遺言者

遺言者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遺言者] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遺言者を含むブログ記事

やまそうさん
  • 民法改正で遺言書が変わる?自筆証書遺言がより利用しやすい3つのポイント
  • の中間的な性格を持ちます。詳細は下記の表を見て頂けると分かりやすいと思います。近年、代筆やワープロで作成可能な秘密証書遺言を選ぶ人も多くなっています。 自筆証書遺言公正証書遺言秘密証書遺言 作成方法遺言者が全文をすべて自筆で書き、押印する。印鑑が認め印でも可。封入れの必要については規定はない。代筆やワープロ、録音などは不可。本人が公証人に口述し、公証人が筆記する。実印、印鑑証明、身分証明書、相続人など...
  • やまそうの徒然なるままにやまそうさんのプロフィール
REOさん
  • 遺言状を法務局で保管する新制度とは。
  • 書作成件数について 遺言公正証書の件数は概ね右肩上がりで増加しております。自身で書く自筆遺言は、気軽に書ける反面、紛失のリスク・改ざん、隠蔽のリスクというデメリットがあります。また自筆の遺言の場合は、遺言者の死亡後に家庭裁判所にて「遺言書の検認」という手続きを経なければいけませんが上述の制度を利用した場合はこの「遺言書の検認」の手続きを受ける必要がなくなります。これらのデメリットを補う制度をして法務局に...
  • 知識ゼロのしゅんさん。REOさんのプロフィール
巨瀬慧人さん
  • 民法1014条(特定財産に関する遺言の執行)相続法改正
  • 来のルールを維持しています。 特定の財産に限って遺言がなされた場合には、遺言執行者の権利・義務の範囲も、その特定の財産に関するものに限定されます(民法1014条1項)。 ここでいう「特定の財産」とは、遺言者の相続財産の中で、他の部分と識別できるような特定の一部を意味します。 「〇〇の土地」という方法でもいいし、「いろんな財産のうち、土地ぜんぶ」という方法でもいいので、切り分けができればOKです。 で、民...
  • 弁護士巨瀬慧人 雨のち晴れブログ巨瀬慧人さんのプロフィール
辰已法律研究所 出版グループさん
  • 司法書士試験 リアリスティック? 民法?(2016年7月25日刊行) 補訂情報
  • 記事項証明書を添付する方法でもOKです。預貯金であれば、通帳の写しを添付してもOKです。 また、遺言は相続の紛争予防に役立つので、できる限り使いやすいものにしたいことも改正理由です。 ただ、この場合、遺言者が目録の毎葉(まいよう)(すべてのページ)に署名して印を押さなければなりません(新民法968条2項後段)。遺言者以外の者が「目録の1ページだけ差し替えてやろう」といった悪いことを考える場合もありますの...
  • 辰已法律研究所 出版ブログ辰已法律研究所 出版グループさんのプロフィール
弁護士パパの子育てノートさん
  • 鉄道博物館がリニューアルされていた
  • 2425262728293031前月次月最新記事鉄道博物館がリニューアルされていた歩道橋下のちょっとした工夫子連れ山登り5 日和田山公正証書遺言書の大きなメリット手書きの遺言書(自筆証書遺言書)? −遺言者の死亡後、必ず行わなければならない手続 (検認)手書きの遺言書(自筆証書遺言書)ー絶対にこれだけは守らなければならない決まり事(ルール)風邪と抗生物質恵比寿様と大黒様 ―キャラがかぶっていないか?ラッ...
  • 弁護士パパの子育てノート弁護士パパの子育てノートさんのプロフィール
相続☆絆道 〜愛の相続劇場〜さん
  • 11月最終日〜遺言公正証書とともに〜
  • 思います。 さて、今日は、一日中、遺言書に関わったお仕事でした。 午前中は、公証人役場にて遺言作成のサポート。証人として立ち合い、 午後からは遺言執行の開始の打ち合わせ。私を遺言執行者に選任いただいた遺言者様が先日お亡くなりになられましてそのご親族のお宅に訪問。 これから遺言執行を開始するにあたり、いろいろご説明をさせていただきました。まず最初に、財産目録を作っったり、相続人に通知したりします。 この案...
  • 相続☆絆道 〜愛の相続劇場〜   相続☆絆道 〜愛の相続劇場〜さんのプロフィール
大塩行政書士法務事務所さん
  • 格安)激安)日本全国OK!)公正証書遺言原案作成サービス!
  • るのが恒例です。それを省けないのか?公証人に認めてもらえない内容であれば、ご本人も納得されるのではないのか?じゃあ、日本全国格安で、原案を作成するサービスを行い、それ以降、つまり、公証役場での対応は、遺言者様に行って頂けばいいんじゃないのか?「これだ」って思いました!行政書士として行いますことは、公証役場に持って行って頂く手前の原案作成のみ。それなら、日本全国対応可能ですし、遺言者様のご希望をそのまま作...
  • 大塩行政書士法務事務所 日常生活のお困りごと対策!大塩行政書士法務事務所さんのプロフィール
巨瀬慧人さん
  • 民法1007条(遺言執行者の任務の開始)相続法改正
  • 意思表示(改正後民法1047条1項2号) ? 財団法人の設立(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律152条2項) ? 信託の設定(信託法3条2号) ? 保険金受取人の変更(保険法44条、73条) 遺言者(被相続人)が亡くなった後、こうした行為をする権限を与えられる存在として、「遺言執行者」が居ます。 とりわけ、財団法人の設立、認知、廃除といった遺言事項の実現は、遺言執行者じゃないとできません。 どう...
  • 弁護士巨瀬慧人 雨のち晴れブログ巨瀬慧人さんのプロフィール
Office TAKUさん
巨瀬慧人さん
  • 民法1000条の削除 相続法改正
  • 法1000条です。 こんな切りのいい数字を与えられた稀有な条文が、まさかの欠番になってしまいます。〔改正前民法〕(第三者の権利の目的である財産の遺贈) ※削除第1000条 遺贈の目的である物又は権利が遺言者の死亡の時において第三者の権利の目的であるときは、受遺者は、遺贈義務者に対しその権利を消滅させるべき旨を請求することができない。 例えば、特定遺贈の客体が、土地だったとします。 この土地に、第三者が用...
  • 弁護士巨瀬慧人 雨のち晴れブログ巨瀬慧人さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

遺言者について