共同相続人

共同相続人についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [共同相続人] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

共同相続人を含むブログ記事

司法書士 宮下普正さん
Мさん
  • がん患者の自分が「厄介者扱い」された場合、それでも負けないで!!
  • 28日までに、東京都練馬区上石神井4,司法書士、 滝田泰伸容疑者(34)を公正証書原本不実記載、同行使などの容疑で逮捕した。 調べによると、滝田容疑者は昨年5月下旬、あきる野市の男性会社員(44)の 共同相続人が死亡し、この会社員が単独で不動産の所有権を得たとする虚偽の 戸籍謄本を東京法務局福生出張所に提出した疑い。  共同相続人は当時、行方不明だった。滝田容疑者は、会社員の借金元の大手 消費者金融会社から...
  • ゆうらり Happy SmileМさんのプロフィール
るるーしゅさん
  • 民法 ポイント
  • 性質相続開始(882条)によって3000万円の債務は相続人の「共有」(898条)となる。この「共有」とは原則として249条以下の共有と同義と解する。そのため、金銭債務のような分割債務は当然分割され、各共同相続人が法定相続分に応じて承継する。遺産分割遺産分割(906条以下)は相続開始によって遺産共有状態となった財産の帰属を確定させる行為であり、協議分割(907条1項)でどのように遺産分割を行うかは相続人の自由...
  • ☆司法試験のかゆいところ☆るるーしゅさんのプロフィール
おびちゃんさん
  • 遺産分割の見直し;?一部分割
  • では、現行の民法907条をより明確化するという目的の下、改正案に組み込まれました。 それでは、現行の民法907条と改正案で提示された民法907条を比較していきましょう。まずは現行の民法907条第一項。共同相続人は、被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでもその協議で遺産の分割をすることができる。そして改正案での民法907条第一項。共同相続人は、被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでもその協議で遺産の全部又...
  • 世界一わかりやすい?!相続知識配信BLOGおびちゃんさんのプロフィール
司法書士 西垣哲也さん
  • 4月ももう月末 情報の取捨選択
  • 賠償を請求することができる(平21-16-イ)。Q2 複数の者が連帯して金銭債務を負っている場合において、債務者の一人が死亡して、その債務者について複数の者が相続をしたときは、当該金銭債務の債権者は、共同相続人の一人に対して当該金銭債務の全額の支払を請求することができる(平22-23-ア)。Q3 Aからアパートを賃借していたBが死亡し、C及びDが賃借権を共同相続した場合、Aは、C及びDのうち一方のみに対して...
  • 日進月歩 司法書士試験合格への道標司法書士 西垣哲也さんのプロフィール
司法書士 西垣哲也さん
  • 今回の急所は無権代理で一番大事なテーマ
  • で相続しても、無権代理行為は当然に有効になることはなく、本人は、その追認を拒絶することができます(最判昭37.4.20)。  ですが、117条の責任については、相続します。A3 誤り 無権代理人以外の共同相続人が無権代理行為の追認を拒絶したときは、無権代理人の相続分に相当する部分についても、当然に有効となることはありません(最判平5.1.21)。 A4 正しい そのとおり、正しいです(最判平10.7.17)...
  • 日進月歩 司法書士試験合格への道標司法書士 西垣哲也さんのプロフィール
佐藤智彦さん
  • LIVE 雑談放送【司法書士試験】の勉強中・判例・条文・先例・登記研究の要約作業(平成30年4月16日)
  • の正本を有する債権者がする「配当要求」は差押に準ずるものとして消滅時効中断の効力を生ずる。配当要求 ? 時効中断「する」14.(最判平13.7.10)★★被相続人の占有により取得時効が完成した場合その共同相続人の一人は自己の相続分の限度においてのみ(全部は ?)取得時効を援用することができる。(直接利益を受ける人が援用できる⇒最小限に留めたい)15.(最判平1・10・13)不動産強制競売手続において催告を受...
  • 法律記事YouTube佐藤智彦さんのプロフィール
遺産相続トラブル男さん
  • 遺留分を渡したくない…どうする?
  • 0万円÷2人で750万円となります。そして遺留分は、750万円×2分の1=375万円となりますが、これは相続放棄の結果であり、遺留分の放棄の結果ではありません。2-3.遺言で持戻し免除の意思表示を行う共同相続人中に、遺贈を受け、又は被相続人の生前に婚姻、養子縁組若しくは生計の資本のため贈与を受けた者がいる場合、相続分の計算において、当該遺贈及び贈与の額を相続財産に持ち戻して計算する必要があります(民法903...
  • 遺産相続 弁護士相談カフェ遺産相続トラブル男さんのプロフィール
相続ひまわり相談室さん
  • ●特別受益が認められるのは相続人のみです
  • ●特別受益 ・特別受益とは、共同相続人の中に故人から遺贈を受けていたり、生前に贈与を受けていたなどの場合、相続分の前渡をされていたものと考え、その者の相続分を減らすことによって相続人間の平等を図ろうとするものです。(民法903条) ・特別...
  • 出水発 知っておきたい遺言・相続と離婚相続ひまわり相談室さんのプロフィール
ブーチャンさん
  • 遺産分割ももめます この土地は分けられない
  • 分の指定があれば指定分割で 指定がなければ原則 協議分割します ☆現物分割☆換価分割☆代償分割 この場合 一番やっかいなのは 不動産や自社株です 現物の分割が困難なため この場合は代償分割をします 共同相続人のうち 特定の相続人が遺産そのものを取得し その代償として 自己の固有財産支払います ですからあまり多くの不動産があると分割には・・・・・...
  • 就職・転職するなら今すぐ行動しようブーチャンさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

共同相続人について