ハドロン

ハドロンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ハドロン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ハドロンを含むブログ記事

とねさん
ユニバーサルフロンティア理論さん
  • 当ブログでいちばん信じてほしいのは当理論だけですね、やっぱり、ええ
  • す。そのようにしてMユニバース粒子仮説を導きましたwMユニバース粒子とtクォークとが仮想フェルミオンとなって対になって出るのですよ・・。そこからMユニバース粒子の質量公式を導き出すことがデキて、さらにハドロン外ではMユニバース粒子がZ粒子とヒッグス粒子に崩壊することから、ひいてはヒッグス粒子の質量公式をも導くことがデキました。ヒッグス粒子の質量はtクォークとbクォークの質量和にW粒子質量の半分を足した結果...
  • ユニバーサルフロンティア理論ユニバーサルフロンティア理論さんのプロフィール
UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さん
プーちゃんさん
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(34)
  • ができる…という意味ではない。しかし、いわゆる「お迎え現象」なども含め、何らかの形で「コンタクトをとる」ことは、決して不可能ではないように思えるのだ。・・・CERN(欧州原子核研究機構)のLHC(大型ハドロン衝突型加速器)は、光速の99.999999%にまで加速した「陽子」と「陽子」を正面衝突させて、巨大なエネルギーを生み出すことができる。それにより、1,000京分の1mの分解能を達成している。光学顕微鏡...
  • いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)プーちゃんさんのプロフィール
プーちゃんさん
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(33)
  • そこで開発されたのが、いわゆる粒子加速器である。1930年代には、アメリカや日本で粒子加速器の開発が始まったが、現在、世界中で最もエネルギーの高い加速器は、CERN(欧州原子核研究機構)のLHC(大型ハドロン衝突型加速器)だろう。★ LHC(大型ハドロン衝突型加速器)を上空から見た画像CERNはスイスとフランスの国境をまたぐ地域にあり、その地下には、全周27kmの巨大な円形加速器・LHCが設置されている(...
  • いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)プーちゃんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ハドロンについて