唐破風

唐破風についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [唐破風] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

唐破風を含むブログ記事

ともサンタさん
  • 明石寺 四国八十八カ所 43番 しあわせ観音像 愛媛県西予市
  • 明石寺(メイセキジ) は、天台寺門宗。実際の創建年は不明らしいが、古い歴史を感じるお寺だ。 仁王門 本堂屋根が特徴的な唐破風様式で、真っ赤ではなく、薄い赤茶色という感じの色だ。本堂外陣の天井画を見逃さないこと。後で知りました。私は、見逃した。(;^_^A先に言ってほしかった。 夫婦杉 仏足跡 しあわせ観音像は、客殿の裏に...
  • ともサンタの人生遺産ともサンタさんのプロフィール
板原村の館長さん
  • 来週の日曜日は・・・
  • 交換し宮入。その後、町内へ帰町し再び幟に交換し、お披露目曳行で特に駅前中心に曳行されるようです。(駅前3回、かんかん場1回のやりまわし予定)梅雨時なので、お天気だけがよくなるといいですね。。。自慢の軒唐破風、晴れたお天気の元で拝見したいものです。そうそう、筋海町特有の遠鳴りする大太鼓♪その心地よい音色も楽しみですね。。。来週が楽しみで壽(す)ね〜♪※ここに掲載の写真は、すべて過去に撮影したのものです。こ...
  • 板原村のだんじり会館板原村の館長さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2733回 鑁阿寺(ばんなじ)真言宗大日派・本山/栃木県足利市家富町・7
  • 初期の建久7年(1196)建築。安土桃山時代の文禄元年(1592)に再建。さらに、江戸時代中期に現在の建物が造営され、昭和44年(1969)に改修されました。斜めから。本瓦葺き、入母屋造り屋根平入り、唐破風軒流れ向拝。向拝見上げ。充実の装飾木彫群ですが、残念なことにネットで覆われていて、詳細の鑑賞は不可能です。龍の欄間彫刻。入り口両脇の円柱から渡る海老虹梁。牡丹の立体的な浮彫の内法貫虹梁。向拝を横から見...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
刀八毘沙門天の1人で仏々さん
  • さらさ西陣(カフェ)
  • 紹介さらさ西陣(カフェ)2018年06月08日 14時27分38秒 |喫茶,カフェ知恵光院鞍馬口の北東にあるカフェ。築80年の銭湯旧藤の森温泉を改築改造した変わりダネのお店。見た目は古い銭湯そのままで唐破風の屋根は見所の1つ。格天井である高い天井はそのまま使用されていて店内コンゼプトの象徴的存在となっている。ベースは(ほとんどそのまま)だけに段差は各所にあり、足の不自由な方の移動は覚悟が必要である。店内...
  • 刀八毘沙門天の1人で仏々刀八毘沙門天の1人で仏々さんのプロフィール
geezenstacさん
  • 第27回稲沢あじさいまつり 1
  • です。巨大なガクアジサイ藍染明王堂室町時代の弘安8年(1283年)の建立となる多宝塔----重要文化財こちらも重要文化財の本堂。慶安元年(1648年)の建立。入母屋造杮葺きの方三間で、正面向拝の屋根は唐破風造となっています。この本堂内にある宝塔も重要文化財で、こちらは弘安4年(1281年)頃の建立と推定されています。本堂脇にある古裡まつりの期間中は宝物も公開されています。寛政六年の性海寺の境内図 趣のあ...
  • geezenstacの森geezenstacさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2731回 鑁阿寺(ばんなじ)真言宗大日派・本山/栃木県足利市家富町・5
  • 肉合彫。欄間部分には二個の平三つ斗。本坊への通用門。斜めから。背の高い箱棟、銅板葺き切妻造り屋根平入の、唐門形式。円柱四脚。それぞれの粽付き円柱上に出三つ斗がのり、直交する妻梁、軒桁を支えます。大きな唐破風屋根の本坊玄関。波頭上の鳳凰の懸魚彫刻。宝庫。斜めから。寄棟造り屋根、行基葺。桁行3間、梁間2間の単層、校倉造。宝暦2年(1752)の再建です。元々は鑁阿寺の宝物を収容した収蔵庫でしたが、現在は大黒天...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2730回 鑁阿寺(ばんなじ)真言宗大日派・本山/栃木県足利市家富町・4
  • の一つであった禅宗様をいち早く取り入れた事例です。密教寺院における、禅宗様仏堂の初期の例として貴重な文化財です。それでは見てゆきます。※当然、屋根は近年の葺き替えです。本瓦葺き、入母屋造り屋根平入り、唐破風軒流れ向拝。斜めから。正面は三間向拝。丸い鰭が雲模様の鬼瓦。雲模様の袖瓦、頂部に龍頭。向拝正面。国宝ということで意気込んで鑑賞しようとすれば、肝心なところがことごとくネットで覆われていて、痛々しい醜態...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
凡苦楽庵さん
  • 大正時代の看板建築-横山酒造店
  • 建築-横山酒造店下部温泉散策(1) 大市館(裕基屋)小さな製材所の事務所下部温泉散策(4) やまめ床下部温泉散策(3) 木造4階建て?下部温泉散策(2)横顔はすっぴん身延山のお宿身延山の看板建築見事な唐破風の身延山宿坊懐かしの歯科医院記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 日本最古の公民館-種徳館プロフィール読者登録中読者になる読者になるtwitterfaceboo...
  • やまなし・まちかど図鑑凡苦楽庵さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2728回 鑁阿寺(ばんなじ)真言宗大日派・本山/栃木県足利市家富町・2
  • 。初層、上層とも桁行三間、梁間二間の三間楼門。初層の手前一間分が吹き放ちになっています。正面。金剛柵の奥に仁王像。柱は粽付き円柱で、飛長押が全周に回っています。正面見上げ。※写真上端の円弧は、太鼓橋の唐破風屋根。出隅上部。二面に禅宗様頭貫木鼻、台輪木鼻。腰組は三手先斗栱の詰組。通り間を通して境内を見ます。東門。正面側。簡易なお堀に掛かる橋。斜めから。本瓦葺き、切妻造り屋根平入り。成り立ち的...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2727回 鑁阿寺(ばんなじ)真言宗大日派・本山/栃木県足利市家富町・1
  • たくさんのお寺を見てきましたが、初めての経験です。境内の東西南北の4面に、1基づつ山門が設けられています。正面が、この南面に向いた楼門形式の仁王門。正面のここにだけ、屋根付きの太鼓橋が架かっています。唐破風屋根妻入りの屋根付き太鼓橋と、楼門形式の山門。異様な威容。太鼓橋は栃木県指定の文化財です。正面から。太鼓橋正面。鳳凰の懸魚彫刻。妻壁には大きな板蟇股。向拝柱のような意匠。頭貫虹梁がかかり、側面に、見返...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

唐破風について