ラテンアメリカ文学

ラテンアメリカ文学についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ラテンアメリカ文学] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ラテンアメリカ文学を含むブログ記事

クプクプさん
  • フランケンシュタインの恋ときのこ
  • 大の幻獣好きです。ボルヘスの幻獣辞典を学生の頃、買ったくらいですからね。今のようにファンタジーノベルや映画が大ヒットする時代ではなかったから、小難しそうなラテンアメリカ文学作家のものを買うしかなかった?のだが、こんな偶然からも新たな興味が広がるのだ。実際、怖いものは大嫌いだけど、知れば見ないではいられないのが人間の本質。誘惑されなくてもリンゴだって、きのこ(マタンゴ)だ...
  • るらら科学の子クプクプさんのプロフィール
popon-N0.7さん
  • 『愉楽』の感想文
  • 半は、後半に進むための長い長い段取りだったんですね。前半を丁寧に読むことによって、後半の息をも吐かせぬ大団円に私自身は滑り込むことができたと思います。内容の話は後にして、周辺事情から書きますと、彼は、ラテンアメリカ文学のガルシア=マルケスによく例えられます。つまり、マジック・リアリズム。私見では、マジック・リアリズムとは、過去と現在そして近未来が混然と一体化しているところに生じるものと思います。マルケスやリョサを生...
  • 迷走ライフpopon-N0.7さんのプロフィール
前山さん
  • 『考える生き方』finalvent
  • ( 74 )犯罪被害 ( 5 )生きざま ( 8 )笑える本 ( 8 )文学 ( 33 )フランス文学 ( 13 )ロシア文学 ( 2 )ドイツ文学 ( 3 )仏 ( 2 )イタリア文学 ( 7 )ラテンアメリカ文学 ( 9 )イギリス文学 ( 8 )アメリカ文学 ( 8 )推理小説 ( 11 )SF ( 14 )子供向けの本 ( 11 )将棋 ( 3 )漫画 ( 20 )映像 ( 1 )音楽 ( 23 )放射線...
  • 円環の記憶前山さんのプロフィール
wadamyさん
  • HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書備忘録
  • 順】 (27) ●コミック (24) コミック 【発表・刊行順】(1人3作以上含む) (59)  ●海外文学・随筆など (38) 海外文学・随筆など 【発表・刊行順】(1人3作以上含む) (53) ●ラテンアメリカ文学 (4) ラテンアメリカ文学 【発表・刊行順】(1人3作以上含む) (13) ●海外サスペンス・読み物 (42) 海外サスペンス・読み物 【発表・刊行順】(1人3作以上含む) (126) ●海外児童文...
  • HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書備忘録wadamyさんのプロフィール
内田重太郎さん
  • エイモス・チュツオーラ『やし酒飲み』(1952)
  • り、おまけに父は町一番の大金持ちでした。(419)河出書房新社版で読んだ。引用もそこから。アフリカ土着の伝統文学をこの世に蘇らせたような小説でなかなかインパクトがあった。ガルシア=マルケスに代表されるラテンアメリカ文学を魔術的リアリズムとするなら、さしずめ本作は呪術的リアリズムといったところだろうか。わたしは「この世のことはなんでもできる神々の<父>」を自称していて、実際ジュジュを使って鳥に変身したり、死神と超能力...
  • 海外文学読書録内田重太郎さんのプロフィール

ラテンアメリカ文学を含むトラコミュ

南米文学
  • 南米文学
  • 魔術的な土壌が生み出すラテンアメリカ文学をトラックバックしよう!
  • トラックバック数:11 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:本ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

ラテンアメリカ文学について