入れ子構造

入れ子構造についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [入れ子構造] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

入れ子構造を含むブログ記事

hanafuu-kkjさん
ocoさん
  • 【感想】森見登美彦の摩訶不思議な本をめぐる小説「熱帯」
  • 小説「熱帯」ツイッター界隈の読書好きには森見登美彦好きの人が多い森見登美彦の新作「熱帯」のあらすじこれまでの森見作品の中でもっとも不思議な小説「熱帯」の感想「千一夜物語」や「はてしない物語」にも通じる入れ子構造ぐいぐいと引き込まれる小説森見登美彦作品でもっとも不思議な小説「熱帯」ツイッター界隈の読書好きには森見登美彦好きの人が多い熱帯posted with ヨメレバ森見 登美彦 文藝春秋 2018-11-1...
  • 寝る前読書のススメ!リラックスして熟睡生活ocoさんのプロフィール
kuma176さん
竹蔵さん
  • 名もなき王国
  • 8/3) 言語: 日本語 ISBN-10: 9784591159309 ISBN-13: 978-4591159309 ASIN: 4591159302 発売日: 2018/8/3物語の中に物語がある入れ子構造を持ったお話し。 廃墟のような病院跡に住み物語を残した小説家。その小説が入れ子のように挿入されます。 その小説と物語が呼応するような形で物語が進み、後半部分では、いろいろな登場人物が錯綜して行きますが...
  • 竹蔵雑記竹蔵さんのプロフィール
ビックル三十郎さん
  • 『熱帯』森見登美彦
  • る会合に参加し、そこで出会った白石さんが『熱帯』について語り始める。更に『熱帯』の謎を追う白石さんへ送られてきたノートの中身へと物語は展開し、といった具合に本書がモチーフにしている『千一夜物語』同様の入れ子構造となっている。本書をきっかけに『千一夜物語』に迂闊にも手を出し途中で挫折する予定の阿呆は三十郎以外にもいるはずだ。森見登美彦氏のコミカルなエッセイのような内容で始まる本書が『熱帯』の謎に触れ始めると、...
  • オーガナザイズドビックル三十郎さんのプロフィール
costaのブログさん
  • 甘受、感謝を脳科学で分析すると?
  • こえる異なる周波数のそれぞれに分解されるように、ある経験においても複数の時間スケールが同時に経験されている。ある体験の記憶とは、詳細な個々の記憶が、長さの異なる複数のタイムウィンドウのなかに存在する、入れ子構造のシステムなのだ。こうしたタイムウィンドウには、記憶を構成するすべてのパーツが収められている。ヒトが実際に出来事を知覚するスケールではすくい取れない、分子による情報のやりとりも含めて、だ。このメカニズ...
  • costaのブログcostaのブログさんのプロフィール

入れ子構造を含むブログ村メンバー

  •  
マトリョーシカと姫だるまさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

入れ子構造について