医学誌

医学誌についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [医学誌] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

医学誌を含むブログ記事

pari88さん
  • 30代から罹患も予防に光明! 研究進むパーキンソン病
  • を推定できる可能性も示された。  一方、ビタミンDはとりすぎると高カルシウム血症をきたして腎不全や尿路結石などのリスクが高まるが、血中カルシウム濃度が異常値を示した例はなかった。この研究は13年に米国医学誌に発表され、これまで多くの文献に引用されている。  鈴木医師は、「私たちの研究結果が実臨床で生かせるようになるには、多施設でより多くの患者さんを対象に追試が行われ、有効性、安全性が検討される必要があり...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
ともさん
涼さん
  • 気になる目元にアプローチ【アビエルタ ディープモイストクリーム】
  • アプローチ! 見た目が老け顔さんに朗報です♪ 95.5%の皮膚科医が使い続けたいと回答したクリームです。40代〜60代 女性で目元や口元、首のシワ、タルミ、ゆるみが気になる方■効能評価試験の実施内容が医学誌に掲載 2017年2月14日〜3月28日女性被験者に 目尻のシワ、アイバッグ(目袋)、額、眉間のシワの評価、肌の明度、見た目年齢など 14項目で臨床実験実施済み!■5つのこだわり (1)エーデルワイス...
  • ぼくの花粉症対策法。涼さんのプロフィール
渡辺正弘さん
  • ゲノム編集でがんの危険か ノーベル賞級の技術
  • に操作するゲノム編集技術のうちで、最も研究利用が進んでいる「クリスパー・キャス9」で遺伝子を改変した細胞はがん化する恐れが高まるとの研究成果を、スウェーデンのカロリンスカ研究所などのチームが11日、米医学誌に発表した。 クリスパー・キャス9はノーベル賞確実ともいわれ、医療などでの応用が期待されているが、難しい課題を突き付けられた形だ。 チームは、クリスパーという分子を入れた際に効率よくゲノム編集できる細...
  • 渡辺正弘のセレクトニュース渡辺正弘さんのプロフィール
服部二郎さん
pari88さん
  • 生活習慣改善が逆効果になることも…「禁煙」と「ヨーグルト」
  • ックシンドロームを指摘され、生活習慣を改善しようと意気込んでいる人もいるだろう。だが、やみくもに張り切ると逆に健康を害するなんてことになりかねない。    禁煙すると血糖値の状態が悪化する――。英国の医学誌にこんな研究結果が発表された。英国人の2型糖尿病患者1万692人を対象に調査したところ、禁煙に成功した患者は、禁煙後1年間のHbA1c(基準値5.6%未満)が以前より0.21%上昇。その後、喫煙者と同...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
筋肉速報さん
  • 【研究】男性ホルモンが多い人は嘘をつかない事が判明
  • は、こうしたウソをつく人が男性ホルモンを使用すると、ウソをつかなくなるのではないでしょうか? 少しバカバカしい感じもするのですが、こうした研究が真面目に行われ、2012年の「プロス・ワン」という医学誌に発表されています。 健康な若い男性にテストステロンの塗り薬を使い、それが効いている間にサイコロを使った実験をします。 サイコロを振って出た数字に見合った報酬がもらえるというものですが、ウソをつけ...
  • 筋肉速報筋肉速報さんのプロフィール
バイオ太郎さん
  • 保水性能を有する生物試料用マイクロチップを開発
  • 2)獣医 動物実験 (18)j獣医科学(6)加齢 老化制御(270)未病 (7)植物&農業(745)海洋 水産(67)飼料 水畜産(81)ログイン編集画面にログインブログの新規登録最新コメントガス/英医学誌、慈恵医大論文を撤回 高血圧薬ディオバンひとときの面影/ラミニン5を利用した間葉系幹細胞の培養技術Unknown/5−アミノレブリン酸若しくはその誘導体、又はそれらの塩を有効成分とするがんの予防・改善...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール
服部二郎さん
バイオ太郎さん
  • B型肝炎ウイルスによる新規の発がんメカニズムを解明
  • 2)獣医 動物実験 (18)j獣医科学(6)加齢 老化制御(270)未病 (7)植物&農業(745)海洋 水産(67)飼料 水畜産(81)ログイン編集画面にログインブログの新規登録最新コメントガス/英医学誌、慈恵医大論文を撤回 高血圧薬ディオバンひとときの面影/ラミニン5を利用した間葉系幹細胞の培養技術Unknown/5−アミノレブリン酸若しくはその誘導体、又はそれらの塩を有効成分とするがんの予防・改善...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール

医学誌を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

医学誌について