okishanti 沖縄、ヨーガ。namiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

十牛図について