扁桃体

扁桃体についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [扁桃体] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

扁桃体を含むブログ記事

心理カウンセラー 中坂 裕計さん
神野ゆきえ@大阪FAP療法さん
  • トラウマを知るーその参ー
  • の(会話・場所・人物・活動など)に直面しないこと。回避すればするほど、恐怖は増大していく。恐怖が消えないのでますます回避行動をしなければならなくなる。 また、トラウマ体験によるショックで扁桃体が怒りや恐怖に過剰反応し続けて、感覚がわかりにくいあるいはわからなくなった状態を麻痺という。 感覚に麻痺が生じているため、他者と接触していても相手の感情の機微を読み取ることができなくなり「場の空...
  • すべては無意識とともに神野ゆきえ@大阪FAP療法さんのプロフィール
runさん
  • 5:NHK クローズアップ現代+ 「体臭気にしすぎ!? 相次ぐにおいトラブル」 20171025
  • 調を崩すということは、心理面にも何か影響がある?坂井さん:あくまでも一般論なんですけれども、においに対してポジティブ、ネガティブというようなラベルづけをすると、ネガティブなにおいを嗅いでいると、脳の「扁桃体」と呼ばれる、体をコントロールする脳の場所に情報がたくさん集まってくるんですね。それで例えば心拍が上がったり、手に汗をかいたり、そういう身体症状が出てくることは考えられることです。(そのネガティブポジ...
  • 化学物質過敏症runのブログrunさんのプロフィール
でえバッタさん
  • 子供の脳を変形させる親の行動とは
  • めてみました知らずにやっているマルトリートメントランキング第5位「過干渉」子どもが自己管理できる年齢になっても親がいきすぎた管理をしていると、信用されていないと子どもが思い、危険や恐怖心を感じる脳の“扁桃体”と呼ばれる部分が変形し、大人になった時いつもビクビクした人間になってしまいます心配な時も子供を信頼して任せるようにしましょう第4位「長時間のスマホやタブレット利用」忙しい時や子供に大人しくしてほしい...
  • オカメインコとモモイロインコがいる我が家でえバッタさんのプロフィール
chicさん
  • アロマテラピーとは何か
  • を変化させる力を持っているあるデータによると、香りの刺激が脳に伝わる速さは0.2秒以下体の深部の痛みが脳に伝わる速さは0.9秒以上と言われています。 香りが伝わる脳の部位は、人が快・不快を感じる部分(扁桃体)と非常に近いので、人の気分は香りに左右されます。様々な香りは、例えば、ふと嗅いだ香りで唾液が分泌されたり、昔の記憶がよみがえったり、イライラを忘れたり等、気づかないうちに心身に影響を与えています。 ...
  • CHIC et BOTANIQUEで暮らすchicさんのプロフィール
マインドフルネスたーくんさん
  • マインドフルネスの効果を実感?ストレス軽減や脳の活性化に期待ができる?それとも効果なし??
  • ここからは、あるブログで挙げられていた4つの期待される効果について、それぞれ管理人なりの見解を書かせていただきたいと思います。?集中力の強化前頭前皮質は、脳の最高中枢にあたり、注意力を司る部分ですが、扁桃体が活性化する事で、前頭前皮質に停止シグナルを送り、注意力が散漫になるそうです。そのため、扁桃体を落ち着かせる事が必要ですが、この状態に至るには怒りや不安といった心を乱す感情をコントロールする必要があり...
  • マインドフルネスで引き寄せの日々マインドフルネスたーくんさんのプロフィール
Mr.Asaoさん
  • SNSの恐ろしさ
  • 回で軽減(半減)します。 私の使っている人間関係コーチングは、最新の脳科学の成果と、「現代の魔法」と呼ばれるNLP(神経言語プログラミング)を、土台にして作られたものです。 人間は、脳の真ん中にある「扁桃体」(へんとうたい)で、ストレスや辛い気持ちを感じています。人間関係コーチングは、「脳の神経システム」に働きかけて、ストレスや辛さを軽減できるのです。 初めて体験される方は、人間関係コーチングを申し込ま...
  • Mr.Asaoの不安抑うつ障害と闘う日々の日記Mr.Asaoさんのプロフィール
立花知愛さん
  • 男女の脳の違い
  • り)女性の方が以下の二つが大きいそうです。・高次認識機能の領域である前頭皮質・大脳辺縁皮質の情動に反応する部分男性は以下の二つが大きいとのこと・空間認識に関連する頭頂皮質・感情を刺激する情報に反応する扁桃体ざっくり私見を挟んでまとめると、脳による性差としては女性はアイディアや知識を活かしたり、状況に合わせた判断が得意で、感情に敏感男性は空間の認識が得意、ストレスや恐怖に反応などのリスクマネジメント的なこ...
  • 立花知愛のchiaism立花知愛さんのプロフィール
まろまろんさん
  • 腹式呼吸を取り入れ体内リフレッシュ!【やる気が起きない】
  • 仕事が思うように進まずストレスを感じると、やる気もだんだん落ちてきます。そんなときは、腹式呼吸をしてみるといいでしょう。人間は、不安やストレスを感じると、脳の扁桃体という部分が活発に働いて、交感神経の働きが活発になり、興奮状態になります。その状態で腹式呼吸を行うと、副交感神経が優位になって、末梢部の血管が広がり、血液が回復し、脳がリラックスしてストレスを軽減でき...
  • 恋したっていいじゃないまろまろんさんのプロフィール
toppyさん
  • 記憶力をアップさせるための簡単なテクニックは小言?
  • についても解明されてきているわけです。この記事では、その中でもとても簡単に実践できる記憶力アップのテクニックを紹介します。 どんな時に脳の記憶は定着しやすくなる?脳の中で、感情をつかさどる部位である「扁桃体(へんとうたい)」が働くと、記憶の定着がよくなることが知られています。 これに関しては、こんな理解ができます。 昔、人間がマンモスやイノシシを狩って生きていた頃、つまり狩猟時代を考えてみましょう。あな...
  • 京大卒ビジネスマンが教える やる気が出る集中勉強法toppyさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

扁桃体について