明暦の大火

明暦の大火についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [明暦の大火] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

明暦の大火を含むブログ記事

リターンライダーさん
  • 山王日枝神社
  • 座し、庶民が参拝できるようになった。社地は家康により5石、元和3年(1617年)に秀忠により100石、そして寛永12年(1635年)に徳川家光からの寄付を加えて600石となった。明暦3年(1657年)明暦の大火により社殿を焼失したため、万治2年(1659年)将軍家綱が赤坂の松平忠房の邸地を社地にあて、現在地に遷座した。この地は江戸城から見て裏鬼門に位置する。UNQTEお膝元で働くようになったのに、山王日枝神...
  • 路上日記リターンライダーさんのプロフィール
SuperTさん
  • 「敢えて災害と戦わない」〜災害と復興の国 2
  • 実を取る」といった対応の仕方があることを知りましたのでここに記しておきます。それはNHKドキュメンタリー「大江戸」(第三集)から学んだことです。 江戸城本丸を焼いた上に6万8000人もの被害者を出した明暦の大火1657)以降、幕府は様々に消防組織や設備、防火対策などを行ってきました。大名屋敷などを校外に移転させて延焼を防ぐための火除地を確保したり、耐火建築を奨励したりといったことです。そして1720年、享保...
  • アフター・フェアSuperTさんのプロフィール
月灯り 探歩さん
  • 火事が発展させた大火の都・江戸。 NHK「大江戸」。
  • 265年の地層が初めて一度に出土した。そこには、大火の跡「火災層」が10層も残されていた。江戸は3年に一度の割合で大火に襲われる、“世界最悪の火災の町”だったことが判明したのだ。 江戸の最初の大火は、明暦の大火(1657年)。現在の山手線の内側1/4の面積、江戸の町の7割が焼け落ちた。犠牲者6万人以上の世界においても空前絶後の大火災だった。本郷の本妙寺から出火、密集していた家々を焼き尽くした。路地に張り巡ら...
  • ゆる〜いリタイアの日々月灯り 探歩さんのプロフィール
vivamusicalさん
  • 日光御成道(岩槻街道):本郷追分から飛鳥山(2018年6月24日、その1)
  • あたりはお寺の数が多いのに驚きましたが、吉祥寺の山門が現れたときは「ここだったのか」と驚きました。以前、五日市街道を歩いてJR吉祥寺駅付近に吉祥寺が無いことを知りましたが、元々、駿河台にあった吉祥寺が明暦の大火(1657年)でこの駒込に移った際、付近の住民は、今のJR吉祥寺付近に代地を与えられて移ったようです。この吉祥寺、江戸時代は曹洞宗の僧侶養成機関である「旃檀林」が置かれていたそうで、本堂までの長い参道...
  • 旧東海道旅日記vivamusicalさんのプロフィール

明暦の大火を含むトラコミュ

築地
  • 築地
  • 江戸時代、1657年の明暦の大火の際に焼失した浅草の本願寺の移転のために佃島の住人によってこの土地が造成されたのだった。その後、浄土真宗の寺院や墓地が次々と建立され...
  • トラックバック数:84 TB参加メンバー数:35人カテゴリー:旅行ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

明暦の大火について