入母屋

入母屋についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [入母屋] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

入母屋を含むブログ記事

きーらくだまさん
  • 平成29年4月8日から、野田市郷土博物館
  • 治は野田や流山の醤油醸造家一族とともに、大正6年(1917)の野田醤油株式会社(キッコーマン株式会社の前身)の設立に関わっている。主屋は、木造平屋建瓦葺、寄棟造の家屋で、大正13年(1924)に完成。入母屋造の屋根をのせた車寄せが付く玄関、広間を中心とした接客部や奥の居室から構成されている。庭園に囲まれた純和風の趣きのある邸宅は、大正期の和風住宅の好例で、大変貴重である。茶室は、明治初期のもので、主屋の...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール
熊本の花所さん
  • あさぎり町 黒原山林道の桜(2018年)
  • 代の様式を残しているが、全体の構成から桃山時代と推定される。内部は、外陣と内陣にわかれ外陣は化粧屋根裏、内陣のみは天井を張っている。内陣奥にある仏壇のはめころしの蔀戸の中に禅宗様の細部をもった極彩色の入母屋造りの厨子があり、観音像が安置されている。元来、阿弥陀堂建築は和様で建てるのが正式であるが、この堂は、禅宗様の影響が強い折衷様である。』場 所●地図...
  • 熊本の花所熊本の花所さんのプロフィール
函Gさん
  • 春の旅 18 日本一の茅葺屋根を持つ正法寺(しょうぼうじ)〜岩手県奥州市
  • すよね。さらに渡り廊下で一番上にある開山堂へ。残念ながら建物内部は撮影禁止で、外の風景だけです。一旦外へ出て、法堂を見ましょう。法堂とは住職が説法する道場のことで、朝晩の読経や法要などが営まれる場所。入母屋造りで日本最大級の茅葺屋根で、間口30m、奥行き21m、高さ26mもあります。面積は769平方メートル、233坪。そしてここは伊達家から建物の修復を受けるなど別格な待遇を受けた寺でした。手前が座禅をす...
  • 函館発 ぼうけんの旅函Gさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「法隆寺」移築の可能性について
  • されたもの、という結論が出たわけですが、しかし、以前からの「古い面影を残している」という部分は疑問としてそのまま残ったのです。  屋根の構造については一般に寺社建築技法として、年代順に「切妻造」から「入母屋造」、「寄棟造」と変化、発展してきています。そして、それにつれ「屋根」を支える「垂木」は「平行」な並べ方から「放射状」の並べ方へと変化してきます。これは建物が大きくなると従来の「平行型」では屋根の隅荷...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
hemitotsyさん
  • 伊勢神宮 参拝記 その3:皇大神宮(内宮)
  • 。今回の参拝においては水位の上昇から立ち入り禁止となっており手前の手水舎にて身と心を清めることとなりました。◇ 内宮神楽殿(ないくうかぐらでん) 宇治橋から正宮に至る参道の中間地点、左側にある銅板葺、入母屋造の建物が、内宮神楽殿です。向かって左側からお神札授与所(ふだじゅよしょ)、ご祈祷受付、御饌殿(みけでん)、神楽殿となっています。御饌、御神楽(おかぐら)などのご祈祷のご奉仕や、お神札やお守りを授与し...
  • アセンションへの道程 ある外科医のスピリチュアルhemitotsyさんのプロフィール
めがねのしっぽさん
  • 東近江市五個荘金堂地区の町並み (近江商人屋敷)
  • を偲ばせます。金堂の近江商人は、主に江戸時代後期から明治・大正・昭和戦前期にかけて、呉服や綿・絹製品を中心に、革新的商法によって商圏を全国に広げました。商人本宅は、広大な敷地を板塀で囲み、内部に切妻や入母屋造りの主屋を中心に数寄屋風の離れや土蔵・納屋を建て、池や築山を配した日本庭園をもつのが特徴だそうです。...
  • 週末写真館めがねのしっぽさんのプロフィール
yukiさん
  • 清藤氏書院庭園 ・ 盛美神社
  • はパンフレットより。見応えあります。御宝殿は清藤家の位牌銅であり、25代辨吉により大正6年(1917)に造営。2代将軍徳川秀忠公の御霊廟をモデルにしたものです。堂内は金箔に覆われています。御宮殿は重層入母屋造り唐破風の廟建築の様式で、内陣には鎌倉幕府執権北条時頼の側室唐糸御前を祀り、御本尊には鎌倉時代の彫刻金剛界大日如来を安置。両側の蒔絵は河面冬山が生涯をかけてつくった大作であり大正初期に完成。時絵は3...
  • くぐる鳥居は鬼ばかりyukiさんのプロフィール
りせさん
  • 南禅寺 三門から方丈庭園へ
  • 26年に国の名勝に指定されました。築地塀は5本の定規線を持つ筋塀で、南禅寺の格式の高さを表しています。大方丈は、内陣、御昼の間、鳴滝の間、麝香の間、鶴の間、西の間、柳の間、六畳、狭屋の間、広縁より成る入母屋造で、狩野派絵師筆による障壁画(重文)が飾られています(現在はデジタル複製画)。方丈の西に回ると「小方丈庭園」が現れます。別名「如心庭」と呼ばれ、昭和41年に当時の管長・柴山全慶老師が「心を表現せよ」...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
みやさん
  • 甲斐の社 物部神社 石和御室山に坐す二座の式内社
  • 、古代の石器、土器類が発掘された。本殿裏手の社叢後世、徳川家より黒印二石四斗五升を賜る。旧社殿は明治二二年二月一二日 夜拝殿より出火焼失。真言宗大蔵寺は当社の宮寺であった。御本殿は「流造桧皮葺」拝殿「入母屋瓦葺」である。古代には甲斐國随一の神社であり、最古の神社として今に伝えられている。再建は大正元年十月吉日である。本殿と境内社物部氏の祖十神櫛玉饒早日命(くしたまにぎはやひのみこと)可美真手命(うましま...
  • travelog -jpnみやさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2708回 弘経寺(ぐぎょうじ)浄土宗/茨城県結城市西町・4
  • JUGEMテーマ:国内小旅行本堂。向拝の唐破風と、身舎の千鳥破風が、上下前後で重なって見えます。正面。斜めから。入母屋造り屋根妻入り、唐破風軒向拝。鳳凰の懸魚彫刻。唐破風屋根の軒桁直下に向拝柱。柱上に二段の出三つ斗。脇に巻斗がのり、二段の通し肘木が渡ります。「波の上の龍」の欄間彫刻。見返りの唐獅子の頭貫木鼻彫刻。「波...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール

入母屋を含むブログ村メンバー

  •  
shiiさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

入母屋について