後白河

後白河についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [後白河] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

後白河を含むブログ記事

イサオさん
  • 第10回 かってに、HKX紅白歌合戦
  •  「紅白」と云えば、最近『平家物語』を読み直しています。後白河法皇は朝廷政治の衰退を目の当たりにして、平家政権に抵抗、源氏を支援、源氏の勢いが強まるとその内部分裂を計り、台頭する武家の切り崩しを画策、彼は朝廷政治の延命にもがき苦しみますが、武士の台頭には抗しきれ...
  • ISAO's Scrapbookイサオさんのプロフィール
田舎者さん
  • ここの〇〇はサンタより早かった! 愛媛の法皇湖
  •   前々回のつづき もう一つの湖です。 今回は法皇湖。 その名前は法皇山脈に因み、山脈の名は後白河法皇の三十三間堂の建立に、この地の木材が多く使われていた為だとか。 平家落人の伝説もあって、歴史に興が深い人にはビビン!と来そうですね。 …ま、かくいう私もそのクチなのですが(笑)続きを読む...
  • 田舎で娯楽田舎者さんのプロフィール
zaucatsさん
  • 京都観光「熊野若王子神社・秋」
  • 秋」2018年11月20日 撮影Kumano Nyakuoji Shrine, Kyoto JAPAN - November 20, 2018熊野若王子神社(くまのにゃくおうじじんじゃ)。1160年、後白河法皇が、禅林寺の守護神として熊野権現を勧請したのが始まり。その後、神仏分離により神社が独立した、京都三熊野神社の一つ。哲学の道の南端に位置する。「若王子」とは熊野の新宮の意味を持った言葉である。 ・京...
  • 京都日めくり・絶景ウェブログzaucatsさんのプロフィール
深沢 襄さん
  • 京都 神泉苑・御金神社・二条城 御朱印めぐり
  • 天長二年(824)には、淳和天皇の勅命により、弘法大師空海が神泉苑の池畔にて雨ごいされ、祈雨の神様である善女龍王を勧請(呼び寄せられ)されたそうで、今も善女龍王社(写真下)に祀られています。 後白河法皇の時代には、法皇の命で静御前が白拍子で祈雨の舞をおさめ、また源義経との出会いの場としても知られています。 今回いただいた御朱印は、六つです。まずは、「善女龍王殿」の御朱印です。 二つ目は、...
  • 楽しい御朱印めぐり深沢 襄さんのプロフィール
つかさん
  • 12月28日(金)のつぶやき
  • 郡には多く現存しているので、今後も遺構調査を続けたいと思います。 ― 大塚進也@三十一人会編集&広報 (@tukaohtsu)2018年12月28日 - 23:33今回『軍事史学』で発表出来たので、今後白河や信達二郡で発見した陣地跡の画像を、ホームページ上でも紹介していきたいと考えています。 また、白河の和田山陣地跡のイラストは彼女に書いてもらいました。画像だけではなく、この様な鳥瞰図があるとよりイメー...
  • 歴声庵つかさんのプロフィール
rh1さん
  • #2275 老いぬとも又も逢はむと行く年に ・・・他一首
  • 51 雑歌中どんなに辛いことがあってもこの世の中から逃れることはできないのだ。そう思って足を踏み入れた山の奥でも悲しげに鹿が鳴いているよ。Photo:藤原俊成像(愛知県蒲郡市) 1172(承安2)年に後白河皇后、藤原忻子《ふじわらのきんし》に仕えて以降の歌なので、「小倉百人一首」の83番には「皇太后宮大夫俊成」として採られています。俊成が後白河法皇から勅撰和歌集としては7番目の『千載和歌集』の選進を命じ...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール
kurouさん
  • 武家の古都・鎌倉と奈良・東大寺
  • 東大寺1180年(治承4年)12月28日、東大寺は平重衡の南都焼討によって主要伽藍のほとんどが焼け落ちました。翌年から後白河法皇の支援のもとで始められた再興事業に奔走したのは俊乗坊重源。源頼朝も大仏の鍍金料の寄進や、大仏殿の材木伐り出しに苦心する重源の助勢を行っています。1192年(建久3年)に後白河法皇が崩御すると、源頼...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
joshさん
  • 歴史が鎌倉幕府に向かっていった…ということ
  • より、木曽義仲は北陸道・上野・信濃を実効支配する反乱軍から、以仁王の遺児を奉ずる皇位継承戦争の有力者に立場を変えることになった。安徳天皇を奉ずる平氏、北陸宮を戴くことで以仁王挙兵の大義を継承する義仲、後白河院と結ぶ頼朝、この内乱の帰趨を定める三者の政治的な立場が明確になったのである。今までちいとも触れませんでしたが、やおら頼朝の名前が登場しますね。それも後白河院の名とともに。日本史をよく知らず印象だけで...
  • 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえjoshさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
  • 「京都16社巡り」京都熊野神社・京都市北区小松原北町135.祭神、伊弉諾尊
  • 祖師役小角の十世僧日圓が、国家護持の為に紀州熊野大神を勧請したのに始まると言う。寛治4年(1090)白河上皇の勅願によって創建された聖護院は、当社を守護神として崇められ別当職を置いて管理した。平安末期後白河法皇は熊野に度々熊野詣を行われたが、当社にも厚く尊信を寄せられた。応仁の乱により社殿は焼失したが、寛文6年(1666)聖護院宮道寛法親王は、令旨を下し再建された。その神域は鴨川に至る広大なものであった...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール
ゆだぽんさん
  • 西行法師の恋
  • なり成仏していない崇徳院をいさめ、現世への未練を断つように話をしますが、崇徳院に仏教の悟りの話は全く通じず、あまりの魔道の浅ましさにがっかりします。西行が最後に崇徳院に贈った歌で成仏したかと思いきや、後白河院の皇子である後鳥羽天皇も、崇徳院同様に隠岐に流され、怨霊として恐れられることになるのです。なんにせよ、待賢門院璋子の子である崇徳院に対して、その崩御後まで西行が同情的で気にかけていたことからも、西行...
  • ゆだぽんの虹色オーラブログゆだぽんさんのプロフィール

後白河を含むトラコミュ

皇室・皇族
  • 皇室・皇族
  • 皇室・皇族にゆかりのある話題・ニュース明仁天皇・美智子皇后徳仁皇太子・雅子妃・愛子様秋篠宮文仁親王・紀子妃・悠仁様・眞子様・佳子様黒田慶樹さん・清子さん常陸宮家...
  • トラックバック数:486 TB参加メンバー数:138人カテゴリー:ニュースブログ
平清盛
  • 平清盛
  • 平安時代末期,平氏の全盛期をきずいた武将。保元の乱・平治の乱で源氏をおさえて中央政界に進出し、1167年に太政大臣となり、むすめの徳子を高倉天皇の后(きさき)と...
  • トラックバック数:423 TB参加メンバー数:36人カテゴリー:歴史ブログ
梶原景時
  • 梶原景時
  • 梶原景時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。鎌倉幕府初期の有力御家人。梶原氏4代目当主。家系は桓武平氏の流れを組む鎌倉氏の一族あり、大庭氏の族弟にあ...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

後白河を含むブログ村メンバー

  •  
後白河姫子さん
  • 愛読む月日後白河姫子さんのプロフィール
  • 農業に憧れるトルストイアン。花と動物が大好き。山羊と超大型犬を飼いたく、より田舎への移住も検討中。

にほんブログ村

>

キーワード

>

後白河について