明暦の大火

明暦の大火についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [明暦の大火] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

明暦の大火を含むブログ記事

とめのかくれがさん
  • 江戸城天守台訪問
  • を見てきました。北詰橋門から皇居東御苑に入ります。公開している日程の調整が合わずようやく行けた次第です。巨大な天守台です。人の大きさと比較していただければ一目瞭然。大阪城を凌駕する規模だったようですが明暦の大火で焼け落ちてからは再建される事はありませんでした。江戸城天守ですが1607年、1623年、1638年と3度築かれております。家康時代、秀忠時代、家光時代と将軍が変わる毎に建て替えられたようです。まだ幕...
  • とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
nobuさん
  • 読売KODOMO新聞「江戸城見学会」2018.8.11
  • おじいちゃん。子供も大人も、素朴な質問がバンバン出ますが、それに熱い回答をしながら次々と城内を案内してくれました。ついに再建されることのなかった天守閣。石垣のみ残っているから天守台というのだそうです。明暦の大火の爪痕がくっきり残っていたり石垣ひとつとっても様々なことがわかります。2班に分かれ、人数も多すぎずとってもよい見学会でした。今回行った皇居東御苑は、いつでも見学できるのですが、一度も行ったことがありま...
  • nobuの書いたり作ったり育てたり日記nobuさんのプロフィール
Aquiouxさん
  • 上げ底の中
  • o.jp ウィジェット上げ底の中『市井雑談集』にこんな話があった。 車長持というものがある。 その名の通り、底に車輪をつけて動かしやすくした長持である。 便利なので数年前、江戸で大流行した。 ところが明暦の大火を機に、幕府によって江戸、大坂、京都の三都は車長持の製造販売が禁止された。 火事から逃げようとした民衆がそろって車長持を牽いて外に出たために道が塞がり、人々の避難が妨げられ、結果、多数の死者が出たから...
  • いにしえ実録怪談Aquiouxさんのプロフィール
フレイくんさん
  • 東京都 定泉寺
  • 土宗本山: 増上寺本尊: 阿弥陀如来 元和七年(1621)本郷弓町にあった「太田道灌の矢場跡」を旗本蜂屋九郎次郎善遠が拝領し堂宇を建立、増上寺定誉随波上人を開山に迎え、東光山見性院定泉寺と号しました。明暦の大火のあと現在地に移転しています。 右側の入口より本堂内に入らせていただきお参りすることができました 頂いた御朱印です観音様のお顔の御朱印です 境内はきちんと整備されていて花(椿でしょうか…)も嬉しそうで...
  • 散歩・ドライブしながら御朱印集めフレイくんさんのプロフィール
office_kmotoさん
  • 小沢 信男 著 『東京骨灰紀行』
  •  この本はだいぶ以前に読んだ。なんとなく本棚を眺めていて気になったので改めて読んでみた。 東京の地下は無数の遺骨があちこちで埋まっている。まず両国では明暦の大火で犠牲になった回向院を訪ねる。 はやい話がそれまで隅田川に橋がなかった。千住大橋以外には。川は重要な軍事境界線だった。そのため火勢に追われた大群衆が、焼かれたくなければ溺れてしまった。回向院の過去帳に...
  • 私の引き出しoffice_kmotoさんのプロフィール

明暦の大火を含むトラコミュ

築地
  • 築地
  • 江戸時代、1657年の明暦の大火の際に焼失した浅草の本願寺の移転のために佃島の住人によってこの土地が造成されたのだった。その後、浄土真宗の寺院や墓地が次々と建立され...
  • トラックバック数:84 TB参加メンバー数:35人カテゴリー:旅行ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

明暦の大火について