遺言者

遺言者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遺言者] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遺言者を含むブログ記事

松本 雅典さん
  • 2019年度の出題が確定している相続法の改正――自筆証書遺言の要件の緩和
  • き込みで説明しました。遺言の講義が終了してしまっていた講座では,補講がすでに実施されているはずですので,ご安心ください。 現行法新法新民法968条(自筆証書遺言)1 自筆証書によって遺言をするには,遺言者が,その全文,日付及び氏名を自書し,これに印を押さなければならない。民法968条(自筆証書遺言)(同上)2 前項の規定にかかわらず,自筆証書にこれと一体のものとして相続財産(第997条第1項に規定する...
  • 司法書士試験超短期合格法研究ブログ松本 雅典さんのプロフィール
弁護士江木大輔さん
  • 相続法改正(自筆証書遺言の補完制度の新設)
  • り,自筆証書遺言の保管制度が新設されましたが,制度の根拠法は民法ではなく,「法務局における遺言書の保管等に関する法律」(遺言書保管法)という新設された法律によることになります。 遺言書保管法第4条 遺言者は、遺言書保管官に対し、遺言書の保管の申請をすることができる。2 前項の遺言書は、法務省令で定める様式に従って作成した無封のものでなければならない。(以下略)6 遺言者が第一項の申請をするときは、遺言...
  • 弁護士江木大輔のブログ弁護士江木大輔さんのプロフィール
shossyさん
  • メルマガバックナンバー2018年1月
  • 役に立つことは出来るし、何が出来て、何が出来ないのかを知っておくことは、遺言書に限らず必要なことだと思います。私の手元には今、検認手続き待ちの自筆証書遺言があります。この自筆証書遺言書の内容は、生前、遺言者から依頼されて作成し、付言事項に家族への想いを盛り込むことで争いを回避しようとしました。遺言者の配偶者はすでに亡くなっていて、40代から50代の3人の子供がいます。その内の1人、次男にすべての財産を相...
  • ショッシーサロンshossyさんのプロフィール
弁護士江木大輔さん
  • 相続法改正−自筆証書遺言の方式緩和
  • ればならないことになっており,一部でもワープロ打ちしたり他人に代筆してもらったりということがあれば,無効ということになっています。 (自筆証書遺言)民法第968条1項 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 しかし,不動産について遺言する際に正確な地番や建物番号,また預貯金について金融機関名や預金番号などをすべて自書することは,特に高齢...
  • 弁護士江木大輔のブログ弁護士江木大輔さんのプロフィール
pari88さん
  • 突然の余命宣告・・・限られた時間でするべき3つのこと
  • 。1年以上、揉め事が終わらないケースも有り得ます。遺言書さえ作成しておけば、お子さん方にそういった手間をかけることはおよそ無くなります。特に、作成に際し、弁護士等の専門家に関与させれば、ケースに応じて遺言者のニーズにこたえてくれることと思います。是非ご検討ください。近年、『エンディングノート』という死後のことに備えてご自身の希望などを書き残しておくためのノートも販売されています。そこに書き込んだことが法...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
大塩行政書士法務事務所さん
  • 格安)激安)日本全国OK!)公正証書遺言原案作成サービス!
  • るのが恒例です。それを省けないのか?公証人に認めてもらえない内容であれば、ご本人も納得されるのではないのか?じゃあ、日本全国格安で、原案を作成するサービスを行い、それ以降、つまり、公証役場での対応は、遺言者様に行って頂けばいいんじゃないのか?「これだ」って思いました!行政書士として行いますことは、公証役場に持って行って頂く手前の原案作成のみ。それなら、日本全国対応可能ですし、遺言者様のご希望をそのまま作...
  • 大塩行政書士法務事務所 日常生活のお困りごと対策!大塩行政書士法務事務所さんのプロフィール
こんぶ先生さん
  • 司H29[問23](オ) 遺留分減殺請求権
  • 分の一? 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一【1033】贈与は、遺贈を減殺した後でなければ、減殺することができない。【1034】遺贈は、その目的の価額の割合に応じて減殺する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。【1040−?】減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、遺留分権利者にその価額を弁償しなければならない。ただし、譲受人が譲渡...
  • 民法過去問ラボ1問1答こんぶ先生さんのプロフィール
こんぶ先生さん
  • 司H29[問23](エ) 遺留分減殺請求権
  • 分の一? 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一【1033】贈与は、遺贈を減殺した後でなければ、減殺することができない。【1034】遺贈は、その目的の価額の割合に応じて減殺する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。【1040−?】減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、遺留分権利者にその価額を弁償しなければならない。ただし、譲受人が譲渡...
  • 民法過去問ラボ1問1答こんぶ先生さんのプロフィール
こんぶ先生さん
  • 司H29[問23](ウ) 遺留分減殺請求権
  • 分の一? 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一【1033】贈与は、遺贈を減殺した後でなければ、減殺することができない。【1034】遺贈は、その目的の価額の割合に応じて減殺する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。【1040−?】減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、遺留分権利者にその価額を弁償しなければならない。ただし、譲受人が譲渡...
  • 民法過去問ラボ1問1答こんぶ先生さんのプロフィール
こんぶ先生さん
  • 司H29[問23](イ) 遺留分減殺請求権
  • 分の一? 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一【1033】贈与は、遺贈を減殺した後でなければ、減殺することができない。【1034】遺贈は、その目的の価額の割合に応じて減殺する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。【1040−?】減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、遺留分権利者にその価額を弁償しなければならない。ただし、譲受人が譲渡...
  • 民法過去問ラボ1問1答こんぶ先生さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

遺言者について