柿本人麻呂

柿本人麻呂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [柿本人麻呂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

柿本人麻呂を含むブログ記事

chokochanさん
kzunoguchiさん
  • 変革の光明 岐路の2018年 本社コメンテーター 菅野幹雄
  • 企業の行動だ。縮み志向を脱し、アニマルスピリット(血気)が復活するのか。 「東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ」 夜明け間近、東の空に紫色の暁光が差し、月は西に沈んでいく。柿本人麻呂の和歌に日本の復調をなぞらえたのは10月5日にロンドンで講演した日銀の中曽宏副総裁だ。景気回復と人手不足の中で企業が生産性向上を進めており、物価の勢いが増すのも時間の問題だ……。日銀では珍しい、率直な...
  • コモディティトレーダーの投資ノウハウ公開してます!kzunoguchiさんのプロフィール
mugenさん
  • 中国揚子江沿岸が原産らしい。柿本人麻呂の庭に柿の木があったと古文書に記載がある。平安時代には干し柿用に沢山の柿の木が栽培されていたらしい。この時期、オレンジ色の果実実に魅力的です二日酔いにいいといわれる干したら血圧を下げる作用もあるとか以...
  • はんなりとmugenさんのプロフィール
houjou73さん
  • 散文詩; いにしえの・・
  • 散文詩; いにしえの・・2017年11月16日 |散文詩秋山に  霜降り覆(おほ)ひ  木の葉散り  年は行くとも  我れ忘れめや 柿本人麻呂 ----- *** 散文詩; いにしえの・・ 万葉の 綴りの中に いにしえの 秋を探して 紡ぐ詠(ことば)は 悠久の 流れにのれぞ 今も変わらぬ 秋があり われもまた 謡うてみたや 恋歌綴りの ひと...
  • 方丈の里2houjou73さんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 11月15日(水)のつぶやき
  • 11月15日(水)のつぶやき2017年11月16日 |お気に入りのつぶやき#黄葉を茂み……★☆ 秋山の 黄葉を茂み 迷ひぬる 妹を求めむ 山道知らずも: 柿本人麻呂 : ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第二巻より■□■ ― 言の葉花壇 (@kotonohakadan)2017年11月15日 - 14:05ジャンル:ウェブログランキングに参加中。...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
銀さん
  • 投稿内容 タグ ブログタイトル ウェブ全体フォロー|ログイン|ブログを作る!(無料)銀の絵手紙gin6093.exblog.jpブログトップ2017年 11月 13日柿中国揚子江沿岸の原産らしい柿本人麻呂の庭に柿の木があったと古文書に記載がある平安時代には干し柿用に沢山の柿の木が栽培されていたらしいこのオレンジ色の果実実に魅力的です二日酔いにいいといわれる干したら血圧を下げる作用もある以前 百匁柿って...
  • 銀の絵手紙銀さんのプロフィール
みどりの木さん
  • 仙洞御所の紹介7 最終回
  • と言われます。小塚の上部は鉢巻状の石垣があります。もとは古墳だったようです。サザエ山の横を通る脇道です。?から北に歩きます。銀杏も紅葉していました。?辺りから撮影しました。柿本社が見えてきます。歌人の柿本人麻呂を祀る社です。手前に小さな拝殿があります。この左側は幕末に火事で焼失した仙洞御殿(院の御殿)跡です。今上天皇が上皇となられるので、ここに新しい院の御殿を建てて住んでほしいですね。こちらも西方向の仙洞御...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
Grace Miuさん
  • たまゆら
  • たまゆらに 昨日の夕(ゆふべ)見しものを今日(けふ)の朝(あした)に 恋ふべきものか 巻11−2391 柿本人麻呂歌集昨夜の、ほんの僅かなひとときお会いして愛を交わしたばかりなのに一夜が明けてお帰りになるともうこんなにあなたが恋しくなるなんてこんなことがあってよいものでしょうか なまじ愛する人に逢ったばかりに別れ...
  • 目覚めよ女神☆あなたが愛から女神に還るまでGrace Miuさんのプロフィール
hasyan の 旅の散歩道さん
  • 紅葉の見頃を迎える長安寺 2017.11.06
  • は綺麗な庭園があり安らぎます。 庭の一画に、可愛い仏さんが、背景には少し紅葉したモミジが見られます。 紅葉した木々は少し逆光で見るのが美しいですね〜。 「春へには花かざし持ち 秋立てば黄葉かざせり」(柿本人麻呂) 四季 それぞれに風情がありますが、とりわけ秋は美しい。 いつのころから、だれ言うとなく「丹波のもみじ寺」と呼ばれています。 境内の紅葉は、それなりに美しく、もう少しすると最高の見頃になるでしょうね...
  • hasyan の 旅の散歩道hasyan の 旅の散歩道さんのプロフィール

柿本人麻呂を含むブログ村メンバー

  •  
karさん
益田市朗さん
  • 益田市の歴史・風景体験レビュー益田市朗さんのプロフィール
  • 益田市の歴史(柿本人麻呂 等)・風景(日本海や秘境)を画像をフィールドワーク体験レビュー記

にほんブログ村

>

キーワード

>

柿本人麻呂について