後白河

後白河についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [後白河] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

後白河を含むブログ記事

kurouさん
  • 源範頼と源義経に負けた木曽義仲
  • 挙兵。1183年(寿永2年)3月には、頼朝と対立するが嫡子義高を人質として鎌倉へ差し出して和睦。その年の5月には、倶利伽羅峠の夜戦で平家軍を潰滅させ、7月には平家一門を都落ちさせて入京します。しかし、後白河法皇と対立し、法皇は鎌倉の頼朝を頼ります。翌1184年(寿永3年)、頼朝は、義仲追討のため源範頼と源義経を派遣し、正月20日、範頼が瀬田から義経が宇治から京の義仲を攻めます。瀬田の唐橋(大津市)宇治川...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
りせさん
  • 寂光院 2018紅葉
  • くして亡くなった鶴松を弔い、秀頼の身を案じて寂光院の復興に尽力し、徳川家康も協力したといわれています。第3代住持となったのは建礼門院徳子(平清盛息女、高倉天皇中宮)です。夫・高倉天皇は8歳で即位、父の後白河法皇の院政の下で、1181年に病で亡くなりました。建礼門院は文治元年(1185)年に入寺し真如覚比丘尼と称しました。(山門を内側から)本堂前西側の庭園は『平家物語』にも描かれ、心字池を中心に千年の姫小...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
ぽっぷでらいとさん
  • 11月20日「過去の出来事」
  • 11月20日「過去の出来事」208年赤壁の戦い。孫権・劉備の連合軍と曹操軍が揚子江の赤壁で戦い孫権・劉備軍が勝利。1179年平清盛が軍事行動に出て、平氏と対立した後白河法皇を幽閉し院政を停止させる。大河ドラマ 平清盛 完全版 DVD-BOX1&2 全2巻セット1211年土佐に流されていた僧・法然が帰洛を許され、京都・東山の大谷に戻る。1880年東京・三田育種場で競馬...
  • ぽっぷでらいとな日記ぽっぷでらいとさんのプロフィール
犬飼ハルノさん
  • 京都ぼっち修行報告、1日目。
  • 換え。 ちいさな車両で可愛らしいです。 そしてたどり着いた仁和寺。 徒然草の『仁和寺にある法師』でなじみ深いところですね。 ついでに言うなら、平家物語で私のイチオシの平経正が稚児時代を送ったところ。 後白河法皇も幼少の一時期ここに放り込まれておりました。 そんなこんなところが私の萌えスイッチ満載のお寺です。  ここで御朱印をいくつかいただきました。 御朱印帳も購入しています。 ネットで調べた時にかなりの...
  • ばらのなかのばら・はなのなかのはな。犬飼ハルノさんのプロフィール
kumi1946mさん
  • 平泉へ親娘旅 2
  • の挙兵を聞きそのもとに参加。1184年源(木曾)義仲を討ち,一ノ谷の戦で平敦盛(あつもり)・忠度(ただのり)らを殺した。1185年総帥(そうすい)として屋島の戦から壇ノ浦の戦で平氏を滅亡させた。しかし後白河上皇の信任を得ていたことなどから頼朝にきらわれ鎌倉に入ることを許されなかった。再び秀衡を頼ったが,秀衡の没後頼朝に屈した子の泰衡のため衣川(ころもがわ)で殺された。31歳で戦死した義経の一生に同情して...
  • kumiの「だんだん」ブログkumi1946mさんのプロフィール
兵庫観光コンシェルジュさん
  • 「書寫山圓教寺」(姫路市)
  • られており、内陣には釈迦三尊像(中央が釈迦如来、右が文殊、左が普賢菩薩)が安置されている。出典:書寫山圓教寺HP食堂本来は、修行僧の寝食のための建物。承安四年(1174)の創建。本尊は、僧形文殊菩薩で後白河法皇の勅願で創建。二階建築も珍しく長さ約40メートル(別名長堂)においても他に類を見ないものである。未完成のまま、数百年放置されたものを昭和38年の解体修理で完成の形にされた。現在1階に写経道場、2階...
  • 兵庫のことを知り隊〜兵庫観光コンシェルジュさんのプロフィール
miyakenさん
  • 源為朝と舜天
  • 次々と制圧し、九州を平定したことから鎮西といわれ、八郎とは為義の八番目の子だったことからその名称が鎮西八郎為朝とも伝えられていた。 その後、為朝は保元の乱で父親の為義と共に崇徳上皇側について戦ったが、後白河天皇側に破れ、崇徳上皇は島流しされ、父の為義は処刑された。 為朝もその後、追悼軍に捕まり、弓が引けないように左腕を切られ、伊豆大島に島流しにされた。本来なら為朝も処刑されるところであったが、「九州平定...
  • 首里城の起源を探るmiyakenさんのプロフィール
ミヤケンさん
  • 源為朝と舜天
  • 次々と制圧し、九州を平定したことから鎮西といわれ、八郎とは為義の八番目の子だったことからその名称が鎮西八郎為朝とも伝えられていた。 その後、為朝は保元の乱で父親の為義と共に崇徳上皇側について戦ったが、後白河天皇側に破れ、崇徳上皇は島流しされ、父の為義は処刑された。 為朝もその後、追悼軍に捕まり、弓が引けないように左腕を切られ、伊豆大島に島流しにされた。本来なら為朝も処刑されるところであったが、「九州平定...
  • 琉球国を統一した尚巴志 興亡物語ミヤケンさんのプロフィール
ぽっぷでらいとさん
  • 11月18日「過去の出来事」
  • 11月18日「過去の出来事」1183年平氏追討に失敗し京に帰った源義仲(木曾義仲)が、後白河法皇の御所・法住寺殿を急襲し法皇を幽閉。1307年ウィリアム・テルが、代官の命令により自分の息子の頭上の林檎を射抜く。1797年西洋天文学に基づく新暦「寛政暦」を採用。翌年から実施。1901年官営八幡...
  • ぽっぷでらいとな日記ぽっぷでらいとさんのプロフィール
okadoさん
  • 源氏VS源氏に負けた木曽義仲
  • 挙兵。1183年(寿永2年)3月には、頼朝と対立するが嫡子義高を人質として鎌倉へ差し出して和睦。その年の5月には、倶利伽羅峠の夜戦で平家軍を潰滅させ、7月には平家一門を都落ちさせて入京します。しかし、後白河法皇と対立し、法皇は鎌倉の頼朝を頼ります。翌1184年(寿永3年)、頼朝は、義仲追討のため源範頼と源義経を派遣し、正月20日、範頼が瀬田から義経が宇治から京の義仲を攻めます。瀬田の唐橋(大津市)宇治川...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール

後白河を含むトラコミュ

皇室・皇族
  • 皇室・皇族
  • 皇室・皇族にゆかりのある話題・ニュース明仁天皇・美智子皇后徳仁皇太子・雅子妃・愛子様秋篠宮文仁親王・紀子妃・悠仁様・眞子様・佳子様黒田慶樹さん・清子さん常陸宮家...
  • トラックバック数:486 TB参加メンバー数:138人カテゴリー:ニュースブログ
平清盛
  • 平清盛
  • 平安時代末期,平氏の全盛期をきずいた武将。保元の乱・平治の乱で源氏をおさえて中央政界に進出し、1167年に太政大臣となり、むすめの徳子を高倉天皇の后(きさき)と...
  • トラックバック数:423 TB参加メンバー数:36人カテゴリー:歴史ブログ
梶原景時
  • 梶原景時
  • 梶原景時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。鎌倉幕府初期の有力御家人。梶原氏4代目当主。家系は桓武平氏の流れを組む鎌倉氏の一族あり、大庭氏の族弟にあ...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

後白河を含むブログ村メンバー

  •  
後白河姫子さん
  • 愛読む月日後白河姫子さんのプロフィール
  • 農業に憧れるトルストイアン。花と動物が大好き。山羊と超大型犬を飼いたく、より田舎への移住も検討中。

にほんブログ村

>

キーワード

>

後白河について