高下駄

高下駄についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [高下駄] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

高下駄を含むブログ記事

金山孝之さん
  • 才能とはその分野において感じとれる能力でもある
  • 電車を三本乗り継いで戸越駅に着いたが、その三本全てギリギリで間に合った。そのおかげで予定時刻より15分〜25分ほど早くついたので、駅近くのお店でゆっくりと朝御飯を食べる事ができた。 毎年元旦から新しい高下駄を履いているが、今年は9月で履き潰したため、古い方の高下駄にまだ朴歯の高さが僅かに残っているため、年内それで持たせようと思っていたが、昨年直した鼻緒がまたしても切れそうに、というか抜けそうになってしま...
  • 武術稽古の探究・金山孝之金山孝之さんのプロフィール
ならさん
  • トリプルアクセルを跳べば・・は、もはや机上の空論
  • 23:37:04返信する1. 2013年ブラボーなんとあの時代がいかに真っ当であったかがわかるこのメンバーさん! もう、二度と戻って来ないのですね・・涙(;;) この点数が基本だとしたら現在の点数は高下駄はかせているとしか思えない。3Aも無くスケーティングもステップも3流ばかりでよくこんな爆上げ点与えるわ。樋口さんはなんか口ばっかりのような気がしてならない。未来ちゃんは有限実行で夏のアイスショーから飛...
  • ならの”スポーツの喜怒哀楽”を語ろう!ならさんのプロフィール
兼好さん
  • 砂漠の王子様☆彡
  • られて、ここかあ・・・さすが王子!!(`・ω・´)キリッでも。。。幸せかな?籠の鳥・・・ということもあるけど。。。転落すること身の危険命の危険も半端ないよね周囲の人間への不信贅沢三昧かもしれないけど、高下駄を履かされた人生を歩まないといけないんですね...
  • ランティエの日々兼好さんのプロフィール
きいさん
  • 鉛温泉 藤三旅館(岩手県)p.83
  • 湯)と呼ばれるようになったのが始まりだったようです。一軒宿の藤三旅館は旅館部と湯治部に分かれており、旅館部本館の昭和16年築の総欅造りの3階建の艶やかな立ち姿に思わずうっとり。赤い唐破風が付いた玄関に高下駄の花魁姿が目に浮かぶドラマティックな佇まいだ。今回、3年ぶり再訪。日帰り入浴は本館とは逆側の湯治部での受付となる藤三旅館さんの名物風呂「白猿の湯」(混浴)は地階から三階までの広大は吹抜けの湯殿。引き戸...
  • 湯巡画報 ユメグリガホウきいさんのプロフィール
issinnさん
  • 【納豆消費、最高の勢い 粘り強く魅力発信】だってさ!何か?妖怪ロードです!
  • ったので、屋根があったのですぞ〜感謝!感謝!感謝!です!ありがとうございます。この砂かけ婆ばぁ〜は生きてます。人間と同じ動作をします。何でかな〜?相変わらず寝てばかりいます。鬼太郎の親子です。一本歯の高下駄です。来月の給料で買おうかな〜こんな文化庁のお達しも見っけ!おまけ!おまけのおまけ!これは、おおまけ!ゴクローさんでした。ADいいね!コメントするリブログするツイートissinnさんの読者になろうブロ...
  • 朝食無用之介。issinnの絶対健康法!issinnさんのプロフィール
HIROKIさん
  • 見て見ぬふり
  • 実態ははかまの下の高下駄。そろそろヤバイ。★...
  • 空想事物HIROKIさんのプロフィール

高下駄を含むブログ村メンバー

  •  
えりつぃんさん
  • 高下駄ライダーえりつぃんさんのプロフィール
  • 身長147?低身長短足の為、高下駄を履いて頑張ってバイクに乗っている人のブログ
なる@ダイエット・ランニング・読書さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

高下駄について