森可成

森可成についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [森可成] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

森可成を含むブログ記事

列伝さん
  • ●「信州 咆哮するもののふ達 三十三将星」 織田信忠 「父・信長を凌駕する逸材だったか」・上
  • 信忠の激しい気概を示すかのごとく、高遠城の西4キロほどには信忠が城攻めの本陣として一夜にて築いたという「一夜城」伝説が残されている。 武田を攻略後の論功行賞では、信忠麾下の寄騎衆が群を抜いて厚かった。森可成は北信濃4郡、毛利長秀は伊那郡、川尻秀隆はほぼ甲斐一国を与えられた。いかに信忠麾下の働きが卓抜していたかを物語っている。 だが無念なり! 数ヶ月後、信忠は本能寺の変にて…。?下の巻へ にほんブログ...
  • きょうのもののふフォト列伝列伝さんのプロフィール
羽柴茶々さん
  • 本能寺直後〜森長可の東濃制圧前半戦…前野・大森・米田城攻略
  • 天正十年(1582年)6月26日、本能寺の変の直後、東美濃を制圧する森長可が、敵対する大森城を包囲しました。・・・・・・・・・わずか13歳の時に、織田家重臣だった父=森可成(もりよしなり)と兄=可隆(よしたか)を宇佐山城(うさやまじょう=滋賀県大津市)の戦い(9月20日参照>>)で同時に亡くして家督を継いだ森長可(もりながよし)は、以来、主君=織田信長(おだのぶなが)の...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
RYOさん
  • 【2018】蘭丸祭(供養祭)
  • かな読経が聞こえてきました。天正10年(1582)、6月2日、織田信長と共に森蘭丸が本能寺で最期を遂げてから430余年の月日が流れました。森蘭丸の生誕地、岐阜県可児市兼山では6月第一日曜日、蘭丸の父「森可成」が戦死した際に創建された森家菩提寺、可成寺において蘭丸祭が開催されました。天正10年(1582)↑着付けコーナーにて。赤穂の大石神社に伝わる伝「大釘頭立付鉄錆地頭成兜」のレプリカ。無料で着ることがで...
  • 金森戦記外伝-歴史私記RYOさんのプロフィール

森可成を含むトラコミュ

森長可
  • 森長可
  • 森可成の次男。織田信長に仕え、緒戦で武勇を発揮。鬼武蔵の異名で恐れられた。小牧・長久手の戦いでは秀吉側の数千の兵を率いて参戦。長久手での徳川軍との決戦で、井伊直...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
木下勝俊
  • 木下勝俊
  • 安土桃山時代の武将。江戸時代初期の大名。足守藩2代藩主。歌人。北政所の兄・木下家定の嫡男。弟に木下利房、木下延俊、小早川秀秋。号は長嘯子(ちょうしょうし)。妻は...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

森可成について