上田五千石

上田五千石についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [上田五千石] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

上田五千石を含むブログ記事

ちわきの俳句の部屋さん
  • 二百十日
  • われている。俳諧(はいかい)では秋の季語である。[根本順吉] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)二百十日日も尋常の夕べかな与謝蕪村枝少し鳴らして二百十日かな尾崎紅葉遠嶺みな雲にかしづく厄日かな上田五千石釘箱の釘みな錆びて厄日なる福永耕二 写真は?灸花?。花がお灸のもぐさに似ているので付いた名ですが、正しい植物名は?屁糞葛?(へくそかずら)。アカネ科多年草の蔓草の花で、全体に悪臭があるのでこの名がある...
  • ちわきの俳句の部屋ちわきの俳句の部屋さんのプロフィール
akoronさん
  • 俳句歳時記〜上田五千石先生の御句〜
  • 先日、角川書店の『俳句歳時記第五版 秋(大活字版)』が届きました。視力が弱いので(笑)、今回も大活字版を注文しました。私が会員となっている結社「ランブル」は師系が上田五千石先生なのですが、何と8句も五千石先生の御句が掲載されていました。 遠嶺みな雲にかしづく秋の雲立志伝みな家を捨つ川波の白きを加ふ初あらしこの渡り鳥みるみるわれの小さくなり安心のいちにちあらぬ草じらみ行を...
  • 新・翻訳者akoronの一期一会akoronさんのプロフィール
八十路小町さん
  • いわゆる老人会で、ハート型のポプリを作りました。「香水」の俳句。
  • 2010年春、日本フレグランス協会が制定しました。https://youtu.be/jl5gTIwnh9A香水やその人既に亡しと聞く高濱年尾四面楚歌香水左右の耳朶に三橋鷹女香水といふ不可思議な風に遇ふ上田五千石香水のうしろにあるを感じをり岸風三楼香水の一滴づつにかくも減る山口波津女香水の霧かんばしくたちまよふ日野草城香水の香のあきらかに身をはなる中村汀女香水の一ト瓶終り花の雨鈴木真砂女練香水七月の耳朶透きと...
  • 八十路小町の青春これから日記八十路小町さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

上田五千石について