御文

御文についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [御文] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

御文を含むブログ記事

IT1NOTEさん
  • 「もし、〜だったら?」とIFを想定することは大事
  • る生徒さんならピンと来ているはずです。論理関数の一つで、この続きには答えに○と×になる正と負があります。条件によって処理を振り分ける時に使います。 関数だけでなく、プログラミング言語にも「IF文」の制御文は使用し、関数でもプログラミングでも、IFの意味は同じです。 条件によって、○の良い答えを選べるように、いざという時の為に、事前にスキルを習得して備えておけば安心ですし、自分だけでなく、周りやお仕事に...
  • IT1NOTE教室ブログIT1NOTEさんのプロフィール
キャベツさん
  • 滅びれば良いのに
  • します!人気ブログランキングコメントTweet«ミス・アメリカ |トップ |このブログの人気記事自己責任共産主義滅びれば良いのに自分の不完全さをこんな事をそんなに甘いミス・アメリカ最大の防御文句を言おうと0から1がコメントを投稿名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScriptが有効な環境でのみご利用いただけます。▼ 絵文字を表示携帯絵文字リスト1リスト2リス...
  • 暇なので色々考えてみるキャベツさんのプロフィール
キャベツさん
  • ミス・アメリカ
  • メントTweet«そんなに甘い |トップ |滅びれば良いのに »このブログの人気記事自己責任共産主義滅びれば良いのに自分の不完全さをこんな事をそんなに甘いミス・アメリカ最大の防御文句を言おうと0から1がコメントを投稿名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScriptが有効な環境でのみご利用いただけます。▼ 絵文字を表示携帯絵文字リスト1リスト2リス...
  • 暇なので色々考えてみるキャベツさんのプロフィール
キャベツさん
  • 共産主義
  • ングコメントTweet«こんな事を |トップ |そんなに甘い »このブログの人気記事自己責任共産主義滅びれば良いのに自分の不完全さをこんな事をそんなに甘いミス・アメリカ最大の防御文句を言おうと0から1がコメントを投稿名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScriptが有効な環境でのみご利用いただけます。▼ 絵文字を表示携帯絵文字リスト1リスト2リス...
  • 暇なので色々考えてみるキャベツさんのプロフィール
libsaitamaさん
ぶっちのこころさん
  • ほとけさまのおこころ
  • 方々、身近な方々のご恩に感謝申し上げ、なんまんだぶつとともにお浄土への道を歩ませていただいているよろこびを音威子府常照寺様報恩講にてお聞かせいただきました。2日間本当にありがとうございました。 肝要は御文章にて ジャンル:ウェブログコメントTweet«であえたよろこび |トップ |最近の画像[もっと見る]雅楽のひちりき2日前雅楽のひちりき2日前雅楽のひちりき2日前雅楽の練習2週間前演奏会の...
  • ぶっちのお念仏生活ぶっちのこころさんのプロフィール
ぶっちのこころさん
  • であえたよろこび
  • を見失うことなく「なんまんだぶつ」を仰ぎ、お念仏の日暮らしを大切に送らせて頂くことが「本願力にあひぬれば むなしくすぐるひとぞなき」ということであると、このご讃題からお聞かせ頂くことであります。肝要は御文章拝読にて? 6月15日 大逮夜本願力にあひぬれば むなしくすぐるひとぞなき 功徳の宝海みちみちて 煩悩の濁水へだてなし『高僧和讃』(註釈版580頁)1午前中のお話では「本願力にあひぬれば むなしくす...
  • ぶっちのお念仏生活ぶっちのこころさんのプロフィール
正林編集部さん
  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(H30.5)
  • に敵する者を知りながら主君にも告げず、自分もその敵を責めずに過ごしたとしたら、長年の奉公は全く無意味になるばかりでなく、かえって怠慢の者として罰せられるが如くであると仰せられているのであります。 この御文を拝する時、折伏を忘れた信心は、大聖人の御意にかなう正しい信心ではないことを、私達はよく知らなければなりません。私どもは大聖人の御意にかなう正しい信心を行じてこそ、広大無辺なる功徳を享受し、一生成仏を...
  • 日蓮正宗 正林寺 掲示板正林編集部さんのプロフィール