北条氏

北条氏についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 正龍寺の北条氏邦の墓
  • [北条氏] ブログ村キーワード埼玉県大里郡寄居町にある正龍寺には北条氏邦のお墓があります。正龍寺の歴史は古く、元は花園城主藤田五郎政行が創建し、貞和4年(11348)臨済宗の僧實翁和尚が、山号を青龍寺と改号。天文元年(1532)に乾翁瑞元和尚が教化して十五代城主藤田康邦が開基となり、天正19年(1591)に正龍寺に変わりました。現在は曹洞宗のお寺だそうです。正式な名前は「曹洞宗 高根山藤源院 正龍禅寺」。北条氏邦夫妻と・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

北条氏を含むブログ記事

ドルアーガさん
  • 国盗りクイズ 8月14日の答え
  • 問題:兄である氏輝の急死により家督を継いだ「栴岳承芳(せんがく・しょうほう)」とは、後の誰のこと?1. 最上義光2. 北条氏綱3. 今川義元4. 毛利隆元正解:3. 今川義元人気ブログランキングへ解説:今川家第9代当主・氏親の子として生まれた今川義元は、五男であったこともあり、幼少期から寺に預けられ、栴岳承芳と名乗ります。...
  • ケータイ国盗り合戦 戦国クイズの回答ドルアーガさんのプロフィール
coralislandさん
  • パークコート文京小石川 ザ タワー(新築)−山手線内側の最大級再開発に話題化必至
  • しています。 こんにゃくえんまで知られる源覚寺、伝通院などが所在し、後楽に小石川植物園、白山には東京大学大学院理学系研究科附属植物園があります。石川啄木、幸田露伴がこの地に居を構えました。 文京一帯が北条氏に支配されていた当時の文書に「小石川」の地名がありました。江戸時代、武蔵国豊島郡小石川村は江戸の北辺に位置し、その多くは伝通院の寺領であったと伝えられています。1878年に成立した東京15区の小石川区...
  • 百年後のヴィンテージマンションcoralislandさんのプロフィール
hirobkkさん
  • 久留里歩き
  • 40年代まで行われていたそうなのでかなり優れた工法だったのでしょう。興味のある方⇒詳しくは資料館にて勉強してください。資料館から天守へ向かう途中にある男井戸女井戸この溜め井戸があったおかげで戦国時代に北条氏が攻め込んできた時の籠城に耐えられたそうです。天守まあレプリカなのでピカピカです。実際のものとはまったく違う様式だそうでうこのレプリカのモデルは浜松城(驚!)だそうです。因みにこの久留里城は3日に1度...
  • Garhwal〜ガルワール〜ชีวิตสะดวกสบายhirobkkさんのプロフィール
ヨコスカさん
  • 小田原城へ行ってきました
  • たので、非常に新鮮でした。 値段は、1080円です。 その後、小田原城を出て少しぶらぶらしました。 上の写真は、ういろう屋さんのようです。面白いと思ったので 撮ってしまいました。 上の写真は、4代北条氏政とその弟、氏照の墓です。 小田原駅前の商店街の一角にぽつんとありました。 こんなところに、お墓があるのかといった感じでした。 以上、小田原城に行ったことについて書いてみました。 私のホームページアド...
  • 特定行政書士横須賀典正のブログヨコスカさんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 腰越城?
  • フラージュがされていたのかもしれません。想像ですが。小口から西を見ています。(私にはここが三の丸と思います。)登り、ここから二の丸ですが次回とします。腰越城主、上田朝直当初は扇谷上杉家に仕えていた。後北条氏と争っていた扇谷上杉家は劣勢であった。朝直の伯父の難波田憲重が武蔵松山城を守備していたが、扇谷上杉家は追い詰められ川越城を奪われ、上杉家の本拠を松山城に移していた。天文14年(1545年)4月、川越城...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
すずたさん
  • 県指定史跡である毛呂氏館跡を廻りながら毛呂山町の由来を考えてみる
  • ってきた南側、さらには東側と北側は山の斜面になっています。↑西側は逆に上に向かって石尊山の緩やかな斜面へと続いているため、こちら側の防御をしなくてはいけないため土塁が築かれています。鎌倉時代の源氏から北条氏、室町時代の足利氏と支配関係は変わっていきますが、毛呂氏は代々毛呂郷の地頭職として、さらに領地は越生郷から比企郡の一部にまで拡大していったといいます。↑分かりづらいですが、土塁の向こう側には西側には空...
  • まち歩きで趣味探しと図書館めぐりを自転車ですずたさんのプロフィール
まるのんちゃんさん
  • そうだ京都へ行こう 最終日東福寺?
  • を天竺五精舎とも呼んでいましたが、五の数字はここから採ったものでしょう。祇園祭(祇園御霊絵)の名の由来の祇園精舎も、もちろん天竺五精舎の一つです。そして京都五山とは何ぞや、に触れましょう。鎌倉時代には北条氏によって五山制度が取り入れられます。当時は、鎌倉と京都の禅寺から五山が選ばれていたそうです。その後、南北朝時代を経て室町時代となりますが、足利将軍家も禅宗を信仰し五山制度は続きます。そして、第三代将軍...
  • アウトドア親爺の徒然日記まるのんちゃんさんのプロフィール
IROYASUさん
  • れもん 戦国武将ダブル缶バッジ 09. 竹中半兵衛(A4571384653299Z)
  • ※最新の価格及び在庫数は各ショップの商品ページにて確認してくださいこの商品のカテゴリは1000円以下のフィギュアです | 1000円〜3000円のフィギュア>>========関連記事========北条氏康 風魔小太郎 家紋入缶バッジ計2個入 武将 北条氏康 風魔小太郎 缶バッジ カッコいい北条氏康 風魔小太郎缶バッジ An116(A4512457004976Z)SAMURAI WARRIORS 戦国...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 腰越城?
  • 守直定が腰越城を守っています。上田朝直の経歴出自は武蔵七党の西党の流れを汲む上田氏の庶流。上田政広(安独斎蓮好・上野介、元亀2年(1571年)8月1日没)の子とされる。当初は扇谷上杉家に仕えていた。後北条氏と争っていた扇谷上杉家は劣勢であった。朝直の伯父の難波田憲重が武蔵松山城を守備していたが、扇谷上杉家は追い詰められ川越城を奪われ、上杉家の本拠を松山城に移していた。天文14年(1545年)4月、川越城...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
ダース・インベスターさん
  • 箕輪城
  • こうずけのくに)(現在の群馬県高崎市箕輪町)の箕輪城。箕輪城は、室町幕府の関東管領・上杉氏の家来である長野氏によって、戦国時代中期に築かれた。その後、甲斐の虎と言われた武田信玄公の支配下に入り、小田原北条氏などを経て、小田原征伐後に徳川家康の家臣・井伊直政(国宝・彦根城を築城した井伊直継の父)が城主となり、直政が高崎城に移封後に廃城になった。そんな歴史を歩んできた箕輪城に登城して来たダース・インベスター...
  • インベスター卿の粋ダース・インベスターさんのプロフィール

北条氏を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
上杉謙信
  • 上杉謙信
  • 越後の戦国大名。長尾為景の子で初名・景虎。政虎、輝虎。兄長尾晴景の跡を継いで越後を領し、北陸そして関東に勢力を伸ばした。上杉憲政を保護すると、関東管領山内上杉氏...
  • トラックバック数:508 TB参加メンバー数:51人カテゴリー:歴史ブログ
後北条氏
  • 後北条氏
  • 北条早雲から始まる、戦国時代の大名家
  • トラックバック数:170 TB参加メンバー数:21人カテゴリー:歴史ブログ
上杉景虎
  • 上杉景虎
  • 北条氏康の七男。上杉謙信の養子。1578年、養父の謙信死後、同じく養子であった景勝と家督を巡り対立し敗れる。(御館の乱)
  • トラックバック数:69 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:歴史ブログ
八王子城と北条氏照
  • 八王子城と北条氏照
  • 日本百名城のひとつ。北条軍団軍団長である北条氏照によって築かれた戦国時代最大級の山城。近年の開発により遺構は壊されつつある。八王子城の訪問ルポ、自然、写真、新説...
  • トラックバック数:73 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

北条氏を含むブログ村メンバー

  •  
やまの龍さん
武田松姫さん
AikoUnoさん
鎌倉殿さん
natchdesさん

北条氏を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

北条氏について