出産方法

出産方法についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [出産方法] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

出産方法を含むブログ記事

ママネタちゃんねるさん
  • 帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!
  • あると診断されたり、分娩中にトラブルがあって、自分や子供の命に関わることが起きる可能性についても、熟考すべきです。産み方・生まれ方に優劣はない 帝王切開はリスク回避の手段!帝王切開が通常分娩よりも楽な出産方法だと、一体誰が言い出したのでしょうか?帝王切開は決して楽をするためのものではなく、赤ちゃん、そしてお母さんに起きうるリスクを最大限に避けるために取られる手段であり、楽だ、痛くないと言った批判に耳を貸す...
  • ママネタちゃんねるママネタちゃんねるさんのプロフィール
プラムさん
  • コウノドリ第5話を見て号泣。生まれてくる命の尊さについて改めて考えさせられる
  • ないけど、産まれてからたくさんの愛情を持って大切に育てることはお母さんにもお父さんにもおじいちゃん、おばあちゃんにだってできます。結局、子宮口がなかなか開かずお産が進まない蓮は帝王切開で出産しました。出産方法なんて関係ない。どんな方法で出産しようとも我が子は世界一愛しい存在であるということを考えさせられた回でした。?涙なしでは見られない。第5話第5話は切迫早産の可能性があり、急遽入院することになった篠原ゆ...
  • 山あり海なし温泉ありプラムさんのプロフィール
シェコさん
  • 理想の出産
  • 母さんは「笑いながらの出産だったわよ。オススメ! 」と言っていました。前回のブログでも書きましたが、私はピピウを生んでから、子育ての理想のハードルはだだ下がりです。正直、母子ともに無事であれば、どんな出産方法でもいいのではないかと今は思います。たしかに、少子化の進む国に住む日本人とイタリア人にとっては人生の中で出産ってそう何回もあることでは無いだろうし、感動的な出産は憧れではありますが、根本的なことを忘れ...
  • 憧れの(?)Italia Firenze生活シェコさんのプロフィール
frauさん
  • 出産レポ〜帝王切開でも幸せなお産〜
  • 自然分娩でも出産は命がけ・・ママ友さんと話していても出産時の大変だったお話を多々聞くことがあります帝王切開はどんなイメージがありますか?という質問が病院からあってわたしは「赤ちゃんと母体にとって安全な出産方法」と答えました術後の合併症というものがあって、術後にいろいろと乗り越えなくてはいけないこともあるのですが看護師さんが手伝ってくれて、退院時には健康な状態でお家に帰ります病院の産褥食も毎日の献立の参考に...
  • 毎日を素敵な日にfrauさんのプロフィール
てらまろさん
  • コウノドリ 4話 「お前を屋形船にしてやろうかっ!!!!」若干ネタバレ、そして長い。
  • 回は帝王切開にも関するお話。ドラマ内でよく言っている「カイザー」というのは帝王切開のこと。母体もしくは胎児に何かしら危険な状態、産道を通して産む経膣分娩(あえてこう呼びます)が困難である場合に行われる出産方法です。かといって帝王切開はラクじゃないです。麻酔はしますがお腹切るわけですから、術後の処置や後陣痛、傷の痛みもあります。本当にラクじゃないんです。これが前提のお話です。今回はトーラック(帝王切開後の経...
  • fuwateraのふわふわ日和てらまろさんのプロフィール
グローバルファーストさん
  • 日本とイタリアで妊娠・出産して感じた両国の違い(出産編)
  • 娠・出産には保険が効きません。そのため、産後に出産証明書を添付して給付金の申請をします。国からの給付金と、企業勤務をしている場合は会社からの給付金、個人で加入している医療保険などがあります。医療機関や出産方法によってかかる金額は変わってきますが、給付金を差し引いて数万円から数十万円の出費になることもあれば、逆にプラスになることもあり得ます。 イタリアの場合イタリアでは、出産は基本的に無料です。平均2日から...
  • グローバルファーストグローバルファーストさんのプロフィール
よいこさん
  • コウノドリ第四話を視聴した。〜絵日記
  • らないでもないよ。でもさあ言われてる方の立場からするとだなこの一言じゃ!このやろ!わしが痛くたって痛くなくたってお前に関係あるんか!ねえだろ!こら!…言葉が過ぎました。お里が知れますね。まあ、わたしは出産方法に最初からこだわりもなんにもなく、どっちでもいいしその後がなんでもよかった。ので、2人目も迷わず帝王切開。病院も、より良き麻酔医を求めて2人目は総合病院に変えました。ママ友女医からも、VBACはあんま...
  • <4コマ漫画>地獄でなぜ悪い。よいこさんのプロフィール
ありんこさん
  • 痛みのない出産 Calm Birthとは?
  • て知られているようですが、催眠??状態で痛みを感じない出産です今日本では無痛分娩が色々問題になっているようですが、ちゃんと麻酔科医がいる総合病院での出産がメインのオーストラリアでは無痛分娩はメジャーな出産方法。私の友達も皆エピデュラルといわれる麻酔を使ったりしてますが、私が出産を考えた時、自分は母にお腹を痛めて産んでもらったのに、無痛はずるいな。。と感じてしまって!(無痛分娩を選ぶ方を否定しているわけでな...
  • stitch by stitch in メルボルンありんこさんのプロフィール
まおりさん
  • 不安…*いきまない出産、できるかな
  • るかな導尿も未知の世界でこわい素晴らしく脳天気なわたしがここに来てこんなに不安になるとはいや、やるしかないけど!いきまない出産を経験された方はいらっしゃいますか?これから出産を控えているプレママさん、出産方法は病院により様々かと思いますが一緒にがんばりましょうねADいいね!コメントする 3リブログするいいね!した人一覧コメント一覧まおりさんの読者になろうブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になりま...
  • 妊活1年目*まおりの*得する節約*結婚Lifeまおりさんのプロフィール
みっきーさん
  • 拍手コメントへ返信 (2017/11/7の分)その2
  • だったのですが、ドラマになって、より面白くなっていて、これは珍しい事ではないでしょうか。↓ここから管理人返信↓亡くなった妊婦から胎児を取り出すのはローマ時代からありましたが、今のような帝王切開が安全な出産方法になったのは20世紀になってからですね。日本では江戸時代が最初と言われています。また、帝王切開が無かった頃は、妊婦さんの死亡率が高かったと言われていますね。だから、死体から赤ちゃんを取り出した…原作は...
  • ディレクターの目線blogみっきーさんのプロフィール

出産方法を含むブログ村メンバー

  •  
ゆっきーさん

出産方法を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

出産方法について