ハードバップ

ハードバップについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ハードバップ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ハードバップを含むブログ記事

松和のマスターさん
  • 山下洋輔『30光年の浮遊』です
  • « 1970年代の先駆け的ギタリスト | トップページ2018年9月 3日 (月曜日)山下洋輔『30光年の浮遊』です山下洋輔はジャズを聴き始めた頃から聴いている。全くのジャズ初心者なので、ハードバップの名盤を大人しく聴き進めて行けば良いものを、やっぱりハードなフリー・ジャズこそが「真のジャズ」なのではないか、などという大いなる曲解をして、フリー・ジャズを聴こうとする。そういう時は「やはりまずは日本...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • 1970年代の先駆け的ギタリスト
  • ンに呼んだ理由が理解できるような気がする。ジャケ写を見れば時代を感じるんだが、若き日のギラギラしたベンソンが実に精悍。この頃のベンソンについては、単にウエス・モンゴメリーの後継者という切り口では無く、ハードバップを越え1970年代への橋渡しとなる、クロスオーバー〜フュージョン・ジャズなエレギの先駆者という位置づけで、もっと語られるべきギタリストであると僕は思う。  東日本大震災から7年5ヶ月。忘れてはならない...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
souljazzsaxさん
  • Jackie's Bag/ Jackie McLeanのB面セッション
  • 来はこの形で発売されるべきだったと思います。 収録曲はマイナー(短調)が中心。3管編成によるダークで重厚なアンサンブル。ほろ苦くて切ないアドリブ・ソロ。 このセッションで録音された6曲は私が理想とするハードバップの要素がすべて詰め込まれています。 ここで感じられる一種の退廃的な雰囲気はこの時代のジャズだけに特有なものだと思います。 Jackie’s Bag6,949円Amazon ストリート・シンガー2,62...
  • サックス・創意工夫|ジャズ・下学上達souljazzsaxさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • オールド・スタイルなウィントン
  • から、知る人ぞ知る、までバリエーションに富んでいる。  この盤では「オールド・スタイル」なジャズの演奏を再現している。ニューオリンズ・ジャズからスイング・ジャズ辺り。この盤では、ビ・バップは全く無縁。ハードバップもゆったりしたテンポで、決して速いフレーズを吹き回したり、ハイノートを吹き上げたりはしない。静的で理知的で、ハイテクニックなトランペットが響き渡っている。ピアノのマーカス・ロバーツが良い音を出している...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • 「ウィントン」とは何だったのか
  • 3歳。大学4回生の頃である。しかし、こうやって改めて見てみると、ウィントンと僕って3歳しか違わない。いわゆる同世代なのだ。ウィントンは、1980年代半ばからの「純ジャズ復古」のリーダー格。以降、ネオ・ハードバップの牽引役として活躍。しかし、ハードバップがジャズの一番優れた姿とする姿勢はジャズの世界で軋轢を生む。一時期は、生前、まだまだ現役で活躍していた「エレ・マイルス」を公然と批判。ジャズに対する「裏切り者」...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
ジャズトレーンさん
  • 9月14日(金)中村誠一&吉岡秀晃スーパーデュオ
  • 席だった中村誠一&吉岡秀晃スーパーデュオの再演です。 長年演奏活動を共にする中村誠一&吉岡秀晃、阿吽の呼吸のインタープレー、スイング&ファンキーな楽しいライブになること間違いなし!! スタンダードからハードバップまでのレパートリーでお届けします。 是非お越し下さい。 小さなスペースですので席の確保のご予約はお早めにお願い致します。 中村誠一プロフィール1947年東京生まれ。クラリネットを大橋幸夫氏に師事。サ...
  • 八王子音楽スタジオジャズトレーンジャズトレーンさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • これも魅力的なジャズ・ベース盤
  • の長いデイヴ・ウェックルがドラムを担当し、理知的でリリカルなピアノにリニー・ロスネスが座ります。このリズム・セクションが強力で、堅実でオーソドックスなリズム&ビートを供給しつつ、意外と今の新しいネオ・ハードバップの響きを供給してくれています。意外とファンクネスがしっかり漂うところも良いなあ。最近の純ジャズって、ファンクネス排除、スイング感排除な音作りが多いのですが、この盤は例外で、かなりオーソドックスな純ジャ...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
Bach Bachさん
  • 『Dexter Gordon / GO』
  • Warren (b)、Billy Higgins (d)。パリ公演よりこっちの方が古いのに、こっちの方がバップを強く感じます。ピアノがソニー・クラークだからかも知れませんが、初期ブルーノートが推したハードバップというサウンドです。 「アワ・マン・イン・パリ」に比べると、グループの演奏がますごくとまってます!ジャズのセッションって、コード進行の上でアドリブするから、べつにお互いにインタープレイせずに自分のパー...
  • 心に残った音楽Bach Bachさんのプロフィール
Bach Bachさん
  • 『Dexter Gordon / Our Man In Paris』
  • トのフロントを張ったテナーサックス奏者の走りのひとりで、彼がいなかったらロリンズもコルトレーンも出て来てないのかも。でも、テナーでアップテンポのバップのアドリブを演奏しきるにはまだ色々と課題があって、ハードバップでテナーがアルトに追いついてくるのは、ロリンズとコルトレーンの熟成を待たなくちゃいけなかったのかも。そんな事を考えさせられた演奏でした。...
  • 心に残った音楽Bach Bachさんのプロフィール

ハードバップを含むブログ村メンバー

  •  
Junpeiさん
lemonさん
ヨシカワさん
ハードバップカルテットさん
  • ハードバップカルテットハードバップカルテットさんのプロフィール
  • ハードバップカルテットのライブ情報、ライブ後記など更新します

にほんブログ村

>

キーワード

>

ハードバップについて