入母屋造

入母屋造についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [入母屋造] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

入母屋造を含むブログ記事

ピキオさん
  • 【延喜式内社】大阪府泉大津市・泉穴師神社【和泉五社】
  • 命(タクハタチヂヒメ)とされているが、本来の祭神は、穴師氏の祖神とされる天富貴命(アメノフキ)・佐古麻槌神(サコマツチ)とする説もある。本殿は千鳥破風付きの檜皮葺き、一間社流造の比翼造、拝殿は瓦葺きの入母屋造・によるもの。境内社境内社大阪みどりの百選の碑御朱印それでは、また。ごきげんよう^^ にほんブログ村...
  • 関西歴史街道ピキオさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2798回 真宗寺(しんしゅうじ)真宗大谷派/新潟県上越市寺町
  • JUGEMテーマ:国内小旅行 コンクリート造の本堂。斜めから。銅板葺き入母屋造り屋根平入り、流れ向拝。遠景。内法レベルに、コンクリート打ち放しの胴差が鉢巻状にまわり、そこまでがコンクリート造で、その上、垂壁と屋根回りが木造のハイブリッドのようです。向拝まわり。コンクリート打ち放...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
jf0rakさん
  • 大徳寺鐘楼
  • ウェブこのブログ内で旅と歴史全国各地の史跡を取り上げて紹介しています。大徳寺鐘楼2018年09月06日 |旅 歴史 京都府京都市北区紫野大徳寺町に大徳寺があります。 大徳寺の鐘楼は間口3間、奥行2間、入母屋造り、本瓦葺きの袴腰が付いた建物で、天正11年(1583)に建てられています。明治42年(1909)に国の重要文化財に指定されています。下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2797回 太岩寺(たいがんじ)曹洞宗/新潟県上越市寺町
  • 瓶束。桁虹梁と冠木の間に二段の平三つ斗。妻面を内側から。山門をくぐれば真っ直ぐの参道の先に本堂。外壁が下見板張りの本堂。明治のころの、西洋風の校舎のような佇まい。斜めから。切妻造り屋根平入り、銅板葺き入母屋造り屋根妻入り向拝。左右に付属下屋。向拝見上げ。雲から盛大に滝が落ちる図案の彫刻蟇股。大きな口が特徴的な見返りの唐獅子の頭貫木鼻彫刻。向拝を横から。両引き分けの桟唐戸の正面入り口。...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
MuhWさん
  • 数馬にて
  • した。蛇の湯温泉たから荘です。《MAP》いままで何度となく走ったこの道ですが、ぜんぜん気がつきませんでした。国の登録有形文化財に登録されております。《紹介ページ》紹介文によると、屋根は表面に檜皮を葺く入母屋造茅葺であり、東妻側は富士型二重兜造と呼ばれる特徴ある形態をもつ。小屋組や室内の改変から地域における養蚕業の変遷がうかがえるなど、地域の歴史を伝える希少な大型民家である・・・・とのことです。今から200...
  • MI:JMuhWさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2796回 妙国寺(みょうこくじ)日蓮宗/新潟県上越市寺町
  • JUGEMテーマ:国内小旅行杉並木の間の緑陰の参道。夕方なので、正面、西の空が明るく輝いています。本堂。斜めから。入母屋造り屋根平入り、唐破風軒流れ向拝。開口部は小さく、外壁は下見板張りですが、正面の一部が漆喰塗です。向拝見上げ。雲模様の中心に「井桁に橘」の懸魚。向拝柱上部。頭貫木鼻彫刻の類はなく、側面に大きな角材の頭貫...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
jf0rakさん
  • 大徳寺法堂
  • り上げて紹介しています。大徳寺法堂2018年09月04日 |旅 歴史 京都府京都市北区紫野大徳寺町に大徳寺があります。 大徳寺の法堂は間口5間(17.66m)、奥行4間(13.65m)、単層もこし付、入母屋造り、本瓦葺きで、仏殿より一回り大きな建物です。寛永13年(1636)小田原城主稲葉正勝の遺志により、子の正則(まさのり)が建立しました。 堂内は鏡天井で狩野探幽の雲龍が描かれています。側柱のうち、背面...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール
みどりの木さん
  • 名古屋城の紹介 19 外堀の外の堀と市庁舎・愛知県庁舎
  • ンがいいですね。 次に愛知県庁舎です。 4年前に国重要文化財になっている愛知県本庁舎です。市庁舎が出来てから、5年後に建設されました。 愛知県本庁舎の解説板です。中央に名古屋城大天守に似た、破風付きの入母屋造屋根をのせています。名古屋城を意識した造りになっています。 愛知県本庁舎正面です。 江戸時代この辺りは、石見さんや榊原さんらの武家屋敷でした。 今日はここまでで、明日が最終回です。 読者募集中ですので...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
jf0rakさん
  • 大徳寺仏殿
  • 史跡を取り上げて紹介しています。大徳寺仏殿2018年09月02日 |旅 歴史 京都府京都市北区紫野大徳寺町に大徳寺があります。 大徳寺の仏殿は間口3間(12.75m)、奥行3間(10.73m)、単層、入母屋造り、本瓦葺きで、四周に1間通りもこしをつけています。寛文5年(1665)に、京の豪商・那波常有(なわ じょうゆう)の寄進で新造されています。 仏殿の内部の須弥壇には、徳川家綱が寄進という釈迦如来坐像を...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール
SERUNAさん
  • 福徳開運『於菊稲荷神社』@群馬県(その1)
  • 。境内はこんな感じにシンプル。町の中の小さな神社といった感じです。こちらは道祖神(左)と庚申尊(右)。参道は鳥居をくぐって進み、左に折れる形で続きます。鳥居に向かって左手側に手水舎(水屋)があります。入母屋造、瓦葺、手水鉢は石造。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−高崎市文化財指定 於菊稲荷神社 水屋 新町宿は中山道の宿場町として宝暦(1751)から文政(1818)にかけ人馬の交通量...
  • SERUNAさんちのあじふらいSERUNAさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

入母屋造について