明暦の大火

明暦の大火についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [明暦の大火] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

明暦の大火を含むブログ記事

山笑海笑さん
  • 花の都の東御苑
  • がありませんが、ここが江戸城の本丸天守台です。慶長11年(1607年)に徳川政権の象徴として、当時また存在した豊臣家の大坂城を凌ぐ規模で完成した天守閣でしたが、1657年に江戸の街の大半を焼き尽くした明暦の大火で焼失。以降、天守閣は再建されることはなかったそうです。この天守台をはじめ、江戸城普請で使用された巨大な石材の多くが、小田原や伊豆周辺で切り出されて船積みで運ばれたそうです。 天守台から望む大手町 東...
  • 山笑海笑のブログ山笑海笑さんのプロフィール
みどりの木さん
  • 福井城の紹介1 歴史・結城秀康
  • っているとも言えず、幕府に従ったようです。天守初めほとんどの建物は1669年に焼失し、以後は財政難や幕府への配慮などから再建されることはありませんでした。幕府への配慮とは焼失の12年前に、1657年の明暦の大火により江戸城天守が焼失したことです。直ちに再建が計画され、設計図も作成されますが、幕閣のリーダだった保科正之の「天守は織田信長が岐阜城に築いたのが始まりであって、城の守りには関係ない」という意見により...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
新イタリアの誘惑さん
  • 隅田川? 吉田松陰らの眠る旧小塚原刑場に、「解体新書」誕生の秘密があった。
  • 塚原刑場で女囚の人体解剖が行われた。史実に残る我が国初の人体解剖だ。その場に立ち会った杉田玄白は「ターヘルアナトミア」の内容の正確さに驚くとともに、翻訳出版へ踏み切る強い動機となった。 両国の回向院が明暦の大火の犠牲者を供養するために建てられたのと同様に、ここの回向院も大多数は無名の庶民たちの供養の場となった。 また、昭和の事件史に残る吉展ちゃん誘拐事件の犠牲者、吉展地蔵尊があった。この事件までは誘拐事件の...
  • 新イタリアの誘惑新イタリアの誘惑さんのプロフィール
斉藤珠樹さん
  • 回向院(えこういん)
  • 634-7776〔交通〕JR総武線「両国」駅より徒歩約3分都営地下鉄大江戸線「両国」駅より徒歩約5分〔参拝時間〕境内自由〔MEMO〕明暦3年(1657年)、徳川家綱将軍の命により、振袖火事とも呼ばれる明暦の大火で亡くなった人々のために、万人塚という墳墓を設けたのが始まり。昭和新撰江戸三十三箇所観音霊場の第四番札所となっている。...
  • 斉藤珠樹のパワーストーンコレクション斉藤珠樹さんのプロフィール
okumisanさん
  • ★江戸時代の食糧事情をチョイと詳しく〜(^.^)★
  • リとした味醂の香りと濃厚な甘味と粒感から、おやつ代わりに食べたそうです♪因みにわっちは酒粕も甘酒も好きじゃないから…こぼれ梅も正直、好きじゃありません…(^^ゞ最後は「奈良茶飯」…これは外食の祖だと。明暦の大火(1657年)以降に江戸で外食産業が開花したそうです。その切っ掛けとなったのが浅草金龍山の門前に出来た奈良茶飯屋だと言われています。茶飯に豆腐汁、煮豆、煮しめ等を乗せた膳でかなり豪勢で贅沢な料理だった...
  • okumi-sanのブログokumisanさんのプロフィール
ykkyyさん
  • 本駒込の吉祥寺の桜・・・1
  • 知られる江戸時代の農政家・二宮尊徳の墓碑、明治時代の小説家・川上眉山の墓、幕末に幕臣として最後まで抵抗を続け、その後新政府の外交官・閣僚を歴任した榎本武揚の墓などがある。なお、武蔵野市吉祥寺の地名は、明暦の大火で当寺の門前町の住民が住居を失い、五日市街道沿いの当地に移住し開墾したことに由来する。《吉祥寺》《参道》《境内の桜》...
  • 米沢より愛をこめて・・ykkyyさんのプロフィール

明暦の大火を含むトラコミュ

築地
  • 築地
  • 江戸時代、1657年の明暦の大火の際に焼失した浅草の本願寺の移転のために佃島の住人によってこの土地が造成されたのだった。その後、浄土真宗の寺院や墓地が次々と建立され...
  • トラックバック数:84 TB参加メンバー数:35人カテゴリー:旅行ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

明暦の大火について