ロマネスク様式

ロマネスク様式についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ロマネスク様式] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ロマネスク様式を含むブログ記事

MAYAさん
  • 大阪城公園が誇る洋風建築「MIRAIZA OSAKA-JO」がかっこよすぎる!
  • :なし(店舗により異なる)Web:https://www.miraiza.jp/住所:大阪府大阪市中央区大阪城1-1 ミライザ大阪城おまけPHOTO入口には大きな車寄せ。外観は中世ヨーロッパに流行したロマネスク様式をイメージしているのですが、この堂々とした半円アーチもその建築様式の特徴の一つです。壁に惜しげもなく使用されている石は、紫雲石という高級な御影石らしいですよ。石材にもこだわっているんですね。石でない壁...
  • Design Journey|webデザイナーMAYAさんのプロフィール
kenさん
  • 1泊2日で巡るプラハの観光スポット
  • たのでなんとも慣れません。?↓プラハ城について詳しくはこちらへプラハ城 (Pražský hrad) - Prague.eu?続いて聖イジー聖堂。プラハ城で保存されている教会建築では一番古く、チェコのロマネスク様式の建築物の中では最も良く保存されています。920年ごろ ヴラディスラフ1世大公によって造られました。12世紀に改築され、 バロック様式のファサードは17世紀のものです。見所は聖ヤン・ネ ポムツキー礼拝...
  • 旅行の備忘録kenさんのプロフィール
huckさん
  • 135.サント(聖女)・フォア
  • ポステーラの道の途上にあるコンクは、そのために、多くの巡礼者が、足しげく通う土地となった。」Poastcard of l'eglise romane de XIe siecle.コンクの教会(11世紀ロマネスク様式)の絵ハガキ。コンクは、フランスを通るサンティアゴ・デ・コンポステーラの、4本の道のひとつ、ル・ピュイの道の途上にあります。つづく...
  • のんびり歩くヨーロッパhuckさんのプロフィール
helloworldheritageさん
  • タラゴナの遺跡群 【スペイン】 日帰り難易度と行き方 / No.39
  • がかかった。海岸沿いには円形闘技場がある。ここから闘技場へは歩いて15分ほど。カテドラル着工から完成まで300年近い年月を費やした大聖堂です。内部はとても広くなっています。礼拝堂のゴシック様式や回廊のロマネスク様式、小部屋のイスラム風の装飾などあらゆる建築様式が混在しています。遺跡群からは少し離れた丘の上にあり、市街地を抜けて20分ほどの場所にあります。傾斜の大きい坂や階段があるので注意が必要です。細い路地は交...
  • 日帰り世界遺産ブログhelloworldheritageさんのプロフィール
helloworldheritageさん
  • タラゴナの遺跡群 【スペイン】 日帰り難易度と行き方 / No.39
  • がかかった。海岸沿いには円形闘技場がある。ここから闘技場へは歩いて15分ほど。カテドラル着工から完成まで300年近い年月を費やした大聖堂です。内部はとても広くなっています。礼拝堂のゴシック様式や回廊のロマネスク様式、小部屋のイスラム風の装飾などあらゆる建築様式が混在しています。遺跡群からは少し離れた丘の上にあり、市街地を抜けて20分ほどの場所にあります。傾斜の大きい坂や階段があるので注意が必要です。細い路地は交...
  • 日帰り世界遺産ブログhelloworldheritageさんのプロフィール
helloworldheritageさん
  • タラゴナの遺跡群 【スペイン】 日帰り難易度と行き方 / No.39
  • がかかった。海岸沿いには円形闘技場がある。ここから闘技場へは歩いて15分ほど。カテドラル着工から完成まで300年近い年月を費やした大聖堂です。内部はとても広くなっています。礼拝堂のゴシック様式や回廊のロマネスク様式、小部屋のイスラム風の装飾などあらゆる建築様式が混在しています。遺跡群からは少し離れた丘の上にあり、市街地を抜けて20分ほどの場所にあります。傾斜の大きい坂や階段があるので注意が必要です。細い路地は交...
  • 日帰り世界遺産ブログhelloworldheritageさんのプロフィール
くみこさん
  • 美しきドゥオモと城壁の村、マレンマ北部「マッサ・マリッティマ」
  • オモのみ、それくらいガイドやSNSなどでドゥオモの写真を目にする、マッサ・マリッティマのシンボル的存在です。ドゥオモの正式名称はサン・チェルボーネ大聖堂。11世紀〜13世紀にかけて建立されたのでピサ・ロマネスク様式とシエナ・ゴシック様式が混じっています。残念ながら内部は撮影不可だったので写真はありませんが、立派な大理石の聖人チェルボーネの石棺や洗礼盤、ドゥッチョ・ブオニンセーニャの聖母子像など、様々な芸術作品も...
  • トスカーナ自由自在くみこさんのプロフィール
fujikaさん
  • ナポリ2018:サレルノの大聖堂
  • とずつ勉強していけばいいですよね。写真がえらく多いですが、適当に見て頂ければ。■概要・外観 大聖堂(Cathedral Duomo)ということなので、司教座聖堂のようです。この大聖堂は11世紀に、ロマネスク様式で建てられたもので、地震や地盤沈下などにより、数度にわたって改築されています。1084年6月、教皇グレゴリウス7世によって奉献されました。(建立年にあたるのかな)平面図は、こんな感じの長方形。平面形が...
  • 採集生活fujikaさんのプロフィール
softwindさん
りおりおさん
  • 15 第一歩
  • 『そうだな。 ゴシック様式だからじゃない? 高い塔にステンドグラスが好まれたし、高い塔を支える為に外から飛び出すような梁があるだろ? 梁で支えないと崩れるらしいよ』「へぇ。 はるか昔授業で習ったけど、ロマネスク様式、ゴシック様式、バロック様式? それ何?って感じだった」『分かる。 まあその時代の流行り建築って事だろうけど』「その時代の物が今もこうして残っているって凄いよね。」『それを言うなら日本でも残っているだ...
  • さくらいろりおりおさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ロマネスク様式について