柿本人麻呂

柿本人麻呂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [柿本人麻呂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

柿本人麻呂を含むブログ記事

ひろかずのブログさん
  • お爺さんが語る郷土の歴史(74) 奈良時代(5)・人麻呂の思いは?
  • お爺さんが語る郷土の歴史(74) 奈良時代(5)・人麻呂の思いは?2018-01-26 07:33:18 |お爺さんが語る郷土の歴史人麻呂の思いは? 万葉集に柿本人麻呂の次のような歌があります。稲日野も 行き過ぎがてに 思へれば 心恋しき 加古の島見ゆ (巻3−252) *稲日野は印南野と同じ おせっかいですが、歌の意味を載せておきます。 広々とした稲日野の近くの海...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
たそかれの散策さん
  • 画像鏡と紀ノ川その5 <万葉集と紀ノ川、その上・下流の八幡宮縁起>などを読みながら
  • 伊国の歌は少なくとも103首、実際は1l 0~ 130首ぐらいと考えられている。」というのですから、相当な数ですね。しかも「これらの歌は大和国から天皇の紀伊行幸に際してのものが主で、額田王・有間皇子・柿本人麻呂・山上憶良・山部赤人・笠金村・大伴家持といった代表歌人である。」というのですから、百花繚乱ですね。和歌浦を歌った名歌はとりわけ有名ですが、紀ノ川やその周辺景観を偲ばせる歌もかなりありますね。紀ノ川の景...
  • たそかれの散策たそかれの散策さんのプロフィール
気ままに何処でも万葉集!さん
  • 「持統天皇の紀伊国行幸を歩こう」和歌山県に提案します
  • 寺跡や粉河寺に立ち寄るのもいいですね。そして、日前國懸神宮(ひのくまくにかかすじんぐう)に立ち寄り、紀伊国一宮にお詣りするのも大事でしょうね。そして、ぜひぜひ玉津島神社に足を向けてください。持統天皇と柿本人麻呂も、文武天皇・元正天皇・聖武天皇・孝謙天皇にもゆかりの玉津島。片男波公園まで足を延ばしましょうか。古代には、紀伊川の河口は此処でした。吉野から船で下れば、ここに着いたのです。玉津島神社の裏山の奠供山に...
  • 気ままに何処でも万葉集!気ままに何処でも万葉集!さんのプロフィール
デジコミさん
  • お雛様を飾りました。
  • ているでしょうか? 回答は、いちばん↓あかりをつけましょ ぼんぼりに おはなをあげましょ もものはな ごにんばやしの ふえだいこお内裏様とお雛様 三人官女 五人囃子の下に  左から菅原道真、小野小町、柿本人麻呂が座っています。コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )Tweet...
  • 鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会デジコミさんのプロフィール
にもさん
  • 若山県 海南市 雨の森
  • と腰を上げたのはお昼だった。こんな時にかいなん/きみのフォトラリーのエントリーをしていて良かったと思う。目的地がなきゃ、1時間くらいで帰っていたかもしれない。海南市黒江の中言(なかごと)神社万葉集では柿本人麻呂が『いにしえに妹とわが見しぬば玉の黒牛がたを見ればさぶしも』と読んでいる。当時はこの坂の下は黒牛潟と呼ばれる海岸だったようだ。焼板の名手酒造店では清酒黒牛を醸造する。重根から県道18号線を森林公園雨の...
  • 自転車で小さな旅にもさんのプロフィール
棉葉さん
  • 川越の神社巡り(なぞとき縁結び行かれる方はスルー推奨!)
  • 、オオムチ(後のオオクニヌシ)と、クシイナダヒメの両親、アシナヅチとテナヅチ。家族円満の神社だそうですよ。それでなのかなぁ、小さな子供連れの家族の参拝者が多かった気がします。こちら、氷川神社の中にある柿本人麻呂神社。全国でも珍しいそうです。直系の子孫が戦国時代に川越に移住してきたことからお祀りされるようになったそうです。日本語うまくな〜れとお願いしてきました(笑)同じく、氷川神社内の護国神社。雰囲気が好きだ...
  • おうちで着物 〜普段着物してみたい!〜棉葉さんのプロフィール
とらじろうさん
  • 柿本神社を参拝(兵庫県明石市)
  • ろん明石駅からでも歩いていけない距離ではありません(実際に僕は明石駅から歩いていきました)。その時は細い路地を通ることになるのでGoogleマップを見ながら進んでいきましょう!主祭神及びご神徳主祭神は柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)です。柿本人麻呂は飛鳥時代に活躍した人で、宮廷歌人として仕えていました。主な作品は持統(じとう)天皇と文武(もんむ)天皇の時代、およそ690年〜707年頃につくられていて万葉集...
  • 城跡漫遊記とらじろうさんのプロフィール
隊長のブログさん
  • 街歩き 第55回 『御朱印巡り 「神田明神」』
  • するお社で、この日は御朱印の授与所となっていました。合祀殿。籠祖神社(猿田彦神、塩土老翁神)をはじめ、神田明神本殿に合祀されていた八幡神社(誉田別命)や富士神社(木花咲く耶姫命)、天神社(菅原道真命、柿本人麻呂命)、大鳥神社(日本武尊)、天祖神社(天照大御神)、諏訪神社(建御名方神)を合祀しています。拝受した御朱印が、冒頭の写真です。日付以外の文字は、押印でした。これだけの参詣客があり、御朱印を頂く人も多い...
  • 隊長のブログ隊長のブログさんのプロフィール
とらじろうさん
  • あの宮本武蔵も築城に関わっていた!?明石城を散策
  • これは明石城二ノ丸へと続く階段で、段数は結構多いです。それと二ノ丸まで一直線ではなく何回か曲がります。この辺も築城当時の遺構でしょうか? これは本丸にある人丸塚(ひとまるづか)という遺跡です。ここでは柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)が祀られているそうです。明石城築城後は城の守り神としても祀られてきたそうな…。柿本人麻呂は明石城から東に20分ほど歩いたところにある、柿本神社でも主祭神として祀られています。...
  • 城跡漫遊記とらじろうさんのプロフィール

柿本人麻呂を含むブログ村メンバー

  •  
karさん
益田市朗さん
  • 益田市の歴史・風景体験レビュー益田市朗さんのプロフィール
  • 益田市の歴史(柿本人麻呂 等)・風景(日本海や秘境)を画像をフィールドワーク体験レビュー記

にほんブログ村

>

キーワード

>

柿本人麻呂について