ロマネスク様式

ロマネスク様式についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ロマネスク様式] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ロマネスク様式を含むブログ記事

ロミコさん
  • 【ドイツ】Hallo! ミュンヘン旅行 日帰りでアウクスブルク観光
  • はないのがまた素敵。町の中心から20分程歩くと、お目当てのアウグスブルク大聖堂に到着です。 ゆるやかな坂の上に教会はありました 思わすツンツンしたくなる中世の方々大聖堂は、9世紀から11世紀にかけてはロマネスク様式(ローマ風の中世ヨーロッパ洋式)で、14世紀以降はゴシック様式(12世紀から16世紀にかけてパリで始まった洋式、ゴシックは「ゴート人(ゲルマン系の一民族)の意味」)で改築されているそうです。二つの様式...
  • 東京アラフォンヌロミコさんのプロフィール
Kさん
  • ウォルターズ美術館
  • 雰囲気もとても素晴らしく、個人的には、ボルチモア美術館よりも楽しむことができました。ウォルターズ美術館のコレクション ウォルターズ美術館では、古代ローマ、古代ギリシャ、バロック美術、ルネッサンス美術、ロマネスク様式、ゴシック様式、ビザンティン美術、印象派などのヨーロッパ絵画と彫刻彫像、イスラム美術などのほか、アジア美術などのコレクションも鑑賞することができます。 以下では、私がいいなぁと感じた作品です。ただし、...
  • 世界遺産マイスター K の「ひとり海外旅行」日記Kさんのプロフィール
TOMOさん
  • ロック・オブ・キャシェル
  • ーマック礼拝堂(1134年)ようやく外観の修復が終わりました。外壁に使われているのは砂岩で約16,000個使用されているそうです。三角屋根は伝統的なアイリッシュスタイルで、丸みを帯びたアーチ形の窓枠はロマネスク様式。残念ながら内観は引き続き修復中とのことで見学できず。写真は2016年夏に撮影したものです。壁画にペインティングが施されているのは中世アイルランド教会では非常に珍しいものになります。ここロック・オブ・...
  • アイルランド旅行ブログTOMOさんのプロフィール
あつこさん
  • Santo Domingo de la Calzada
  • 鶏は生き返って逃げ出したそうでこれが、、聖ドミンゴの奇跡として語り伝えられ白い鶏の番えが教会内部で飼われているのです。鶏を従えた聖ドミンゴの像ルネッサンス様式の装飾聖ドミンゴのお墓右側に聖ジャックの像ロマネスク様式の聖母子像柱頭の飾り柱頭の浮き彫り柱の浮き彫り天井の造りが美しいです。続く、、、サークルで関連記事を探してみよう!ヨーロッパ旅行この記事に>趣味とスポーツ>レジャー>旅行王妃の橋コメント(2)石畳の道...
  • 制作の日々あつこさんのプロフィール
大海彩洋さん
白熊二代目さん
  • お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ? シャルトル
  • 都市であり、市中央部にあるノートルダム大聖堂(シャルトル大聖堂)はゴシック建築の傑作として知られます。」「左右の塔は建設された時代の違いにより異なった建築様式になっています。左側はゴシック様式、右側はロマネスク様式です。」とホテルの件で動揺する白熊二代目お出かけ隊隊長に代わり解説する平川(ベア)君とゲロパンD白熊二代目親子が記念撮影する大聖堂の上には薄黒い雲が・・・・・・まるで今の白熊二代目の心を現しているかの...
  • 新・白熊二代目の今日は佳き日白熊二代目さんのプロフィール
ひでさん
  • 行きたいフランス ? アルルのローマ遺跡群 ポン・デュ・ガール カルカッソンヌ
  • ペディアより拝借)」そうなんです。ビゼーのアルルの女のあらすじです。それでは、アルルとはどこにあるんでしょうか? *アルルのローマ遺跡群 南フランスのマルセイユの西にアルルはあります。古代ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群は、「ガリアのローマ」と呼ばれています。古代ローマ帝国の属州だった時代に造られたローマ劇場や城壁などの遺跡群と、中世において巡礼者でにぎわったロマネスク期の教会が見事だという話です。 *ポン・...
  • ひでのいつかは世界一周ひでさんのプロフィール
Noelさん
  • バルセロナのカテドラルこと『サンタ・エウラリア大聖堂』
  • ルガンがあります。中世のパイプオルガンの多くはドイツ製かオーストラリア製のものが多いのですが、こちらは珍しいスペイン製だそうです。パイプオルガンの反対側の壁には、11世紀に現在のカテドラルの前身となるロマネスク様式の教会を作ったバルセロナ公爵ラモン・バランゲー1世と彼の妻アルモディスのお棺が据えられています。その上の壁にはカタルーニャの旗が描かれていました。天井を見上げると、数十メートル上の一際高い塔の部分には...
  • ノエル旅行記 -Noel's Travels-Noelさんのプロフィール
Hiroさん
  • コソボ自治区の首都プリシュティナ!観光のアレコレ特集!
  • 20ユーロといった小額紙幣を多く持参されることをお勧めします。プリシュティナの観光マザーテレサ教会マザーテレサ教会は当時のコソボ領で生まれたマザーテレサのために作られたカトリックの教会です。堂内はネオロマネスク様式の教会です。壁面のステンドグラスにはマザーテレサの生涯が描かれています。インドのイメージが強いですが、民族的帰属はアルバニア人です。鐘楼に登ることも出来ます。一人1ユーロです。国立図書館国立図書館は大...
  • Another WorldHiroさんのプロフィール
旅猫さん
  • ローマ編 サンタマリア イン トラステヴェレ聖堂
  • 行けるってことでサンタマリア イン トラステヴェレ聖堂に行きました。残念ながらファサードは修復中でした。外側にもモザイクと彫刻があって美しいんですよ。起源は3世紀でローマでも最古の教会です。なので当然ロマネスク様式ですね。窓が小さいので内部は暗いです。暗い分中央祭壇のモザイクとフレスコ画が鮮やかに浮かび上がります。格天井は16世紀に付け足されました。確かにバロックっぽい。後陣のモザイクは13世紀のものです。絵が...
  • 旅猫 世界の絶景と猫と時々グルメ旅猫さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ロマネスク様式について