鶴竜

鶴竜についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 鶴竜にゆるふんという秘策、モンゴル勢が優勝のお膳立て
  • '18年5月28日(月)[鶴竜] ブログ村キーワード大相撲夏場所14日目(26日・両国国技館)鶴竜が栃ノ心との1敗対決を制して2場所連続優勝に大手。もろ差しとなり、相手の強引な投げに対処してすくい投げで仕留めた。千秋楽で栃ノ心が敗れるか鶴竜が勝てば、鶴竜の賜杯獲得が決まる。白鵬は逸ノ城の上手投げに屈し、3敗で優勝の可能性が消滅。再関脇の逸ノ城は勝ち越した。(鶴竜V栃ノ心)大入り満員の館内が、固唾をのんで大一番を見・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

鶴竜を含むブログ記事

denkourikiさん
  • 乏しかった今年の横綱・大関リーグ戦
  • である。またしても横綱同士の一番はなかったのである。<今年5場所休場した稀勢の里>横綱・大関の休場の連鎖は止まらなかった。五月場所は稀勢の里と両大関高安・豪栄道が休場したのである。横綱・大関リーグ戦は鶴竜対白鵬の横綱同士の一番のみとなった。ただ、栃ノ心がこの場所優勝争いをし、大関昇進を決めたのが救いだった。<五月場所唯一の横綱・大関リーグ戦鶴竜対白鵬戦>ところが七月場所はその栃ノ心が新大関場所を途中休...
  • 大相撲!土俵の目撃者denkourikiさんのプロフィール
MR.コールマンの挑戦日記さん
  • 湘南海岸ポタリング
  • 龍口寺で処刑された刑死者を埋葬されている「常立寺」へ回ると、蒙古の国使5人のお墓である「元使塚」が立てられています。元使塚では、青い布で撒かれた5基の五輪塔が塚の前に置かれており、モンゴル出身の白鵬や鶴竜、朝青龍などの力士が度々参拝しているようです。境内の参道には、石佛や珍しい庚申塔や道祖神が多く立ち、龍口寺輪番輪番八ヶ寺の一寺としての名寺を実感していました。『散歩』 ジャンルのランキングランキングに...
  • MR.コールマンの挑戦日記MR.コールマンの挑戦日記さんのプロフィール
くまたんさん
  • 貴ノ岩、引退
  • きゃー。なんとなくだが、白鵬と鶴竜と闘うのが、いやだったんじゃないだろうか。前場所は、白鵬と鶴竜が休場して、まあ次回はたぶんでてくるので、貴ノ岩が引退した。なんかどっからか圧力がかかっていたのかも。きゃー。なんとなくだが、そんな気がし...
  • くまたんのつれずれ日記くまたんさんのプロフィール
tvgogo25さん
maejima1978さん
angeldadさん
  • 貴ノ岩暴行 それをやっちゃあ。。。。。。
  • 暴行 それをやっちゃあ。。。。。。あっぱれ 貴景勝 初優勝!大相撲九州場所 幕内の優勝争い?いやいや、今場所の注目は十両だよ!今日はもう一本こちらは深刻な話大相撲九州場所稀勢の里 連敗!う〜む 白鵬も鶴竜も休場かあ。 寂しい場所になりそうだなあ。輪島大士 逝去あの北の湖との落日決戦。思い出されるなあ。。 貴乃花親方の引退について思う大相撲秋場所を振り返る先が見えてきた大相撲秋場所記事一覧 | 画像一覧...
  • SPORTS! SPORTS! 寝てもさめてもangeldadさんのプロフィール
きしえおうしろうさん
  • 貴ノ岩関の付け人暴行事件から見る、幕内力士の在り方とは
  • こそ、怒り・イライラを付き人にぶつけるという精神の弱さを露呈したのではないでしょうか。また、指導にあたる貴乃花親方も、兄弟子としての立ち振る舞いについて、教育が不十分であったことが推測されます。?横綱鶴竜関・嘉風関の立ち振る舞いを糧にするべき? ?では、暴行事件が起きないようにするためには、どうすればいいでしょうか。私は、兄弟子として立ち振る舞いが立派な人から見て学ぶべきだと考えます。例を挙げるならば...
  • きしえおうしろうの大相撲blogきしえおうしろうさんのプロフィール
snappynetさん
  •  今年の大相撲は世代交代の一年になったのか?
  • てみると初優勝が3人出たことはひとつの特徴である。新鮮さはあるが横綱の休場が多かったことの裏返しにもなる。三横綱が15日間したのは皆勤したのは秋場所のみだ。優勝したのは次の通りだ。初場所栃ノ心、春場所鶴竜、夏場所鶴竜、名古屋場所御岳海、秋場所白鵬、九州場所貴景勝だった。このうち初優勝が3人だったが、どの場所も白鵬が休場していた。白鵬は今年4場所休場している。今までの白鵬は際立って休場の少ない横綱だった...
  • 大相撲 名力士の深イイ話snappynetさんのプロフィール
search_net_boxさん
  • ■666 平成30年11月場所 幕内力士偏差値
  • てみましょう。優勝した貴景勝が1位。千秋楽まで優勝を争い優勝次点だった高安が2番手になるのは自然な数値。そして、それ以下は、上位総当たりの位置で9勝した玉鷲が3位、以下、妙義龍、栃煌山、正代となった。鶴竜・白鵬は全休だが「や」は同地位の力士に負けで計算されているため、(机上の空論にはなるが)鶴竜と白鵬は「横綱に15連敗」という扱いで計算されている。では、3場所・6場所での平均値はどうなるか。驚くべきこ...
  • 大相撲データアナリストの大相撲日記search_net_boxさんのプロフィール
2ch大相撲管理人opasonさん
  • 遠藤のブレイクを予想する根拠。大相撲の「上位定着から3〜5年」説。
  • 撲は、閉塞感というキーワードで語られることが多かったように思う。  その閉塞感の中心に居たのは白鵬だった。白鵬が多くの場所で優勝し、優勝を争う力士も限られていた。好調な時は日馬富士が競り、その後鶴竜が台頭し、そして稀勢の里はいつも大事な相撲を落としていた。  白鵬の素晴らしさに感嘆しながらも、怖いことに素晴らしさに我々は慣れてしまう。次の刺激を求めていたことも事実だ。  当時大関だっ...
  • 2ch大相撲2ch大相撲管理人opasonさんのプロフィール

鶴竜を含むブログ村メンバー

  •  
オレオンさん
暁-akatuki-さん