映画作家

映画作家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [映画作家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

映画作家を含むブログ記事

yoseiさん
  • 1465賭博師ボブ(ジャン=ピエール・メルヴィル監督)「Bob Le Flambeur」
  • 、メルヴィル研究には欠かせない映画である。個人的に大好きな監督で、55歳という若さで亡くなり、作品数が少なかったのは残念だが、犯罪の世界に生きる男たちを描き、その影響はフランスだけにとどまらず、多くの映画作家たちに影響を与えている。出来れば1947年〜62年までの監督作7作の安価なDVDを発売してほしい。(特に、「海の沈黙;47」「恐るべき子供たち;50」「この手紙を読むときは;53」「マンハッタンの二人...
  • 映画はみんな面白い!!yoseiさんのプロフィール
acaluliaさん
  • 安倍政権の熱狂なきファシズムで、民主的価値が呼び覚まされようとしている(by 想田和弘・朝日新聞)
  • 領の誕生以来、レジスト=抵抗がデモクラシー派の合言葉になっている。民主制を踏みにじる政治家の出現で、かえって民主的価値が呼び覚まされようとしている。私たちの抵抗運動は、これからが本番だと思っている。(映画作家)  ◆想田さんと、作家の小野正嗣さん、国際政治学者の酒井啓子さんが交代で執筆。月に一度、掲載します。この記事に転載>政治>政界と政治活動>政界小池百合子、前原誠司の失脚の裏に米国政府 在米日本大使館...
  • acaluliaacaluliaさんのプロフィール
アツシさん
  • メデジン国際映画祭で富田克也監督作「バンコクナイツ」「サウダーヂ」上映
  • 手段富田監督と小山内プロデューサーとはメデジン散策したり、一緒にアフターパーティ行ったり最高の時間を共有させてもらいました。大手のスポンサーがついたらついたらで内容に縛りが出てくるから独立(空族という映画作家集団)で、表現したいものを表現しようとする監督のプロ精神は純粋にかっこよかったです。そのため監督は数年前までは平日はトラックの運ちゃんで資金を貯め、休日は映画作家として活動されていたとか。映画は映画館...
  • コロンビアに夢中アツシさんのプロフィール
ゆきがめさん
  • 【TIFF2017】「ビオスコープおじさん」(アジアの未来部門)優しい嘘は必要な嘘なんです。
  • 人ラフマトが現れる。彼は幼い日々にミニーがお気に入りだった巡回ビオスコープ(のぞきからくり)屋のおじさんだった。インドとアフガニスタンをつなぐ愛と映画の物語。というお話です。フランスでドキュメンタリー映画作家として成功したミニーは、父親の死の知らせでインドへ戻る。父親が乗ったカブール行きの飛行機が事故にあったのだ。ずっと疎遠だった写真家の父の家に行くと、アルツハイマーを患うアフガニスタン人の老人ラフマトが...
  • ゆきがめのしねま&試写と劇場に行こっ!ゆきがめさんのプロフィール
ebisenさん
  • 大林宣彦監督、がん余命宣告受けるも新作準備…現在は「余命は未定」
  • だ。  大林監督は、戦中・戦後を生き抜いてきたからこそ、自由の尊さを感じることがあるようで「わたしはこれまで、アマチュアとして弱者の立場で映画を作ってきました。 だから自分を“映画監督”ではなく“映画作家”と言ってるんです。自分が信じる映画くらいは自由に作らせてほしいと思いますね」ときっぱり。 今後も作りたいように映画を作ることを誓った。  この日はほかに主演の窪塚俊介、共演の常盤貴子、長塚圭史、...
  • まとめる@うぇぶんちebisenさんのプロフィール
jackliverさん
  • 大林宣彦監督、がん余命宣告受けるも新作準備…現在は「余命は未定」
  • 。  大林監督は、戦中・戦後を生き抜いてきたからこそ、自由の尊さを感じることがあるようで「わたしはこれまで、アマチュアとして弱者の立場で映画を作ってきました。 だから自分を“映画監督”ではなく“映画作家”と言ってるんです。自分が信じる映画くらいは自由に作らせてほしいと思いますね」ときっぱり。 今後も作りたいように映画を作ることを誓った。  この日はほかに主演の窪塚俊介、共演の常盤貴子、長塚圭史...
  • シネマ速報jackliverさんのプロフィール
ノリさん
  • ジャン・ルノワール自伝
  • 画に感動する場合に、人はそれが絵のモデルにそっくりだから感動するのではなかろう。それは、文学作品を映画化した場合に「原作に忠実でない」からといって批判するのが馬鹿げた話であるのと同じである。?ジャンは映画作家としての自分を「産婆」みたいなものだと語っている。それはモデル (ルノワールの場合は一人の人間としての役者であり原作ではない) の中に存在するが潜在的な状態に留まっているものを「輝かしくも見事な瞬間」...
  • ノリの悪い日記ノリさんのプロフィール
スタジオゆんふぁさん
俵屋年彦さん
  • 札幌国際短編映画祭ナショナルプログラム
  • を受賞しました。思春期の女の子たちのエネルギーと閉塞感が良く表現されています。猥雑でパワフルです。 新谷 寛行監督・脚本の「ジョニーの休日」は、最優秀脚本賞を受賞しました。本当に見事な脚本でした。若手映画作家の発掘と育成を目的とする文化庁委託事業「若手映画作家育成プロジェクトとして2016年度に製作された作品です。 スペシャル・メンションを受賞した村岡由梨監督の「スキゾフレニア」は、16ミリフイルムで撮影...
  • たわらやっと俵屋年彦さんのプロフィール
加藤文太朗さん
  • シカゴ国際映画祭2017 受賞結果!
  • スティーヴ・マックイーンの『ハンガー』、『ル・アーヴルの靴みがき』、『ホーリー・モーターズ』、『独裁者と小さな孫』、『シエラネバダ』など、作家性の強い作品、および、その後、世界的に注目されることになる映画作家の初期の作品が選ばれています。 本年度の受賞結果は、以下の通り。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 【インターナショナル長編コンペティション部門】(Internation...
  • 海から始まる!?加藤文太朗さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

映画作家について