唐破風

唐破風についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [唐破風] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

唐破風を含むブログ記事

紋谷幹男さん
  • 第2435回 来迎寺(らいごうじ)浄土宗/長野県諏訪郡下諏訪町横町木の下
  • ます。棟木直下に、笈型付き大瓶束。山門をくぐれば、よく茂った樹木の隙間から本堂が見えます。本堂。正面入り口の左右に、花頭窓と格狭間欄間のセットが二連並びます。斜めから。銅板葺き、入母屋造り屋根平入り、唐破風軒流れ向拝。飛龍の懸魚彫刻。妻壁、欄間ともに龍の飾り木彫。向拝柱上部。正面唐獅子、側面獏の頭貫木鼻彫刻。「波に亀」の籠彫の持ち送り。頭貫虹梁には菊水の浮き彫。下が立体的な菊水の浮き彫。上に、二頭の麒麟...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
ジンジャマンさん
  • 清水寺西門は夕日がきれいな写真撮影スポット!日想観のための建築構造
  • 桃山時代の様式の門です。 4本の本柱の前後に8本の控え柱を持つ八脚門(やつあしもん)の形式です。 屋根は檜皮葺の切妻造。 通路が一間の三間一戸の構造で、正面の中央の一間には向拝がつき、背面には軒唐破風がつくという珍しい建築です。 平安末期の創建とされていますが、現存する西門は創建当初のものではありません。 清水寺境内で現存する建造物の多くは1629年(寛永6年)の火災で焼失していて、そののち...
  • まったりと和風観光スポット紹介ジンジャマンさんのプロフィール
芳瑩さん
  • ?生根神社(いくねじんじゃ)「奥の天神」・「奥天神」
  • らに奥に所在したことによるという。大浄大神ねこの足跡、写真には撮れなかったのですが、こちらに向かうまで猫が道案内してくれました本殿 拝殿慶長年間(1596年-1615年)頃の造営。流造で、正面には千鳥唐破風を付す。屋根は檜皮葺。この本殿は桃山時代の建築様式を残すことから、大阪府指定有形文化財に指定されている。境内の紅梅殿は住吉大社の回廊を移築したものと伝わる。また、かつて建てられていた帆柱観音堂の礎石が...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
yukiさん
  • 法泉寺 (三戸町)
  • 山は京都花園妙心寺。残念なことに…大規模な工事中のためほぼ見れませんでした(※訪問日:2017年7月中旬)。山門は南部家が三戸に居城当時の旧三戸城搦手門を南部重直から拝領したもの。薬医門の形式で屋根は唐破風、切妻、鉄板葺、扉には八双金具、乳金具が付けられています。軒高4.17m、柱間3.37m。昭和55年に三戸町指定有形文化財に指定。案内板より…『三戸町文化財(建造物)梅嶺山法泉寺山門一棟(旧三戸城搦手...
  • くぐる鳥居は鬼ばかりyukiさんのプロフィール
りせさん
  • 西本願寺 その歴史と両堂
  • す。寺務所の「龍虎殿」、この左を通って唐門の方に行きます。南(左)の築地塀に唐門と大玄関門があります。正面の門の向こうは本願寺中央幼稚園。「唐門」(国宝) 桃山時代の豪華な装飾彫刻を充満した檜皮葺き・唐破風の四脚門で、伏見城の遺構とも伝わります。彫刻の見事さに日の暮れるのを忘れることから「日暮らし門」とも呼ばれています。こちらは「書院」で、「対面所」と「白書院」(特別公開あり)からなります。ほかに、「黒...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
龍さんさん
  • 「だるま料理店 1F天丼」小田原
  • た吉蔵は、店鋪の建設ブリの大漁による潤沢な資金を注ぎ、材料に桧、松、欅などの良材を用いた。主屋は、楼閣風の造りで、二階屋根の正面に破風を二つ連ねて比翼入母屋造りの形に凝らした外観と、一階店鋪入り口の向唐破風造りのポーチに特徴がある。そのファザードは、老舗の雰囲気を伝え、多くの市民に親しまれている。二階の客座敷は、数寄屋風の書院造りが基調で、床・棚・付書院などの座敷飾や、建具・欄間などの造作に様々な趣向を...
  • 沼津あれこれ龍さんさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2430回 諏訪大社・下社秋宮 (すわたいしゃ・しもしゃあきみや)/長野県諏訪郡下諏訪町武居・3
  • らせる刎(はね)高欄。縁葛を支える、先端が繰型の出三つ斗。出隅円柱上部の出三つ斗。妻面は板張りで、古風で大きな板蟇股。瑞垣内に、茅葺屋根の宝殿二棟。宝殿の奥に御神木の一位の木があり、本殿はありません。唐破風屋根の社務所玄関。几帳面が取られた角柱上に、直接枠肘木。鰭と一体になった、大きな猪ノ目の懸魚。簡素で美しい面構成の玄関正面。硝子障子の桟がモダンテイスト。反り上がる、化粧垂木。銅板葺き、切妻造り屋根、...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
紋谷幹男さん
りせさん
  • 伝道院 本願寺のモダン建築
  • います。下は東本願寺の北にある「しんらん交流館」、この日2階のホールで人気の磯田道史氏の講演がありました。南側は白壁となまこ壁の建物が続きます。東本願寺の倉庫だそうです。倉庫の西側に、控所を両脇にもつ唐破風の内事門があります。拝観できない境内の北部が覗けます。途中で新町通を横切ります。ここも仏具を扱う店が多い通りです。さらに西に行くと「本願寺国際センター」があります。西本願寺と海外を結ぶ窓口で、海外の本...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
たまパパさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

唐破風について