森可成

森可成についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [森可成] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

森可成を含むブログ記事

cccさん
  • 織田信長と森坊丸・森力丸・森千丸
  • 織田信長の小姓(こしょう)で「森」といえば、蘭丸があまりにも有名ですよね。ちなみに写真は森可成となり、蘭丸や坊丸達のお父さんです。しかし、美濃国の斎藤道三によって主君・土岐氏が滅ぼされた後、信長に仕えた森可成の息子たちは、蘭丸以外にも小姓として信長に仕えていました。今回は蘭丸の他に小姓として仕...
  • 3分でわかる織田信長の歴史cccさんのプロフィール
cccさん
  • 織田信長と前田利家
  • まつ」と結婚し、娘が誕生。順風満帆な武将ライフを送っていた利家でしたが、1559年信長の御気に入りだった同朋衆の茶坊主・拾阿弥と諍いを起こします。拾阿弥を斬殺しそのまま出奔しました。この罪は柴田勝家や森可成の取り成しにより、出仕停止処分に減罰され利家は浪人となります。1560年、未だ出仕停止処分中で浪人をしていた前田利家は、信長に無断で勝手に桶狭間の戦いに参戦。前哨戦で首一つ、本戦で首二つの戦功をあげま...
  • 3分でわかる織田信長の歴史cccさんのプロフィール
鴎速さん
ufitさん
  • 『信長の忍び 1』
  • から大きくはずれている部分には厳しいようだが、本作では例えば清須城に(この時代にはまだない)天守閣を描いていないことなど、きちんとポイントを抑えて描いていることを評価している。信長の重臣で中年のはずの森可成(蘭丸の父)が若いイケメンに描かれていることだけは軽く苦言を呈しているが、もっとひどい作品がいくらでもあることを考えると全然許容範囲だと思っている。(むしろ、可成がピックアップされていること自体を評価...
  • 雨読夜話ufitさんのプロフィール
cccさん
  • 織田信長と柴田勝家
  • でしたが、1568年には上洛作戦に織田軍の4人の先鋒武将として参戦し、重臣として武功をあげました。柴田勝家の功績1570年浅井長政が信長から離反し、勝家は長光寺城に配属され六角軍と交戦し、佐久間信盛や森可成、中川重政と共に撃退。引用:Wikipedia「姉川の戦い」に従軍し、1571年5月「長島一向一揆」を鎮圧に向かい退却の際は殿軍を務めます。さらに9月の「比叡山延暦寺の焼き討ち」にも参戦しています。1...
  • 3分でわかる織田信長の歴史cccさんのプロフィール
cccさん
  • 織田信長の兄弟
  • 570年10月19日母は不明。尾張国野府城を与えられて信長に従い、1570年の宇佐山城の戦いでは朝倉・浅井の連合軍が宇佐山城に迫っていた際、京都から兵2000人を率いて救援に駆けつけますが、近江坂本で森可成・青地茂綱と共に戦死しました。享年27歳。織田信時(のぶとき)弟:生年不詳〜1556年6月母は不明。犬山城主である叔父の織田信康の養子になり、後に信長の重臣・佐久間信盛の調略により、守山城へと引き入れ...
  • 3分でわかる織田信長の歴史cccさんのプロフィール

森可成を含むトラコミュ

森長可
  • 森長可
  • 森可成の次男。織田信長に仕え、緒戦で武勇を発揮。鬼武蔵の異名で恐れられた。小牧・長久手の戦いでは秀吉側の数千の兵を率いて参戦。長久手での徳川軍との決戦で、井伊直...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
木下勝俊
  • 木下勝俊
  • 安土桃山時代の武将。江戸時代初期の大名。足守藩2代藩主。歌人。北政所の兄・木下家定の嫡男。弟に木下利房、木下延俊、小早川秀秋。号は長嘯子(ちょうしょうし)。妻は...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

森可成について