スケルツォ

スケルツォについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [スケルツォ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

スケルツォを含むブログ記事

Megumi(野谷恵)さん
  • 赤ちゃんと演奏も♪音楽と共に人生を生きる大人たちの演奏
  • ドOP.23−5は、 福間さんのピアノでランビエールさんが ミリタリーっぽい衣装で踊った、あの曲です。 ■ミリタリー・ランビエル&ラフマニノフ ↑2015年に書いた記事です。 ショパンはソナタ3番、スケルツォ2番、 そしてバラ1、と ドラマティックな曲が集まりました。 終演は21時前後かと思います。 よろしかったら 当日券でお気軽に。。 さて、、 がんばります。。(^_^) ***********...
  • 愛の夢のつづきMegumi(野谷恵)さんのプロフィール
kayokoさん
  • 生徒さんの発表会の曲ほぼ決定(*^^*)
  • 出てくださる生徒さんで曲が決まったのは献呈(シューマン=リスト)ソナタop.31-2『テンペスト』第3楽章(ベートーヴェン)ハンガリアン(マクダウェル)ベルガマスク組曲よりプレリュード(ドビュッシー)スケルツォ・ヴァルス(シャブリエ)ポロネーズト短調(ショパン)ワルツop.64-1『小犬のワルツ』(ショパン)カノン(パッヘルベル)トルコ風のロンド(ブルグミュラー)人形の夢と目覚め(エステン)ギャロップ(スト...
  • ピアノの音で幸せを届けます ♪kayokoさんのプロフィール
kazさん
  • 昭和練習からの脱却
  • する、その後先生のダメ出しをもらう。「そこ、歌えてないわ〜」と。一応弾けてから・・・という昭和感覚をそろそろ捨ててもいいのかもしれない。今自分が弾いている曲よりも、シンプルな曲を弾いてみる。ショパンのスケルツォを弾いているのだったら、モーツァルトのソナタのゆっくり楽章、多くの場合、第2楽章を弾いてみる。例えば、K.545のような。シ〜レドしドレ〜シソ・・・のような曲。大人の場合、いつピアノが弾けなくなるのか...
  • ピアノのある生活、ピアノと歩む人生kazさんのプロフィール
マイナー曲推進委員さん
  • CD ミュンシュ&ケルン放送響のルーセル:交響曲第3番、フォーレ:ペレアスとメリザンド、他
  • 冒頭のオーボエはちょっと不安定ですが、何のその。基本テンポは速めですが、細かく揺らしています。活気ある中間部のあとのまったり具合も良いです。強弱緩急の振れ幅が大きくて素晴らしいです。第3楽章。活気あるスケルツォです。速めのテンポで勢いがあるし充分鳴っていて気持ち良い。第4楽章。パワフルで輪郭がはっきりしていて、やっぱり素晴らしい。途中のヴァイオリン独奏のまったりした場面は遅めのテンポで対照的。終盤の加速も良...
  • クラシック・マイナー曲推進委員会マイナー曲推進委員さんのプロフィール
かえるさん
  • アロウズ:スティーヴ・カーン
  • 2014年10月 ( 4 )2014年09月 ( 4 )2014年08月 ( 6 )2014年07月 ( 5 )2014年06月 ( 2 )一覧を見る検索ブックマークmarsのGROOVY HOUSEスケルツォ倶楽部FUSION (フュージョン) MUSIC 研究所音楽の杜★アナログレコード★ デジタル化講釈日記Kenny's Music&Cinema&Books一覧を見る次へ前へコメントする記事一覧上に戻...
  • かえるの音楽堂かえるさんのプロフィール
hondaさん
  • 1490 「ロシア音楽はじめてブック」(オヤマダアツシ)
  • 、美と哀愁で聴き手の心を打つ「このように魅力的な旋律は、他の作曲家であれば緩徐楽章(アダージョなど、ゆったりとしたテンポの歌心にあふれた楽章)のためにとっておくだろう」 壮大な交響曲第2番の第2楽章(スケルツォ)、音楽のなかほどで演奏されるじつにロマンティックなメロディに言及した、イギリスの音楽評論家エドワード・グリーンフィールドの言葉だ。なにげないところに最高級のメロディを惜しげもなく使える作曲家、それが...
  • 図書のささやきhondaさんのプロフィール
岡林リョウさん
  • ☆グラズノフ:交響曲第8番
  • スタコが唯一称賛した2楽章という暗い楽章が、とても映えて聞こえるのは、まさに「相性」というものであろう。丁寧にやれば暗い幻想と浮き上がる夢の断片がこれだけしっかり聞こえてくるものなのだ。奇妙でおどけたスケルツォである3楽章がこれほどスケールのある音楽になりえるとも思わなかった。木管が裏で投げかける統一動機の小さな旋風もしっかり聞こえてくる。録音もいいのかもしれない。但しこれが「正しい」のかはわからない。アカ...
  • 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
まあふさん
  • 心の音楽療法「パワーアップ」/My Heart Will Go On
  • AD最新の記事「心の癒し方」第2版出版ドッグカート心の音楽療法「パワーアップ」/My Heart Will Go Onポテトグラタン心の音楽療法「パワーアップ」/トッカータとフーガ ニ短調ピアノ調律とスケルツォ2番心の音楽療法「パワーアップ」/ディヴェルティメント 第1番次の生徒さん【音楽と優雅】自然を取り入れた癒し心の音楽療法「パワーアップ」/真田丸+365日の紙飛行機一覧を見る画像一覧を見るテーマ♪♪音...
  • ヒーリングミュージックまあふさんのプロフィール
マエストロ・与太さん
  • 今年もまた年末三点セットでGo!
  • えて進むテンポ、深く沈みこむピアニシモ、低い重心から力強く立ち上がるクレッシェンド…この盤を聴くのは久しぶりだが、やはり素晴らしい。第九と聴くとこの第1楽章だけを繰り返し聴きたくなるほどだ。第2楽章のスケルツォはややテンポを上げて畳み込むようなスリリングな展開を聴かせてくれる。そして第3楽章のアダージョでは再び瞑想的な深みのある展開で、何と19分余をかけてこの楽章を歌いぬく。ここまで聴くと合唱入りの第4楽章...
  • 六弦音曲覗機関マエストロ・与太さんのプロフィール
“ スケルツォ倶楽部 ” 発起人さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

スケルツォについて