共同相続人

共同相続人についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [共同相続人] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

共同相続人を含むブログ記事

宅建超高速勉強術さん
  • 宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-16 民法(担保責任) 問題と解説
  • い。強制競売による503号室の取得者は、同室に隠れた瑕疵があった場合でも、同室の前所有者に対し、担保責任を追及することができない。遺産分割による504号室の取得者は、同室に隠れた瑕疵があった場合、他の共同相続人に対し、その相続分に応じて、売主と同様の担保責任を追及することができる。マンション管理士 過去問 H20-16 民法(担保責任) 解説 1. 〇 正しい【問題】負担の付かない贈与による501号室の取得...
  • 宅建超高速勉強術 公式ブログ宅建超高速勉強術さんのプロフィール
kt01mkさん
  • 2級学科201709問題59
  • 問題59: 遺産分割対策正解: 41. 適切。遺言により遺産分割方法を指定しておくことは、遺産分割における共同相続人間のトラブルの発生を防止するのに効果的である。2. 適切。財産の大半が不動産である場合、不動産の一部を売却し、現金化しておくことは、遺産分割対策として有効な方法の一つである。3. 適切。代償分割を予定...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
kt01mkさん
  • 2級学科201709問題54
  • 産の分割は、遺産に属する物または権利の種類および性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態および生活の状況その他一切の事情を考慮して行うものとされている(民法第906条)。3. 適切。遺産の分割について、共同相続人間で協議が調わないとき、または協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができる(民法第907条第2項)。4. 適切。協議分割においては、共同相続人全員が合意す...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
オケアヌスさん
  • 王冠と鉄の杖を持つ−11月12日英語説教のポイント(その3)
  • なぜなら、国民はもし圧力を受ければ、同等の力で逆に抵抗することができるからです。すべての武力が集中化され、掌握されていれば何もできません。神様の王国において、神様は自分の鉄の杖で王国を支配します。その共同相続人は王冠と鉄の杖を持つのです。人々がキリストの共同相続人となるのであって、奴隷の国の奴隷になるのではありません。(Vimeo1:10:39) サウジアラビアで何が起きているか見てください。ミサイルの発射...
  • サンクチュアリ NEWSオケアヌスさんのプロフィール
おびちゃんさん
  • 代償相続で代償金を準備できない…。
  • りますが、ここで忘れてはいけない重要なポイントが2つあるのです!!まずは、前回解説した代償相続の定義を思い出してください。代償相続とは、相続人が複数いる場合に、そのうちの誰か一人が全財産を相続し、他の共同相続人に代償金を与えるといった相続方法のことを言います。続いて、相続時における死亡保険金の定義。生命保険会社から支払われる死亡保険金は、相続人固有の財産とみなされます。感の鋭い方は、お気づきになるかもしれま...
  • 世界一わかりやすい?!相続知識配信BLOGおびちゃんさんのプロフィール
まーくんさん
  • 2級学科・相続分野・遺産分割・代償分割
  • 2級学科・相続分野・遺産分割・代償分割 2級学科・相続分野・遺産分割・代償分割問題3.代償分割において、共同相続人のうち、特定の者が被相続人の相続財産を取得し、その者が他の相続人や受贈者に代償として交付する資産は、その者の固有財産のうち現金に限られる。本問題解説2016年9月2級学科遺産分割・寄与分・代償分割・換...
  • まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説まーくんさんのプロフィール
まーくんさん
  • 2級学科・相続分野・遺産分割・換価分割
  • 2級学科・相続分野・遺産分割・換価分割 2級学科・相続分野・遺産分割・換価分割問題4.換価分割において、共同相続人が相続によって取得した財産の全部または一部を換価し、その換価代金を分割した場合、各相続人が取得した換価代金は、所得税において非課税所得とされている。本問題解説2016年9月2級学科遺産分割・寄与分・代...
  • まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説まーくんさんのプロフィール
見積ガイドさん
  • 【終活】遺言書の作成時に知っておきたいできること、できないこと
  • 、他にもいくつか内容を定められることがあります。【遺言書でできること】・相続分の指定、指定の委託・遺産分割方法の指定、指定の委託・財産の遺贈、寄付・特別受益の持ち戻しの免除・最長5年の遺産分割の禁止・共同相続人間の担保責任の指定・遺言執行者の指定、指定の委託・遺留分減殺方法の指定・財産の処分・財団法人設立のための寄付行為・財産の信託・相続人の廃除、廃除の取り消し・認知・未成年後見人の指定、後見監督人の指定・...
  • 解体工事の事例集見積ガイドさんのプロフィール
合格コーチさん
  • 2017年版 つぶやき確認テスト民法(17・了)
  • 425) 限定承認とは、また、要件及び効果とは(p306)(426) 相続放棄とは、また、要件及び効果とは(p306)(427) 遺産分割とは、また、遺産分割の方法とは(p307)(428) 判例は、共同相続人間において遺産分割協議が成立した場合に、相続人の1人が他の相続人に対して右協議において負担した債務を履行しないときに、どのように解しているか(p308)(429) 判例は、特定の遺産を特定の相続人に「...
  • リーダーズ式 合格コーチ 2017合格コーチさんのプロフィール
弁護士岩熊豊和さん
  • 残される家族のために今すぐ遺言書を作成するべき理由
  • を読んだらすぐに遺言書を作成するべき」だというものです。その理由について考えてみたいと思います。遺言書の内容は最優先される相続は被相続人の死亡により開始します。法定相続人が複数いる場合には、相続財産は共同相続人の共有となり、その後は遺産分割によって財産分けが行われることになります。この場合は、原則として法定相続分の割合に応じることになります。しかし、被相続人が遺言書を作成していた場合には、遺言書に書かれてい...
  • 弁護士岩熊豊和ブログ弁護士岩熊豊和さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

共同相続人について