降圧薬

降圧薬についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [降圧薬] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

降圧薬を含むブログ記事

Evelynさん
  • 薬とリスク 
  • 性、細胞毒性など。 副作用を強めてしまう組み合わせを一部挙げてみます。 ・お茶Vs薬  緑茶、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラなど。カフェインを含む。・糖尿病Vsアルコール、他の医薬品、アルコール・降圧薬一部のカルシウム拮抗薬Vsグレープフルーツ&ジュース・抗結核薬Vsマグロ、チーズ、ワイン、バナナ・睡眠薬Vsアルコール・総合感冒薬Vsコーラ・コーヒー、紅茶などのカフェインを含むもの・漢方薬の葛根湯V...
  • Evelynの安全生活習慣と安全なお店情報Evelynさんのプロフィール
ナックルさん
  • 平成30年 第21回ケアマネ試験(介護支援専門員) 直前対策 保健医療分野
  • 昇」する↓ ↓ {排泄}腎機能の低下により、 薬物が体内に蓄積され、 作用が「増強」することがある。出題時、 入れ替えられそうなところは「」いれてます。〜〜〜薬の副作用〜〜〜主なものを上げておきます。降圧薬の副作用 「血圧低下」 「起立性低血圧」 「めまい」 「ふらつき」利尿薬の副作用 「口渇」 「脱水症状」消炎鎮痛薬の副作用 「食欲不振」 「吐き気」 「腎障害」抗パーキンソン病薬の副作用 「口渇」 「...
  • 元介護福祉士ナックルの情報ブログナックルさんのプロフィール
pari88さん
  • 何を食べてもまずい…こってり好きは用心「味覚障害」の恐怖
  • 不足すると、味細胞の新陳代謝が悪くなり、味の情報を脳へ伝える機能が低下。結果、味覚障害が起こるのです」  亜鉛不足の原因には、(1)亜鉛の尿中への排泄(はいせつ)を促進させ、血中の亜鉛欠乏を起こす薬(降圧薬、抗菌薬、消炎鎮痛薬、抗不安薬、抗うつ薬など)を服用している(2)偏食で亜鉛を十分に取れていない(3)血中の亜鉛欠乏を引き起こす添加物が入った加工食品をよく食べる――といった理由が挙げられる。 「治療...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
あーやんさん
  • 健康管理士をご存知ですか?
  • が、いやいや、そもそも薬飲む時点で普通の状態じゃないから!ということに気がついてほしい。いいですか?本当の健康は、薬にも頼らないで、いい状態をキープ出来ていることを言うのですよ例えば、血圧が高いから、降圧薬を飲む、というのは、根本解決ではないことに気がついて欲しいわけですよ。なんで血圧が高いのかって、そうなる生活習慣の結果でしょう?食事やストレス、生活習慣など、もたらされる背景はさまざまですけど「一生降...
  • 作業療法士のローフード生活あーやんさんのプロフィール
くにひこさん
  • 実は.... 十月八日
  • 九時ごろには寝ている 朝食にふんわり食パン八枚切りトーストピーナッツクリーム二枚それとアイスコーヒー 服薬&サプリメント サプリメントはブルーベリーアイとすっぽん小町 服薬は内科消化薬、糖尿薬、血圧の降圧薬、それと向精神薬 今日はお天気も悪く、どんより曇っている 夕方から少し雲の間から晴れ間ものぞいているが...... それで服薬サプリメントをして二度寝zzz 気圧が低いからかよく眠れる ハハ(笑) そ...
  • 日の出ライフくにひこさんのプロフィール
カズさんさん
  • HELLP症候群関連の5題
  • で胎児先進部は児頭である。超音波検査で胎児推定体重は第1子2,360 g、第2子2,300 gでいずれも頭位である。次に行うのはどれか。2つ選べ。 a 胎児心拍数陣痛計の装着 b 血液生化学検査 c 降圧薬の投与 d 子宮収縮抑制薬の投与 e 輸血 4)102A2340歳の初妊婦。双胎妊娠のため妊娠10週3日に紹介受診となった。外来初診時の超音波検査では、胎児頭殿長〈CRL〉は30mmと29mm(10週...
  • 医療関係資格試験マニアカズさんさんのプロフィール
local neurosurgeonさん
  • 【症例報告】認知症の進行よりも妄想対策を優先させ、結果落ち着いている事例。
  • 時期の混乱は落ち着いてきた。娘さんの夫が分からなくなったりはある。トイレの場所は大丈夫。サービスは利用予定。頭痛動悸はなく、プレタールは100mgに増量し維持する。脳梗塞急性期の時期は過ぎているので、降圧薬開始。アジルバ20mgを選択。1ヶ月後赤血球数: 290×10^4/μl血色素量(HB): 9.9g/dlヘマトクリット: 29.8%MCV: 102.8flMCH: 34.1pgAST(...
  • 鹿児島認知症ブログlocal neurosurgeonさんのプロフィール
十三仏の釣太郎さん
  • 【高血圧と逆流性食道炎】
  • 康・病気 血圧がとうとう177/113mmHgを表示した。ストレスが影響しているのだろうと思っていたけど、さすがに170を超えると自分でも心配になった。9月25日に初診、その後10月6日に再度受診し、降圧薬テラム配合錠AP「DSEP」の処方を受けた。 併せて、逆流性食道炎の症状もあるのでネキシウムカプセル20?をもらった。パレット食道の状態から癌が発生することがあると脅された。胃食道逆流を悪化させる食物...
  • 十三仏の釣太郎十三仏の釣太郎さんのプロフィール
local neurosurgeonさん
  • 初期集中支援チームの活躍。
  • は困っていない状況。まずは薬の整理から。効果のなさそうなバップフォー、モサプリドとガスコンは中止。処方根拠が不明なアトルバスタチンも中止。妄想があるのでドネペジルは3mgに減量。過降圧が疑われるので、降圧薬も減量。両側下腿浮腫はカムシア配合錠に含まれるアムロジピンの影響を考える。過降圧の影響もあろうが、ふらつきは芍薬甘草湯による低Kの影響は?足がつることはないとのことで中止。月に一回のアレンドロンは中止...
  • 鹿児島認知症ブログlocal neurosurgeonさんのプロフィール
トンサンさん
  • 「食後低血圧」?
  • 、自律神経機能が低下しやすい高齢者に多くみられます。しかし、高血圧の方や糖尿病にともなう神経障害、パーキンソン病などの病気のある方にも起こりやすいので注意が必要です。また、高血圧の治療のために、食前に降圧薬を飲んでいる方にも食後低血圧が起こりやすい傾向がみられます。思い当たる場合には、早めに医師に相談してください。トンサンは降圧剤を飲んでいる。食前・食後ともに、安静状態で血圧を測定しますが、食後は血圧が...
  • トンサンの別荘トンサンさんのプロフィール

降圧薬を含むブログ村メンバー

  •  
ムサシさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

降圧薬について