大和朝廷

大和朝廷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大和朝廷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大和朝廷を含むブログ記事

ht-taishi.mさん
  • 【歴史2】年表暗記のすすめ〜重要事項のチェックテスト
  • )が、都を(25)に移す ← 日本で最初の本格的な都701年 → 律令政治が始まる(26) … 唐の律令にならい、刑部親王、藤原不比等によって完成する708年(27)がつくられる3 解答1 大和政権(大和朝廷、ヤマト政権) 2 大王(おおきみ) 3 氏姓(しせい) 4 大仙(山) 5 稲荷山 6 埴輪(はにわ) 7 渡来人 8 儒 9 百済10 仏11 聖徳太子(厩戸王) 12 摂政 13 冠位十二階 1...
  • 千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”ht-taishi.mさんのプロフィール
このゆびと〜まれ!さん
  • 日本の「円の思想」が、世界を救う?
  • いっても笑顔ですね。もちろん、全員がそうとはいいません。それでも、全体的にみると、ポジティブなエネルギーが満ちています。▼円の思想と神道さて、「円の思想」は、その後「神道」に進化していったそうです。<大和朝廷のもとで、「円の思想」は神道へと発展する。極めて古い時代に生まれたこの神道的発想は、今でも日本人の思考の底に受け継がれていると考えてよい。日本人は近年まで、自然の豊かな山や原野、海、川などには神様が住...
  • このゆびと�・まれ!このゆびと〜まれ!さんのプロフィール
古田史学会インターネット事務局横田さん
  • 第1750話 2018/09/15
  • した。谷本さんの理詰めの説明は確かに反論しにくく、古田説の方が良いと考えるわたしとしては困っています。 正木さんからは11月の八王子セミナーで発表されるテーマ等についての報告がありました。九州王朝から大和朝廷への王朝交代の概要が示されたもので、九州王朝説から見た「大化改新詔(公地公民・皇太子奏請)」研究において参考になるものでした。 なお、発表者はレジュメを40部作成されるようお願いします。また、発表希望...
  • 古賀達也の洛中洛外日記古田史学会インターネット事務局横田さんのプロフィール
Gouさん
  • 志貴県主神社(藤井寺市) ・国府遺跡の側に鎮座する河内国総社
  • 分と八尾市・柏原市の一部からなるエリアを指し、明治時代まで「志紀郡(しきぐん)」として存在していました(奈良県(大和国)にも磯城郡(しきぐん)があります)。また、「県主」とは、律令制が導入される以前の大和朝廷の職種・姓(かばね)の一つで、朝廷が直轄する地方行政区分の一つ「県(あがた)」を治めていました。前出の縁起によると「大和時代の初期の頃、柏原付近から南の道明寺付近にかけての肥沃な水田地帯は、大和朝廷の...
  • ちょっと気になる!〜大阪発史跡旅〜Gouさんのプロフィール
おおばねっとさん
  • ノンちゃんとめぐる山の辺の道再発見
  • おおばねっとの過去の記事を再編集したものです。 ぼちぼちアップしていきます! 今回で、山の辺の道、ラストです。   ラストは石上 (いそのかみ) 神宮でしめくくり! 石上 (いそのかみ) 神宮は大和朝廷の武器庫だったといわれ、祭神は布都御魂大神 (ふつのみたまのおおかみ)とのことです。 内山永久寺跡から石上神宮へ 美しい池の横をとおって 石上神宮拝殿 石上神宮楼門 楼門向かいにある国宝の出雲建雄神...
  • おおばねっとブログおおばねっとさんのプロフィール
なおじいさん
  • 次期天皇」訪問に関心=皇太子さま動静を詳報−仏メディア
  • 子さまについて、来年5月に皇位を継承することが決まった「次期天皇陛下」(フィガロ紙)として、各地での動静や人柄などを詳しく報道している。 12日付のフィガロ紙は、皇太子さまを「世界で最も長い歴史を誇る大和朝廷の継承者」と表現し、水問題に関心を持っていることや、普段の質素な生活ぶりなどを紹介。療養が続く雅子さまの現状や、皇位継承と女性天皇をめぐる日本国内の議論についても取り上げた。 11日付のラ・ドフィネ紙...
  • なおじいなおじいさんのプロフィール
yu asadaさん
  • 陰陽 黒と白? 白鳥は生霊、黒鳥(八咫烏)は死霊?
  • がわせる。神武天皇以前に物部氏の祖神・ニギハヤヒが天下っていたという話もあり、神武天皇以前物部王朝があったとする説もある。おそらく畿内には神武天皇以前に物部王朝があったのだろう。それが邪馬台国であり、大和朝廷の前身だと思う。タラシ王朝は物部王朝だと思う。神功皇后は物部王朝の女性であり、あとから畿内にやってきた天皇家の男性と結婚して子供を産んだのだろう。そして、その天皇家の男の血をひく子供が、物部王朝の王と...
  • 旅 free styleyu asadaさんのプロフィール
ココさん
  • 失われたメシアの神殿 ピラミッドの謎(1)
  • 、別動隊はアッシリア帝国滅亡末期にスキタイと合流して騎馬民族となり、その一部が朝鮮半島を経て日本に進入してきた。籠神社の極秘伝によれば、実際に渡来してきたのは応神天皇で、邪馬台国の王家に入り婿する形で大和朝廷が誕生した。つまり、天皇家は失われたイスラエル10支族なのである。*当時の日本は西の邪馬台国と東の狗奴国に分かれていたが、騎馬民族として渡来してきた失われたイスラエル10支族が東西を統一し、大和朝廷を...
  • 気ままブログ ココの部屋 なんちゃってアセンションココさんのプロフィール
五頭山さん
  • 「オーブ」の写真 80
  •  802018年09月12日 |「オーブ」の写真2016年12月23日、パワースポットでもある 長岡市寺泊野積にある 「妻戸神社」に行きました。ここは弥彦神社の摂社で、弥彦大神のお妃様を祀っています。大和朝廷から越後国開拓の勅命を受けた弥彦大神の一団は、この穂積の海岸から上陸したそうです。ここ、妻戸神社。「長岡市 妻戸神社」などで検索すると色々なHPや地図などが閲覧できます。多くの人たちに関心を持たれてい...
  • 阿賀野市ブログ応援隊五頭山さんのプロフィール
節電対策で頑張るおじさん!!さん

大和朝廷を含むトラコミュ

大和朝廷国内統一
  • 大和朝廷国内統一
  • 350年:大和朝廷国内統一 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ
葛城の道を當麻寺へ
  • 葛城の道を當麻寺へ
  • 飛鳥や大和三山を望む葛城山裾の花いっぱいの古道歩きの記録。この古道は、葛城、當麻、笛吹などの豪族大和朝廷と交流した歴史の道なのです。
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:アウトドアブログ
葛城の道
  • 葛城の道
  • 吉野・飛鳥を望む金剛・葛城の山裾の神さびた古道歩きの記録。この古道は、葛城一族が大和朝廷と交流した痕跡のある歴史の道なのです。
  • トラックバック数:0 TB参加メンバー数:0人カテゴリー:アウトドアブログ

大和朝廷を含むブログ村メンバー

  •  
Legさん
高田康利さん
うみのはかたさん
hinafkinnさん
晴樹さん

大和朝廷を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • る」に投票したいところです。九州の邪馬台国が大和に移り、しばらく邪馬台国として年月を送ったのち、大和朝廷になったと考えています。へそまがりで、どうもすいません。

にほんブログ村

>

キーワード

>

大和朝廷について