ネーデルラント

ネーデルラントについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ネーデルラント] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ネーデルラントを含むブログ記事

mp1922さん
  • アレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮のシベリウス:交響曲 第1番 ホ短調 作品39
  • 半ほど前だから、まだまだ時間があると思っていたら、もう2ヶ月程度。メッツマッハー指揮のDVDに、ケント・ナガノ指揮や、小澤征爾指揮のCDがあるのだが・・・・・・・メシアン:アッシジの聖フランチェスコ(ネーデルラント・オペラ2008)[DVD] [DVD]アッシジの聖フランチェスコ*オペラ [CD]ダム(ヨセ・ファン)NECアベニュー1988-06-21メシアン/歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」全曲 [CD]ケ...
  • 失われたアウラを求めてmp1922さんのプロフィール
tanazashiさん
  • 大阪府近郊で開催される2017年秋の展覧会
  • スマートフォン用の表示で見るチャンスはピンチだ。響くアートの愛好家2017-09-15大阪府近郊で開催される2017年秋の展覧会ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ―ボスを超えて―(国立国際美術館)奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝(あべのハルカス美術館)近世やまと絵の開花 ―和のエレガンス―(大阪市立美術館)北斎の富士―冨嶽三十六景と東海道―(和泉市久保...
  • チャンスはピンチだtanazashiさんのプロフィール
扉園(ひその)さん
  • ピーテル・パウル・ルーベンスの絵画15点。バロックを代表するフランドル界の巨匠
  • の作品を学びました。その三年後には外交官としてスペイン王フェリペ3世の元へ赴き、絵画の制作依頼を受けながら各地を転々としました。しかし、ルーベンスが31歳の時に母親が亡くなり、アントウェルペンへ帰郷。ネーデルラント君主の妃イサベルの宮廷画家となった彼は故郷に工房を持ち、幾多の依頼を受けました。 弟子を入れたルーベンスの工房は組織化し、中には美術館や図書館がありました。ルーベンスが構図や下絵、仕上げを施し、弟子が...
  • メメント・モリ -西洋美術の謎と闇-扉園(ひその)さんのプロフィール
Goemonさん
  • NY金 vs ビットコイン
  • onが、「ビットコインはチューリップバブルよりもひどい」とコメントしたことで、ビットコインが急落している。ちなみに、チューリップバブルというのは、以下の通り。チューリップ・バブルは、オランダ黄金時代のネーデルラント連邦共和国において、当時オスマン帝国からもたらされたばかりであったチューリップ球根の価格が異常に高騰し、突然に下降した期間を指す。 (ウィキペディア)つまり、ビットコインをかなりこき下ろしたということ...
  • 金・原油先物ブログ|ゴエモンの流儀Goemonさんのプロフィール
gruttokansaiさん
  • 平成29年9月12日更新
  • 1:国立国際美術館 オランダを代表する美術館のひとつ、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館からビーデル・ブリューゲル1世の≪バベルの塔≫が24年ぶりに来日する展覧会が実現しました。副題に「16世紀ネーデルラントの至宝ーボスを超えて」とある通り、ブリューゲルのみならず、彼が手本とした先駆者ヒエロニムス・ボスの油彩2点、そして彼らが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻を全体で約90点の出品作でご...
  • ぐるっとパス・関西ファンサイトgruttokansaiさんのプロフィール
ぶらっとJAPANさん
  • ブリューゲル「バベルの塔」展
  • ル「バベルの塔」展2017-09-11 21:32:05 |アート東京タワーより高くスカイツリーより低い久しぶりに美術館に行ってきました国際美術館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展です。16世紀のネーデルラント(オランダ・ベルギー)絵画を中心に、目玉はもちろん『バベルの塔』です。イタリアがテンペラやフレスコ画の時代にネーデルラントでは油絵が盛んで、その特徴は鮮やかな色彩に細密描写、そしてサイズの小ささ。これ...
  • ぶらっとJAPANぶらっとJAPANさんのプロフィール
smurfさん
  • バベルの塔展 国立国際美術館 大阪 混雑 アクセス
  • クチャ混んでいるので、できれば平日に行ったほうが良いと思います(^_^;)僕も、できればもう1回平日に行き直そうと思います・ω・ではぁ〜−−−ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて国立国際美術館 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55 http://www.nmao.go.jp/公式HPhttp://babel2017.jp関連記事:クレ...
  • 1/f ゆらぎsmurfさんのプロフィール
パパぱふぅさん
  • 西暦1573年 - 三方ヶ原の戦い
  • 15821590天正遣欧少年使節1572ティコの新星15461601ティコ・ブラーエ15711630ケプラー1582グレゴリオ暦の導入1571レパントの海戦15471616セルバンテス15681609ネーデルラント独立戦争15271598フェリペ2世15621598ユグノー戦争15531610アンリ4世15191589カトリーヌ・ド・メディシス15031566ノストラダムス1588アルマダ戦争15331603エ...
  • ぱふぅ家のホームページパパぱふぅさんのプロフィール
防衛省OB太田述正さん
  • 二つのドイツ(その7)
  • %BC%E5%AE%B6に象徴されるように、ドイツの中で最も豊かで先進的な地域であり、同地域の農民達の、知的、経済的、政治的な覚醒度が高かったから、というものだ。 (神聖ローマ帝国内では、フランドル/ネーデルラント地方も、当時、既に豊かで先進的だったhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%96%B9%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%...
  • 防衛省OB太田述正の日本はアメリカの属国だ防衛省OB太田述正さんのプロフィール
pelleasさん
  • 旅行先で購入したムーミンの絵の額装
  • てみたいオペラかもしれませんが、好きすぎて舞台で見るのがちょっと怖いかも。期待しちゃいますものね・・・。リムスキー=コルサコフ「見えざる町キーテジと聖女フェヴローニャの物語」マルク・アルブレヒト 指揮ネーデルラント・フィルユーリ公:ウラディーミル・ヴァネーエフ王子フセヴォロド:マクシム・アクセノフフェヴローニャ:スヴェトラーナ・イグナトヴィチグリーシカ・クテリマ:ジョン・ダスザックフョードル・ポヤーロク:アレク...
  • サーシャのひとり言pelleasさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ネーデルラントについて