唐破風

唐破風についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [唐破風] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

唐破風を含むブログ記事

ちょいぶら日記さん
  • 京の紅葉2017 清凉寺(嵯峨釈迦堂) 庭園
  • いつもは、境内に咲く枝垂れ梅、紅梅、河津桜の撮影に来ていますが今回は、紅葉をお届けします。忠霊塔弁天堂正面には、両脇の間の腰羽目に『松に親子獅子』扉には『梅林』『牡丹唐草』の彫刻がされています正面に軒唐破風を付け、屋根は宝形造り回廊を進んでいくと大方丈へ大方丈 枯山水庭園小堀遠州作と伝えられている枯山水の庭園があります。☆:*:、。★゜'・:*:*:・:.。:*:・'゜★゜'・:*:.。゜'・:*:.。...
  • ちょいぶら日記 (MOMO ☆ 空 日記)ちょいぶら日記さんのプロフィール
ザックさん
  • 37202-1 香川県丸亀市
  • れている。元々は高松藩主生駒親正が支城として築城し、一国一城令で廃城となっていたものを、山崎氏が再建した。丸亀城の石垣は、高さが20メートル以上ある高石垣である。現存する丸亀城の天守閣は、3層3階で、唐破風、千鳥破風を備えている。現存天守閣の中では、最小の天守閣である。天守閣内部には真柱がなく、柱の数を多くすることで建物を支えている。天守閣内部の壁は、大部分が分厚くなっている。これは、関ヶ原の戦いにおい...
  • 休日、旅日和ザックさんのプロフィール
おりんぽすさん
  • 彦根城天守模型 〜二重目唐破風
  • 製作工房城郭模型作家・島 充のブログです。日本の城郭および古建築の模型やジオラマの製作過程を公開しています。ブログトップ記事一覧画像一覧彦根城天守模型 二・・・ »彦根城天守模型 〜二重目唐破風2017-12-03 22:46:00NEW !テーマ:彦根城昨日の続きです。二重目の南北の破風です。昨日はここまででした。破風板に裏甲を取り付けました。ご覧の通り直線やら曲線やら色んな角度のラインが...
  • 城郭模型製作工房おりんぽすさんのプロフィール
yasuさん
  • 続 犬山城
  • 本町交差点を右折昭和横丁あの辺り誘惑の甘い罠に負けそういっそ負けたい2貫 ¥600・・・・現れる攻めるね紅葉に映える¥550城門から犬山城唐破風の上に望楼天守石落とし櫓に石垣手前は白御影花崗岩も多くはチャート それも加工してないように見える天守を支える太い梁&石垣チャート望楼縁側から木曽川 伊木山←信長美濃攻め際斉藤軍が籠った池田恒興が鵜飼の...
  • 田舎もいいところyasuさんのプロフィール
のりママさん
  • 秋旅〜甲府、石和温泉〜 甲斐国一宮 浅間神社♪?
  • る。甲斐国一宮であって延喜の制に於ける明神大社である。明治4年5月14日国幣中社に列格。 御祭神 木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)は富士の神である。本 殿 入母屋向拝造銅板葺拝 殿 入母屋唐破風向拝造銅板葺境 内 3,395坪(1ヘクタール余) ( 浅間神社 HP より ) こちらのご本殿ですが、 鳥居から見て、左側に位置し、 しかも、本殿の向きは右方向にあります。 そう… 正面ではな...
  • blue GARDEN 99のりママさんのプロフィール
karekusa_2005さん
  • 長州大工の心と技 その7 大須伎神社、南光坊、西山興隆寺
  • ったという人を聞いたことはありません。大正2年、丘の上に移った神社の拝殿の棟札に棟梁越智菊太郎、彫刻師門井友祐の名があるといいます。大正に入り門井友祐の活動の舞台は今治に移ってきたようです。拝殿正面の唐破風上部の装飾瓦には龍、鶴そして逆立ちしたような獅子が踊ります。前拝上部にも二匹の獅子が踊っています。渦巻き流れる水と菊が刻まれた水引虹梁の上には中国の仙人説話に依る「蝦蟇仙人」「瓢箪から駒」と言われる彫...
  • 枯雑草の巡礼日記karekusa_2005さんのプロフィール
寮管理人さん
  • 岡山県津山市二宮601・高野神社
  • 岡山県津山市二宮601・高野神社2017年12月02日 |旅随神門を抜け少し歩いて境内に着いた。高野神社の構造は中山造と呼ばれる独特のものである。本殿(入母屋造妻入)正面に向唐破風の向拝が付いているのが見所だ。今回の旅では先を急ぐあまり神社や寺院を見て回ることを断念したのだが、ここだけは外せなかった。参拝記念に御朱印と神社に関する資料のコピーを貰っておいた。主祭神は彦波限建鵜葺...
  • 寮管理人の呟き寮管理人さんのプロフィール
ともサンタさん
  • 大覚寺 超お奨め京都寺社 4位 京都市右京区嵯峨大沢町4
  • 、凄い紅葉ではないが、あちらこちらで素晴らしい自然の絵画が見られる。 大玄関江戸時代初期に御所から移された建築物で、明智光秀が居城の亀山城の一部を移築したものらしい。木造入母屋造瓦葺、正面に銅板葺きの唐破風を持つのが特徴。菊の紋だ。平安時代、嵯峨天皇の離宮として建立(約1200年の歴史) 嵯峨菊は嵯峨天皇の御代、大沢池の菊ヶ島に自生していた嵯峨野独特の野菊。菊を育てるのは想像以上に大変です。ごめんなさい...
  • ともサンタの人生遺産ともサンタさんのプロフィール
はじかみ神主さん
  • これ、何〜んだ?
  • 屋根が大きいから落ちる雪も半端じゃなく、人や建物を雪害から守るため、北陸の寺院には大抵この三角屋根が冬の間設置されています。画像は、私が兼務する横川神社と横川日吉神社ですが、屋根が反り曲がった曲線状の唐破風(からはふ)だと、屋根雪は左右に分かれて落ちるので心配はありませんが、直線的な形状の流造だと屋根雪が直撃します。御馬神社末社の稲荷社です。この日は稲荷社の例祭でもありました。この稲荷社前にも、ちゃんと...
  • はじかみ神主のぶろぐ(毎日更新中)はじかみ神主さんのプロフィール
横手聡さん
  • 城の再発見!当サイト復元の駿府城天守の「銅瓦」屋根について
  • 大和郡山城の天守台の発掘成果の話があって)チャンスをのがし、ずるずると今日まで話しそびれてしまった話題です。この拡大イラストでもお分かりのように、当サイト案は、最上層の屋根と、上から二層目の据(すえ)唐破風(※置(おき)唐破風ともいう)が「銅瓦」葺きであったという想定で描きました。今回の記事ではこれをさらに、当時のブログ記事でもお目にかけた「屋根や破風の略図」を再利用しつつ、新たに「銅瓦」部分を黄緑色(...
  • 天守が建てられた本当の理由横手聡さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

唐破風について