繁殖地

繁殖地についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [繁殖地] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

繁殖地を含むブログ記事

mei-chanさん
  • 多摩動物公園に“ひとり”で行く
  • はり人間の祖先だな。よく似ている。 園内はコウノトリが多い。狭くて低い網の中で、飛ぶに飛べずに気の毒そう。それに引き替え、ワシのオリは広く高く、不公平。そして、コウノトリのエリアが多いのは、多摩が繁殖地に指定されているためだそうだ。贅沢と言えば、コアラが一番贅沢。数匹のコアラの為に、立派な専用の建屋。 オランウータンは、布をかぶって何を考える?ユキヒョウは精悍で格好良い。そして園内は、紅葉がキレ...
  • エムズの片割れmei-chanさんのプロフィール
まるのんちゃんさん
  • コブハクチョウとコハクチョウ
  • カ半島、千島列島を経て北海道へ来るコースと、オホーツク海を回り込み、サハリンを経由して北海道へ渡るコースがあるようです。そして、北海道から更に本州へと南下してくるのですね。春には逆のコースを辿り、北の繁殖地へ帰って行きます。大人が4羽で子供が4羽。最初、上の写真の2羽は離れたところにいましたので、このカップルと残りの6羽とは、別の家族かもしれません。グレーの子が今年産まれた子供です。体はすっかり大きくな...
  • アウトドア親爺の徒然日記まるのんちゃんさんのプロフィール
jacktheripper25さん
  • 【どうぶつ】ラッコ、根室沖で繁殖か…「そっと見守って」 花咲ガニを食べる姿も
  • //www.yomiuri.co.jp/photo/20171116/20171116-OYT1I50001-L.jpg 北方4島や千島列島に生息しているラッコが、北海道根室市沖のモユルリ島付近を繁殖地としている可能性が高いことが専門家の調査で明らかになった。  北方4島以外の国内ではこれまで繁殖が確認されたことはないという。モユルリ島の対岸にある花咲港に姿を見せることも多くなっている。  ...
  • ぎぎぎ速報jacktheripper25さんのプロフィール
韓国観光公社在韓日本人ネットワークさん
  • 【韓国旅行】南の島でゆったりとした時間を過ごす〜楸子島、馬羅島〜
  • さな多島海」と呼ばれています。重なり合って見える島の峰は、まるで深い山中にいるかのような感じを与え、海と独特な形の島が合わさって美しい風景を演出します。 カラスバトやオオミズナギドリといった海鳥類の繁殖地(天然記念物題333号)、崔瑩将軍祠堂(済州記念物第11号)、楸子処士閣(済州有形文化財第9号)などが文化財指定されている他、2010年6月には済州オルレ18−1コースとして、楸子島オルレウォーキング...
  • 韓国観光公社在韓日本人ネットワーク韓国観光公社在韓日本人ネットワークさんのプロフィール
shiina1210さん
  • レッドリスト種・コジュリン(準絶滅危惧種)
  • 息するが、目立たないこと もあり、観察数は少ない。宇都宮市鬼怒川の河川敷では、 毎年5、6羽が記録されている。なお、良好な繁殖環境が 出現・維持されれば栃木県でも繁殖する可能性がある。【生存への脅威】繁殖地の環境悪化が考えられる。★参考 レッドデータブックとちぎこの記事に>趣味とスポーツ>レジャー>自然観察コメント(0)コメント投稿名前パスワードブログ絵文字×オリジナルSoftBank1So...
  • ブログ版! 渡良瀬橋夕景shiina1210さんのプロフィール
ronさん
  • 「東屯田川遊水地」
  • 、オオストラリア、インドです。もうすぐ旅立つと思います。ここにもいました。ダイサギです。夏鳥です。拡大します。続いて西遊水地へいきます。木道があります。水鳥たちが沢山います。ヒドリガモです。旅鳥です。繁殖地は、ユーラシア大陸、越冬地は、中国やインドです。北海道は中継地です。次は、カワアイサです。冬鳥又は留鳥です。いつものマガモもいました。最後にトビも見ました。留鳥です。いつもいます。いつもは、野鳥観察が...
  • リタイアライフのつぶやきronさんのプロフィール
まぐぴさん
  • ミヤマって北からって意味?
  • っちでも見かけたような気がするが、ここんとこ落ち着き越冬場所も固定化されつつあるような気がする。ところでミヤマガラスという名前、何故ミヤマなのかな?。たぶん「深山」という漢字を当てはめるのだと思うが、繁殖地は深い山じゃないよね?。先日の記事の見出し「山形で禿鼻鴉」の「禿鼻鴉」、こっちのほうがぴったりだと思うんだけどな......(^_^.)。ミヤマと付くのはこのミヤマホオジロも同様、こっちもたぶん深山で...
  • 別館 生き物ウォッチングとベガルタが好きまぐぴさんのプロフィール
bnjさん
  • 【福岡】越冬 博多湾で羽休める【西日本新聞2017年11月12日】
  • ラサギが今年も飛来している。市民団体「和白干潟を守る会」の山本廣子代表によると、現在計約30羽が羽を休めているという。 ミヤコドリは体長約40センチで、長いくちばしと足が赤く、黒い体に白い腹部が特徴。繁殖地のカムチャツカ半島などからやってくる。 黒い顔と長いヘラに似たくちばしが特徴のクロツラヘラサギは体長約75センチ。世界で3900羽程度しかおらず、朝鮮半島などで繁殖するとされる。 どちらも例年4月ごろ...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
sunkyuさん
  • ● 今更ながらアサギマダラ
  • けて飛ぶのがいるらしい。 その飛行方法を考察する「アサギマダラの渡りからヒントを得た滞空飛行」 アサギマダラは、春から夏にかけては本州等の標高1000メートルから2000メートルほどの涼しい高原地帯を繁殖地とし、秋、気温の低下と共に適温の生活地を求めて南方へ移動を開始する。そして、遠く九州や沖縄、さらに八重山諸島や台湾にまで海を越えて飛んでいくらしい。  海を渡って1000キロ以上の大移動。台湾・陽明山...
  • つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽsunkyuさんのプロフィール
shiina1210さん
  • レッドリスト種・クロツグミ(準絶滅危惧種)
  • では平坦部の二次林で生 息・繁殖するが、近年は生息地域が山沿いに後退し、個 体数も減少している。ただし、宇都宮市の西部丘陵のよ うに地域によっては再び生息が確認されている場所があ る。【生存への脅威】繁殖地の森林の分断による孤立化と林内 構造の単純化による生息環境の悪化および越冬地の森林 破壊が挙げられる。★参考 レッドデータブックとちぎこの記事に>趣味とスポーツ>レジャー>自然観察コメント(0)コメン...
  • ブログ版! 渡良瀬橋夕景shiina1210さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

繁殖地について