大和朝廷

大和朝廷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大和朝廷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大和朝廷を含むブログ記事

Dr.朝比奈さん
  • スーパーでデフレを実感
  • 「これでも麻生達にやらせるの?」 来週は日曜日に福岡でセミナーをやり、 夕方終わってから飯塚市というところのホテルに泊まり、 翌日原倭国のエリアである飯塚市、 また、大和朝廷の原型が成立した隣の田川市、 さらに、原倭国が [...]...
  • Dr.朝比奈の神通力な日々Dr.朝比奈さんのプロフィール
夢子さん
  • 『神道のこころ』を読んで
  • うです。「日本の神さまは人間と同じだから、お喜びにもなるし、お悲しみにもなるし、お怒りにもなる。食事も召し上がるから神饌をお供えしている。」とのことでした。また、神さまについて興味深かったのは、かつて大和朝廷が、ほかの氏族を滅ぼすことをせず、自分たちの宗教を押し付けることもせずに、それぞれの氏族の神さまを全部朝廷に持ってきたというお話です。大和朝廷は、それぞれの神さまを天皇がお祀りいたしましょうというやり...
  • 末期ガンでも微笑んで♪ (ステージ4の直腸ガン日記)夢子さんのプロフィール
キキミミさん
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(16)〜廉子〜
  • でしょう。源氏系の有力な二つ(北畠、足利)が距離を置きたがっていたのですから、後醍醐帝の親政基盤は脆弱だったと言えます。さて、護良親王と親房が、どのような文言で後醍醐帝を口説いたのかは分かりませんが、大和朝廷にとっての奥州=蝦夷地は、いつ如何なる時であっても用心を欠かせない最重要拠点です。その為の鎮守府将軍であり、征夷大将軍です。そして、鎮守府将軍に任ぜられたのが足利尊氏であり、征夷大将軍に任ぜられたのが...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
TACKEYさん
  • 日本という国はなく、ここは大和の国である
  • どたくさんの国が存在していた。その中の1つに日之本王朝という国があり、その場所は現在の福島を中心に栃木、群馬、宮城、岩手、山形に跨がる蝦夷民族の国であった。その日之本王朝をだまし討ちの形で滅ぼしたのが大和朝廷であり、最終的には、北海道を除く地域を掌握した王朝である。この大和朝廷は福井を拠点とした白山王朝を中心に、島根、鳥取を拠点とした出雲王朝、大阪府交野市にある星田妙見宮に落ちた隕石により壊滅状態に陥り、...
  • 天下泰平TACKEYさんのプロフィール
ずぼら女さん
  • 日本人の生い立ちから大和朝廷成立(神武天皇即位)までの歴史を整理する。
  • 縄文土器は激減しています。     天皇家のご先祖も日向の住民と共に半島南西部に渡られたはずです。     半島南西部にだけ数十基の前方後円墳が見つかっていることや、     後にこの地にできる百済が大和朝廷(天皇家)と同族としか思えない関係を築いていることから、     ここが高天原だったと考えられます。    *同じく朝鮮半島の北部に移住していた薩摩人や半島南東部に移住していた肥後人と競い合いました。...
  • ズボラ女の芸能・おもしろ情報発信局!ずぼら女さんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(15)〜きな臭い新政〜
  • 点に相応しく若干上位に思われる。が、征夷大将軍を受けたところで、護良親王が消えゆく鎌倉幕府の将軍に就ける筈もなく、この時点では重みがない褒賞と考えられる。鎮守府将軍は、蝦夷と対立していた奈良時代当時の大和朝廷が、最重要拠点とした陸奥に置いた鎮守府に由来する(東国の何処かにあった)。他所には考えられない大軍勢が陸奥へ派遣されていた当時、鎮守府将軍は朝廷内でも最高位にあった者にのみ委ねられた絶対的な勲位だった...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
人力さん
  • 癌細胞は39度で死滅する・・・実践編
  • 居ない・・・。」そう、ご主人が寂しそうに語られていましたが、さすがに昔、漁師に成りたての頃の武勇伝を語られる時には生き生きしてらっしゃいました。1時間程、楽しくお話をさせて頂いて、店を後にします。■ 大和朝廷と繋がりの深い安房地方 ■店を出るとムワァーとした暑さが押し寄せて来ます。一瞬、千倉から電車で帰ろうかと来た道を戻り始めましたが・・・本日の目的を達成する為には心を鬼にして館山方面に向かいます。本日の...
  • 人力でGO人力さんのプロフィール
虚無僧一路さん
  • 草薙の剣とは?驚きの真実
  • での扱いはわずかです。この継体天皇とその子(母は尾張氏)28代宣化天皇の即位の時に、三種の神器として剣が奉じられたことが日本書記に記載されています。尾張氏が差し出した剣でしょう。「尾張(おわり)」とは大和朝廷の勢力範囲の終焉部、まさに「終わり」を支配するの意ではなかったか。また「ヤマタのオロチの尾の張った所を切ったら剣が出てきた」にも通じのかも。さて、その後も大化の改新やらなにやらで政権は目まぐるしく変わ...
  • 一路の虚無僧日記虚無僧一路さんのプロフィール
庭と花の物語*西原村さん
  • 歴史カフェ開きます     西原村に来ませんか
  • 被災地西原村に活気を取り戻す熊本の歴史や文化に目を向ける」講師「地図を楽しむ古代史の謎」のブログを開いているtizudesiruさん「万葉集を読む会」主催著書「大宰府・宝満・沖ノ島祭祀線から読む古代」大和朝廷からだけでは 日本の古代は見えない国が作られていく中で何があったのか 当然戦いがあり 混乱があり 政変に巻き込まれ人々は苦難を乗り越えて今に至っている 熊本に生きた古代人が何をなしてきたのかいかにして...
  • 庭と花の物語*西原村庭と花の物語*西原村さんのプロフィール

大和朝廷を含むトラコミュ

大和朝廷国内統一
  • 大和朝廷国内統一
  • 350年:大和朝廷国内統一 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ
葛城の道を當麻寺へ
  • 葛城の道を當麻寺へ
  • 飛鳥や大和三山を望む葛城山裾の花いっぱいの古道歩きの記録。この古道は、葛城、當麻、笛吹などの豪族大和朝廷と交流した歴史の道なのです。
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:アウトドアブログ
葛城の道
  • 葛城の道
  • 吉野・飛鳥を望む金剛・葛城の山裾の神さびた古道歩きの記録。この古道は、葛城一族が大和朝廷と交流した痕跡のある歴史の道なのです。
  • トラックバック数:0 TB参加メンバー数:0人カテゴリー:アウトドアブログ

大和朝廷を含むブログ村メンバー

  •  
Legさん
高田康利さん
うみのはかたさん
hinafkinnさん
晴樹さん

大和朝廷を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • る」に投票したいところです。九州の邪馬台国が大和に移り、しばらく邪馬台国として年月を送ったのち、大和朝廷になったと考えています。へそまがりで、どうもすいません。

にほんブログ村

>

キーワード

>

大和朝廷について