金ヶ崎の退き口

金ヶ崎の退き口についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [金ヶ崎の退き口] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

金ヶ崎の退き口を含むブログ記事

K2さん
  • 2018 夏のミニ歴史旅 4 〜 金ヶ崎城+天筒山城
  • 方に対して北朝(足利氏)方が陣を引いたのが始まり。戦国期は金ケ崎城の支城として朝倉氏が支配した。1570年 天筒山城を落とした織田軍が朝倉軍の撤退した金ケ崎城に入った直後に浅井氏の裏切りを知り、後に[金ヶ崎の退き口]と呼ばれる退却戦が行われた。センゴク3巻で描いておる。 ライフーゼロで展望台登れなかった。「さよなら、ニルヴァーナ/窪美澄」の或る場面を想像する景色。敦賀湾一望明らかに太った(-_-;)    ...
  • 青の傭兵K2さんのプロフィール
名言メモさん
  • 遺言は、病気の重い時にしてはならない
  • して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として広く親しまれ、農民から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
ちゃーちゃんさん
  • 光秀VS秀吉 信長はどちらを評価?
  • 、実質的に京を支配していきます。二人の橋渡しをした光秀は、信長に仕えるようになり・・・出会いから1年で・・・1569年京都奉行に就任しました。秀吉と光秀は、同時期に京都奉行となっています。そして・・・金ヶ崎の退き口で決まる・・・??外様の良きライバルとして並ぶ二人に、あるミッションが・・・1570年4月・・・勢力拡大を目論む信長は、越前の朝倉義景討伐の兵を挙げ、光秀と秀吉も参戦・・・!!手柄をあげる絶好のチャン...
  • 日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜ちゃーちゃんさんのプロフィール

金ヶ崎の退き口を含むトラコミュ

豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:239 TB参加メンバー数:50人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

金ヶ崎の退き口について