舟運

舟運についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [舟運] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

舟運を含むブログ記事

とうやのひとり言さん
  • 首都圏で山形県酒田港ポートセミナー
  • 一ホテル東京シーフォート」で開催された。 吉村知事が挨拶で山形県は、温泉日本一、滝日本一、サクランボ日本一、ラフランス日本一、つや姫日本一などと山形県をアピール。かつて、山形県を縦貫して流れる最上川の舟運と、西回り航路で栄えた酒田港を、再び世界に向けた拠点港として再整備している酒田港の魅力を訴えた。 県側は、大澤観光文化スポーツ部長と角湯県土整備部長が酒田港は、東北の日本海f側に位置し、東京から北へ3...
  • とうやのひとり言とうやのひとり言さんのプロフィール
きーらくだまさん
  • 毎年11月30日、本みりんの日
  • 五代目秋元三左衛門のようで、天明元年(1781)であった。初代堀切紋次郎のそれより8年後である。流山でのみりん造りが盛業を得たのは、原料の米や焼酎の産地が近く調達が容易であったこと、大消費地江戸に近く舟運の便も良かったことなどによるが、それはお隣の松戸にも通じることだ。松戸でも一時は「味醂と白酒は松戸の土産」と言われて、明治時代にはそれらが輸出されてもいたのだが、その大野屋竹内仁兵衛酒造所の創業は文政...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール
CAMMIYAさん
  • 過去記事更新情報・・・新河岸川放水路下流端の地点標写真追加
  • o;2017年11月27日(月)過去記事更新情報・・・新河岸川放水路下流端の地点標写真追加テーマ:├池袋〜東上線&西武・秩父↑左岸にて、、、■本ブログ内関連記事参照 武蔵の商都「引又」の栄光 新河岸川舟運を最大に享受 志木歴史考 [ 神山健吉 ]1,944円楽天新河岸川の八助 (子ども世界25冊の本)Amazon↑右岸にて、、、■本ブログ内関連記事参照 川越舟運―江戸と小江戸を結んで三百年 (1982...
  • 警「美」報 告 書 ☆彡CAMMIYAさんのプロフィール
峰さんさん
  • 奥州街道を歩く(19:氏家) 栃木県塩谷郡
  • 亡に伴う勝山城の廃城で、禄を失った家臣達の一部がここ氏家に住み着き、宿場としての町並みを開きました。ここ「氏家宿」は、もともと、鬼怒川の水路が江戸まで通じていたため、宿場町の端の「阿久津河岸」が鬼怒川舟運の起点となっていました。そして、1627年には「奥州街道」が開通し、更に1695年に「会津中街道」(氏家〜会津若松)が開かれ、また「会津西街道」(氏家〜大内〜会津若松)の整備もあって、「氏家宿」は、物...
  • ウォーク更家の散歩峰さんさんのプロフィール
inamさん
  • 寝屋川〜枚方(京阪沿線街道めぐり)
  • かない。もう何度も訪問しているところで、勝手知ったるところだけれど、ガードマンさんのお勧めのアングルで何枚も写真を撮らされる。鍵屋の裏手はすぐ淀川。枚方宿は、単なる宿場町ではなくって、伏見〜大坂の間の舟運の中継点でもあったところだ。淀川を往来する船客に酒や食べ物を売っていた「くらわんか舟」の復元模型が見られる。館内のビデオでも紹介されているが、酒と餅とごんぼ汁(ごぼう汁)が定番だったようだ。枚方公園駅...
  • 忙中閑歩日記inamさんのプロフィール
o24nさん
  • 琵琶湖疏水の観光船「琵琶湖疏水通船」が2018年春にスタート!通船の運航は67年振りみたい
  • 琵琶湖疏水通船」が2018年春に復活するみたいです。1890年(明治23年)に完成した琵琶湖疏水は「琵琶湖の水を京都へ引くため」に作られた人口運河で、国の史跡に指定されています。琵琶湖疏水は物資を運ぶ舟運のルートにもなっていましたが、鉄道など陸運の発達により、1951年(昭和26年)9月の大津から山科への砂利運搬を最後に、舟運は姿を消しました。そんな琵琶湖疏水に、67年ぶりに通船の運行が開始されるよう...
  • おおつうしんo24nさんのプロフィール
オッス!オラ、ニート!さん
  • 日本の難読地名と由来〜山形編〜
  • 西村山郡西川町海味?【由来】諸説あり、定かではありません。1.アイヌ語の「カイシュツ」は「平坦な丘」という意味があり海味の山々に似ており、それが転訛し「カイシュウ」となった説2.海味は江戸時代に最上川舟運で栄えていた頃、その支流の寒河江川の船着場では「海朱」と言われていた(当時は船荷を明確にするため、荷物は朱色の刻印が押され、酒田の海へと続くことから海朱(かいしゅ)と呼ばれていた)。それが、昭和元年に...
  • 賢くなりたい、でも、バカでもいたい。オッス!オラ、ニート!さんのプロフィール
風の時編集部さん
  • 第1回せんだいコンセキ発掘塾レポート
  • 動した」、「これからは歴史の時間軸も考えるようにしたい」などの感想が寄せられました。次回は11月26日[日]、「地名」の達人・太宰幸子さんとともに、仙台御城下でもっとも重要な橋だった「大橋」と、御城下舟運ターミナルだった「舟丁」を発掘します。...
  • 「風の時編集部ブログ」 仙台の原風景を観る、知る風の時編集部さんのプロフィール
minoriさん
  • 最初の水力発電・京都府知事・北垣国通
  • る。日本で初となる、水力発電所が京都に作られる。1895年(明治28年)には京都・伏見間で日本で最初に電気鉄道として京都電気鉄道(京電)が京都を走った。また、今は、船で荷物や人を運ぶ事はないが、当時は舟運としても、琵琶湖と京都や京都と伏見、宇治川の間を通り、多くの人たちに利用された。そして、疏水の水は、京都市民の上水(飲料水)として供給され、人々の生活を助けている。その他、農業用水・工業用水、京都御所...
  • happy-ok3の日記minoriさんのプロフィール

舟運を含むブログ村メンバー

  •  
kimkimさん
ヒカルさん
蔵の街社労士さん