フィブリン

フィブリンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [フィブリン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

フィブリンを含むブログ記事

カズさんさん
  • プラスミンとフィブリン、FDPとDダイマーの関係
  • 歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ から111回国試で出そうなところ〜その4 から抜粋プラスミンとフィブリン、FDPとDダイマーの関係について説明しなさい。フィブリンやフブリノゲンは線溶系のプラスミンにより分解されフィブリン分解産物fibrin/fibrinogen degradation products...
  • 医療関係資格試験マニアカズさんさんのプロフィール
未開人さん
  • センター直前対策 生物編
  • ・タンパク質 アルブミン…血しょう中に含まれる。         アミラーゼ…唾液中に含まれる。・血液凝固 フィブリン…血小板から放出される凝固因子と血しょうから放出される凝固因子の働きでできる。        血ぺい…フィブリンに血球が絡む。        血清…血しょうのうち凝固しない部分。・血球 赤血球…核なし...
  • 未開人の受験記未開人さんのプロフィール
とりっくさん
  • ブロメライン・抗炎症成分の覚え方
  • ルギー用薬(鼻炎用内服薬)覚えておきたいこと鼻粘膜や喉の炎症による腫れを和らげるタンパク質分解酵素で、体内で産生される炎症物質(起炎性ポリペプチド)を分解する炎症を生じた組織では、毛細血管やリンパ管にフィブリン類似の物質が沈着して炎症浸出物が貯留しやすくなるが、それら沈着物質を分解して 浸出物の排出を促し、炎症による腫れを和らげる。血液凝固に関係するフィブリノゲンやフィブリンを分解する作用あり→血液凝固異常...
  • 絵で覚える登録販売者とりっくさんのプロフィール
とりっくさん
  • セミアルカリプロティナーゼ・抗炎症作用の覚え方
  • に配合される薬の分類かぜ薬覚えておきたいこと鼻粘膜や喉の炎症による腫れを和らげるタンパク質分解酵素で、体内で産生される炎症物質(起炎性ポリペプチド)を分解する炎症を生じた組織では、毛細血管やリンパ管にフィブリン類似の物質が沈着して炎症浸出物が貯留しやすくなるが、それら沈着物質を分解して 浸出物の排出を促し、炎症による腫れを和らげる。痰粘液の粘り気を弱めて痰を切れやすくする働きもある→去痰作用血液凝固に関係す...
  • 絵で覚える登録販売者とりっくさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

フィブリンについて